敏感肌のニキビを治すためにやるべきこと《おすすめしたいスキンケア》

ニキビができるメカニズムは、古くなった角質や余分な皮脂が毛穴に詰まってしまい、皮膚の常在菌となるアクネ菌が毛穴の中で爆発的に増えてしまうことが原因です。

健康な肌では悪さをすることのないアクネ菌が、毛穴に詰まった皮脂をエネルギーとして増殖することで、毛穴が炎症を起こし、腫れてしまうとニキビという肌トラブルが起こるのです。

そんなニキビをケアするコスメは、一般的に「古くなって肌表面に滞りがちな角質を除去するピーリングタイプ」や、「アクネ菌自体をを殺菌したり除菌するタイプ」が多く紹介されています。

しかし、こうした角質の除去やアクネ菌の殺菌はというケア方法は、その場しのぎのニキビ対策といえるでしょう。

肌質や悪化している肌環境、毛穴の状態は変わらないため、ニキビができてしまう根本的な要因を改善していかなければ再びニキビができてしまうことになります。

また、特にもともと敏感肌の人の場合には、含まれている殺菌成分やピーリング剤が肌刺となってしまうため、肌の環境をさらに悪化させるというリスクもあります。

そこでニキビの根本的な解決のためにすべきことは何か、ニキビを繰り返しやすい肌がどのような状態になっているのか、ニキビを繰り返さないための根本的な改善策はどのようなものがあるのかについて検討していってみましょう。

 

【敏感肌×ニキビ】の原因

【敏感肌×ニキビ】の原因
まずはじめに、敏感肌の人がニキビになりやすい原因についてご紹介します。

敏感肌の人の肌環境は、ニキビができてしまう条件が揃っているということをまず理解しましょう。

 

敏感肌とは

敏感肌の場合、外部刺激に非常に弱いという特徴があります。

この理由としては肌を守る役割となる肌のバリア機能が崩壊してしまっている、またはバリア機能が低下しているという状態になっているからです。

普通肌の場合には全くといっていいほど刺激になることがない花粉や髪の毛、ホコリやゴミに対してまで敏感になってしまっています。

このような些細な刺激が肌に接触するだけでもヒリヒリするのを感じたり、炎症を起こして赤くなってしまうのです。

また敏感肌は、もともと備わっているべき免疫機能も著しく低下している状態となり、普段の生活で避けることのできないホコリやゴミなどの物質が肌に触れ、その刺激を認知してしまうことで、誤って肌細胞を攻撃する指令が出されてしまうことも多くあります。

こうしたほんの些細な刺激によっても肌が炎症を起こし、ニキビができてしまうのです。

 

肌のバリア機能が低下している

前述のように敏感肌は、肌の角層に本来あるべきバリア機能が損なわれています。

そのためあっという間に肌あれが起こってしまうような刺激に弱い肌の状態だといえるでしょう。

もともと皮膚には、自身で潤いを保持するためのバリア機能があるはずですが、年齢とともに低下していく潤い成分の分泌低下、さらに長年行ってきた誤ったスキンケアなどの影響によってその大切なバリア機能が脆弱化していってしまいます。

バリア機能が低下してしまうと、肌あれ、かぶれを起こしやすくなってしまうのは言うまでもありません。

とりわけ常に炎症のリスクが高い敏感肌の人の場合には、肌に炎症が起こるのを抑制しようと、肌の生まれ変わりとなるターンオーバーがより早いスピードで行われています。

このターンオーバーの早さは、一見肌細胞の入れ替わりが速く、新陳代謝が良いというイメージを持たれがちですが、実はそうではありません。

健康的な肌細胞は約28日をかけてじっくりと成長していきますが、ターンオーバーが早い敏感肌の場合、肌細胞が十分に成長していない状態のままでターンオーバーを迎えてしまいます。

肌細胞が成熟していないために、本来備わるべき水分保持力が低い状態のまま皮膚の表面に出てしまうのです。

そうなると肌の水分を溜めておくことができなくなるため、乾燥肌になりやすく角質が硬化し剥がれにくくなります。

この硬化してはがれにくくなった角質は、毛穴付近にどんどん蓄積され、毛穴が塞がりやすくなりやがてニキビとなってしまいます。

さらに十分に成長しきれていない未成熟な細胞は、同時に肌のバリア機能も弱いため、外部刺激から肌をしっかりと守ることができません。

潤い不足による乾燥、そして外部からの刺激によって炎症を繰り返し、治りにくく繰り返すニキビという悪循環に陥ってしまうのです。

 

肌乾燥によって角質層が乱れている

敏感肌のニキビの原因となる肌のバリア機能の低下、そしてターンオーバーの乱れは、日々の生活習慣による影響が深く関係しています。

睡眠不足やストレスなど現代人が気をつけるべき生活スタイルが、実はニキビを引き起こしているのです。

また間違ったスキンケアによる肌乾燥もニキビを引き起こす原因となります。

肌乾燥が深刻化して水分が不足してしまうと、本来は水分によって正常な構造を保つはずの細胞組織がバラバラになってしまいます。

細胞の隙間に外部刺激が入りやすい肌環境になる、これが肌のバリア機能の低下となります。

例えば皮膚表面が積み重ねたレンガ状の構造とすると、普通は積み重なったレンガの間にはセメントが満たしてあり、余計なものを侵入させることはありません。

この状態が正常な肌の状態と言えるのです。

レンガ状の構造、これが皮膚表面の角層と呼ばれる部分であり、そのすき間をしっかりと埋めているセメント、それが角質細胞とその間を満たす細胞間脂質になります。

両者の構造がしっかりとしていることによって健康で美しい肌が出来上がります。

細胞間脂質の主な成分としては、肌の水分を保持する役割を果たすセラミドや天然保湿因子となっています。

しかし、肌が乾燥しセメントの役割を果たすこれらの細胞間脂質が減少してしまうと、レンガとなる角質細胞がまとまらず、構造も不安定、バラバラになってしまうことになります。

そのような状態では、簡単にその隙間から外部刺激が入ってしまいます。

このように、肌が乾燥するということは肌のバリア機能の低下、炎症、ターンオーバーの乱れに直接的につながってくるのです。

敏感肌の人のニキビ原因、それは肌乾燥によってもたらされるバリア機能の低下、ターンオーバーの乱れが非常に大きな要因といえます。

対処法としては肌を乾燥させない、潤いを守る正しいスキンケアが望ましいのです。

 

《強い肌を育てる方法》敏感肌改善スキンケア

《強い肌を育てる方法》敏感肌改善スキンケア
敏感肌の人のニキビは、肌乾燥と炎症の起こりやすさが原因になっています。

そこで敏感肌のニキビ対策としては、肌への刺激を極力与えないことと同時に、肌の乾燥を防ぐスキンケアをする必要があります。

ここから先は、繰り返すニキビを許さない強い肌環境を育てるために、どのようなスキンケアがよいのかについて解説をしていきます。

 

肌断食からスタート!

ひとたび敏感肌に陥ってしまうと「悪化している肌環境を改善したい!弱ったバリア機能を修復しよう!」と、未熟な状態でまだ力不足の肌細胞がどんどん作られてしまいます。

これによってターンオーバーのバランスが乱れ、未熟な状態でもターンオーバーをしてしまうという環境が続いてしまうことになります。

そうなると、どんなに洗顔料を肌に優しいものに変えたとしても、化粧水の成分に配慮したとしても、その努力は全く意味をなさなくなってしまいます。

肌本来に力がないのですから、洗顔料を使い続けること自体がセラミドなどの重要な保湿成分の回復を遅れさせたり、妨げる結果になります。

自分で自活することができない状態が続くと肌環境は悪化の一途をたどることになり、老化を加速させていくことになるでしょう。

当然敏感肌は改善されることがありません。

この状態を回避するためには洗顔料の使用を一旦ストップし、本来のターンオーバーの周期に戻すことが先決となります。

ターンオーバーを正常化させ、健康な角質層を作り上げるためには、余計な刺激や成分を与えないということが大切なのです。

そのため化粧水などのスキンケアアイテムも利用しません。

洗顔料を使わないことで洗いすぎのリスクもなく、化粧水の成分で保湿をして肌を騙すこともなくなります。

何も与えない肌は自身の力を回復すべく自然に育っていき、やがて敏感肌を自ら改善していくことができます。

まずは、敏感になってしまうほど甘やかしてしまった肌をリセットするということが肌質改善の第一歩となります。

「肌断食でニキビが悪化?!」肌断食を成功させる方法 ちょい足しスキンケアとは
昨今の健康ブームの波に乗って、今大注目されているのが「断食」ですが、肌における断食となる「肌断食」というスキンケア方法があるのをご存じでしょ...

 

乾燥性敏感肌を予防☆ニキビ予防のスキンケア

肌断食を実行するとさまざまな肌の変化が起こり、その変化の先には肌状態が改善する効果を感じることができます。

肌断食によって敏感肌の改善が見られたら、それから先のスキンケアはシンプルを心がけましょう。

あまり手間や成分を与え過ぎないスキンケアで乾燥を防ぎ、ニキビを予防するようにします。

 

①洗浄力が強すぎないものでクレンジング

クレンジングに使用するものは、洗浄力が強いものを避けるようにします。

特に敏感肌の人の場合、オイルクレンジングでは刺激が強すぎるため絶対に使用しないようにしましょう。

低刺激なクレンジングクリーム、ミルククレンジング、ジェルクレンジング、バームタイプのメイク落としがオススメです!

これらのアイテムで優しくクレンジングすること、さらにはW洗顔不要のものを使うことで肌刺激を軽減させることができます。

 

②水洗顔や純石鹸などシンプルな洗顔

洗顔もシンプルを心がけるようにします。

まず水洗顔という方法を試し、ニキビが悪化しないようであれば水洗顔を継続していきましょう。

夜はW洗顔不要のクレンジングを使用し、朝は純石鹸などの洗顔料を使うという方法も良いでしょう。

夜に洗顔料を使用し、朝は水洗顔のみなど、極力肌負担をかけずに汚れを落とす方法を選ぶようにします。

 

③保湿はオールインワンゲルがオススメ

敏感肌の人にオススメの保湿方法は、オールインワンゲルを使用したスキンケアです。

いくつものケアアイテムを使用すると、肌負担が大きくなってしまうからです。

特に乳液には界面活性剤が入っていることが多く、敏感肌の人には刺激になってしまうため使用しないようにしましょう。

保湿は乳液などを使わず、オールインワンゲルでシンプルな保湿を心がけます。

 

水分が足りない人はアヴェンヌウォーターがGOOD!

乾燥がちな敏感肌の人の場合、オールインワンゲルだけでは何だか肌の水分が不足していると感じる場合もあるでしょう。

そう感じる人は、オールインワンゲルを使用する前にアヴェンヌウォーターを肌にひと吹きしてみましょう。

アヴェンヌウォーターは温泉水100%で、敏感肌の人にも肌に刺激のある成分を一切含んでいない化粧水です。

スプレータイプなので瞬時に肌全体に微粒子ミストが行き渡り、手や指による肌刺激を与えずミネラルと水分を補給することができます。

生後3か月の赤ちゃんにも使える肌への優しさは、敏感肌の人にぜひ試してみてほしい化粧水になります。

 

油分が足りない人はワセリンや馬油がオススメ!

オールインワンゲルだけでは肌の油分が不足して物足りないと感じる場合には、オールインワンゲルをぬった後に、乾燥しがちな口周りや目の周りだけに、白色ワセリンや馬油などを少量だけ重ねるようにします。

ワセリンを選ぶときには、必ず精製度の高い(白~透明)ものを選ぶようにします。

ワセリンの種類としては、黄色ワセリン、白色ワセリン、プロペト、サンホワイトなどがあります。

敏感肌で刺激に弱い人が使用する場合には、白色ワセリン以上の精製度のものを選ぶようにします。

アトピーなどにも使用することができる医療用ワセリンプロペトなどがおすすめです。

馬油を選ぶときにも純度の高いものを選ぶようにします。

わからない人は薬師堂の「ソンバーユ」を使うといいでしょう。

馬油は人間の皮膚に非常に近い成分で構成されているという特徴があり、肌へのなじみや敏感肌の人が使用するという場合にも安心して使うことができます。

 
 

敏感肌のニキビにオススメ!成分にこだわった化粧品

敏感肌のニキビにオススメ!成分にこだわった化粧品
敏感肌の人がニキビケアをする際には、成分にこだわった化粧品を使うようにしましょう。

肌に刺激の少ない成分で肌環境を整え、自活肌を目指すことができる商品をご紹介していきます。

 

《クレンジング》セラムデュー アクネクレンズ

敏感肌のニキビケアを考えた際、クレンジングに最適となるのがセラムデュー アクネクレンズです。

肌に低刺激なのにメイクはスッキリ落とすことができるため、W洗顔も不要となっています。

洗い上がりの肌もツルンとして、スッキリとした肌感を実感できるクレンジングです。

 

《洗顔料》薬用ニキビ専用洗顔石けん Non A.(ノンエー)

Non A.(ノンエー)はニキビケアに特化して作りだされた洗顔料です。

そのためニキビを刺激したり、肌負担となる添加物も配合されていないのが特徴。

Non A.(ノンエー)は、無香料、無着色料、無エタノールに無鉱物油、従来の表示指定成分を配合していない安心安全な石鹸になります。

デリケートで刺激に弱い赤ちゃんや敏感肌の人、アトピーやアレルギーに悩んでいる人にも使える、非常に低刺激処方の洗顔石けんとです。

薬用ニキビ専用洗顔石けん Non A.(ノンエー)

公式サイトへ

 

《洗顔料》b.glen(ビーグレン) クレイウォッシュ

天然クレイ“モンモリロナイト”が、肌を直接こすらずに余分なものだけを吸着、肌刺激ゼロで洗顔をすることができます。

b.glen(ビーグレン)クレイウォッシュは、ニキビの大きな原因となる肌負担を極限まで減らすことができ、肌ダメージによるニキビを予防していくことができます。

【b.glen(ビーグレン)】クレイウォッシュ

公式サイトへ

 

《オールインワンゲル》MELLINE(メルライン)

メルラインには合成香料・着色料・鉱物油・石油系界面活性剤・パラベンといった添加物が一切使用してありません。

ニキビにつながる刺激成分、肌にとって不必要なものを排除してあるオールインワンゲルです。

敏感肌の人でも、ニキビケア・肌ケアは毎日行っていくものですから、わずかな刺激でも毎日積み重ねることによりニキビの大きな原因となってしまうことがあります。

そのため、こうした成分を一切排除することによって、乾燥肌・敏感肌・混合肌などどのような肌質の人でも安心して使い続けることができるように配慮されています。

毎日のケアに安心して使うことができるよう、徹底的に無添加にこだわり、低刺激を追求した結果できたジェルとなっています。

MELLINE(メルライン)

公式サイトへ


 

《オールインワンゲル》パルクレールジェル

パルクレールジェルにはアラントインが配合されていて、肌の抗刺激作用を高めてくれる働きがあります。

肌をより健やかに丈夫にしていくアラントインの効果によって、敏感肌改善に向け一歩前進するスキンケアができるようになっています。

また、パルクレールジェルだけでもしっかりと肌が潤うため、ニキビ肌の改善をしっかりサポートしてくれるところが心強いです。

 

バリア機能を回復する生活習慣のすすめ

バリア機能を回復する生活習慣のすすめ
肌のバリア機能を回復させるためには、普段の生活習慣を見直すということも重要になります。

日々の積み重ねによって肌のバリア機能を回復させる方法とは、具体的にはどのような点に注意すべきなのかを見ていきましょう。

 

バランスの取れた食生活を意識する

敏感肌を改善していく方法はさまざまですが、毎日の食生活を見直していくことでも肌のトラブルを改善することができることをご存じでしょうか。

肌のバリア機能を回復させるための食生活において最も大切なこと、それは肌のターンオーバーを正常化させるために必要となる栄養素を、しっかりと食事から摂取するということです。

毎日の食生活が偏っていたりバランスが崩れていると、摂取すべき栄養素が不足してしまい皮膚のセラミドを作ることができなくなっていきます。

セラミドを作りだすことができなくなると、バリア機能が衰えてしまい敏感肌になってしまうのです。

 

皮膚をよりスムーズに再生させるために摂取したい栄養素

■タンパク質
皮膚を形成するもととなる栄養素

■ビタミンA
肌を健康な状態に保つ働き(ターンオーバーを正常化)

■ビタミンC
抗酸化作用に優れ、コラーゲン生成を促す働きも持つ

■ビタミンE
肌の血行を促進、肌にしっかりと栄養素を届ける働きがある

その他にも、細胞の合成に欠かせない亜鉛や、粘膜や皮膚の健康維持に貢献するビタミンB群もバランス良く摂りいれることができるようにしましょう。

こうした栄養素をまんべんなく摂取できるよう、普段の食生活を見直し改善を図りましょう。

 

質の良い睡眠をとる

敏感肌を改善し、治りにくく繰り返しやすいニキビを根本治療していくためには、睡眠の質をアップさせることも重要な課題となるでしょう。

そのためには肌のゴールデンタイムに良質な睡眠をしっかりと取る必要があります。

肌のゴールデンタイムには、肌再生を促す成長ホルモンが分泌されやすく、成長ホルモンは肌の修復や再生に必要不可欠なホルモンとなります。

子どもの成長を促すホルモンとしてよく知られていますが、実は子供の成長を促すという役割のほかにも、肌のハリや弾力の維持、それに必要な皮下組織の水分量をキープする働きもあることがわかっています。

また、肌のターンオーバーを正常化し、古い肌細胞を新しい肌細胞へと生まれ変わらせる力も持っています。

つまり成長ホルモンは、美肌の維持には不可欠な存在となるのです。

成長ホルモンには、別名「天然の美容液」といった呼び名もあるほど重要なホルモンで、その分泌が盛んになるゴールデンタイムの間の睡眠が重要視されています。

成長ホルモンが分泌されやすい時間帯としては、入眠後3〜4時間となっていて、今のところ特定の時間帯に睡眠を取らなければならないという限定はされていません。

これまでは22時〜2時がゴールデンタイムと言われていましたが、これは昔の日本人が22時~23時頃に就寝するという生活スタイルが主流となっていたからです。

最近になって実際には入眠から3〜4時間の間が、脳下垂体から多く成長ホルモンが分泌されるという事実が解明されていて、寝付きから3〜4時間の間熟睡することが質の良い睡眠をとることだと考えられています。

 

ストレスを溜めない

ニキビにストレスが悪影響を与えるということも良く知られていますが、この理由としては、ストレスを受けることによる自律神経の乱れです。

ストレスにさらされると自律神経のバランスが乱れ、興奮状態をもたらす交感神経が優位になります。

交感神経が優位な状態が続くと、血液中のリンパ球のバランスも崩れ免疫力が低下してしまいます。

体の免疫力の低下は肌の免疫力低下にも関係していますから、ニキビや肌トラブルに弱い肌環境になるのです。

さらにストレスを受けると、ストレスホルモンの一つ「コルチゾール」が分泌されるようになります。

コルチゾールは免疫機能を抑制するという働きがあるため、さらに免疫力の低下を招いてしまうことになります。

こうなってしまうと肌は本来持つべき免疫機能を失い、外部からの刺激に対処することができなくなります。

外部刺激によって肌あれやかゆみなどが簡単に起こってしまうようになり、ニキビが治りにくく繰り返しやすいという状態を回避できなくなってしまうのです。

以前は、遺伝的要因や年齢を重ねたことによる免疫力低下が問題視されていましたが、現代社会においては不規則な生活や過剰なストレスの蓄積により、若い世代でも免疫力が低くなってしまう「現代型免疫低下」が急増しています。

 

まとめ

敏感肌でニキビに悩んでいる人は、まず自分の生活スタイルの中に乾燥の原因がないか、食生活や睡眠などを根本的に改善するよう心掛けましょう。

そして自分の肌に合ったアイテムを使い、極力肌刺激を与えずにスキンケアを行なうようにしましょう。

まずはできるところから敏感肌への取り組みを開始していきましょう!

The following two tabs change content below.
シュクル

シュクル

健康的でスレンダーな大人の女性を目指して、太りにくい体質づくりを研究中。大好きなスイーツを食べるため、日々ダイエットに励んでいます!同じ30代の女性が抱える悩みを中心に、役立つコンテンツを発信していきます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする