少ないからこそ余計に目立つ白髪、染める方法は?少ない白髪を染める以外の対処法はあるの?

白髪の出始める時期は、黒髪の中に真っ白な髪の毛がある状態なので、どうしても白髪が目立ってしまい気になるものです。

まだ白髪の数としても少ないため、白髪染めまでは必要ない気がするし、だからといって白髪を放置しておくのもイヤ、そう考え悩んでいる人は多いのではないでしょうか。

そこでまだ白髪が少ない段階では、どのような白髪対処法が望ましいのか、そし白髪染めで真っ黒に染めたくない人のための白髪対策をご紹介していきます。

白髪が生え始める年齢はどれくらい?

白髪が生えてくる年齢としては、早い人もいれば遅い人もいます。

若いうちから白髪に悩まされる人もいますし、かなりの年齢になってからもまだまだ黒髪を維持していくことができる人もいるのです。

では白髪が生え始める時期、平均的な年齢としてはいったいどれくらいになるのでしょうか。

白髪が生え始める年齢の平均は30代~40代くらい

白髪が気になりだす年齢、初めて白髪を見つける年齢としては、だいたい30代~40代くらいの年齢がほとんどです。

30代、40代の人のほとんどが、多かれ少なかれ白髪が生えているという状態になっているでしょう。

中には10代のうちから白髪が生える若白髪の人もいますが、だいたい30代後半になるとほとんどの人が白髪が生えるようになっています。

40代になると何らかの白髪対策が必要となるというのが平均的な白髪の生え方となっています。

その年代になるとどうして白髪が生え始めるのか

では、どうして30代~40代になると白髪が急に生えてくるようになるのでしょうか。

この白髪が目立ってくる年代というのは、病気や体調の変化、体の衰えが目立ってくるころだといえます。

細胞の老化も進み、今までは表面化しなかったエイジングサインなども気になりだすころです。

体や肌の衰えだけでなく、髪の毛を生やすシステムも同時に老化していっているのです。

髪の毛に色を付けるメラノサイトの働きや毛母細胞の働きが衰え、白髪というエイジングサインになって出現し始めます。

白髪はそれまでの食生活や生活習慣によっても生え方が大きく変わる

30代や40代になって急に気になりだす白髪は、それまで積み重ねてきた生活スタイルが如実に表れているともいえます。

これまでの生活習慣やや食事内容、ストレスや環境などによって、白髪の生える年齢や生え方に差が出てくるのです。

生えてきた白髪を何とか目立たなくする方法を考える、生えてきてしまってから改善策を検討することも重要ですが、なるべく生えないようにする、生える時期をなるべく遅くするという努力も非常に大切なことなのです。

どれくらいの白髪が生えてきたら白髪染めが必要になるか

では白髪がどれくらい増えて来たら白髪染めが必要になるのか、どの程度の白髪になったら白髪染めをすべきかについて考えてみましょう。

白髪が少ないうちは白髪染めではなくアイデアを駆使して白髪染めを回避

 
まだ白髪が少ないうちには、白髪染めを使うのではなく、他の方法で対処した方が無難です。

白髪染めは髪の毛だけでなく、頭皮にも非常に深刻なダメージを与えてしまいます。

白髪を隠して目立たなくするという白髪対策が、頭皮に悪影響を与えさらに白髪を助長してしまうということにもなりかねません。

白髪がまだ数本しかない、白髪がそんなに目立たないというのであれば、白髪染め以外の方法で白髪を目立たなくする工夫をしてみましょう。

例えば、白髪の目立たない髪型にチェンジする、白髪を目立たなくするヘアマスカラや白髪隠しのように、その日だけ白髪の部分だけを隠すことができるツールもおススメです。

また、手間や時間がかかるのがイヤだという場合、白髪の部分やだけ部分染めなどで対処するようにしましょう。

白髪染めは黒髪に対して白髪が30%の割合で染めることを想定して作られている

実は白髪染めは、物理的にもまだ白髪が数本という状態の白髪対策としてはふさわしくありません。

理由は、白髪染めはまだ白髪が少ない、数本しかないという状態を想定して作られているものではないからです。

白髪染めは、髪の毛の総量に対して白髪が30%を占めるくらいになった場合に有効な手段となるように作られています。

つまり白髪がまだ少ないうちには白髪染めは良い方法とは言えないのです。

抜く、切る、染める、少ない白髪にベストな対処法はどれ?

ではまだ少ない白髪に白髪染めがあまり良くないとなると、少ない白髪はどのような対処法を取ったらよいのでしょうか。

ここからは部分染めやヘアマスカラ、白髪隠し以外の対処法について考えてみましょう。

抜く

白髪が生え始めた時期というのは、「一本くらいイイや」という気持ちが強く、白髪を見つけると抜いてしまう人が非常に多いといえます。

「たった一本白髪を抜くだけ」と安易に考えて抜いてしまうものですが、白髪を抜くという対策は最もやっていはいけない行為です。

その場は白髪がなくなるため、簡単な方法なのですが、頭皮や毛穴には非常に大きなダメージを与えてしまいます。

将来的に白髪が多くなってきた時には、全ての白髪を抜くことは難しくなりますし、抜いてしまった毛穴から髪の毛が生えなくなってしまうと薄毛という悩みにもつながってしまいます。

毛根や頭皮を傷め、将来の薄毛に悩むようになる対策は絶対にやめましょう。

さらに、白髪を抜くと白髪が増えるというのはまったくのウソで、白髪を抜いて白髪が増えていくわけではありません。

切る

白髪がまだ少ないのであれば、根元から切るという方法も、面倒ではありますが全くダメージのない方法として有効だといえます。

時間と手間を惜しまなければ、まだ白髪が数本しかないという時期は白髪を見つけるたびに切るという方法も試してみると良いでしょう。

染める

白髪がまだ少ないうちに最もおススメの対処法としては、髪の毛や頭皮にダメージがない方法で染めるという方法です。

白髪を隠しながらも、頭皮や髪の毛をいたわり、その後増えていく白髪に対処することも同時にできます。

白髪染めを使用して真っ黒にしてしまうのではなく、自然由来のやさしい白髪染めを使ってみましょう。

ヘアカラートリートメント

ヘアカラートリートメントは、白髪を目立たなくする方法の中でも特におススメの方法です。

髪の毛の傷みを修復しながら、頭皮にも優しい白髪染めが実現します。

また、自然な仕上がりになるので、白髪が少ないうちから利用することで、不自然で老けた印象を与える心配もありません。

ヘナ

色の選択肢があまり無く、染め上がりにも時間がかかりますが、ヘナで染めるのもおススメです。

ヘナも自然由来の白髪染めのため、頭皮や髪の毛に与える影響を心配する必要がありません。

まとめ

白髪がまだ出始めの時期は、白髪染めを使おうかどうか迷っている人も多いことでしょう。

しかし、たった数本の白髪のために、頭皮や髪の毛に大きなダメージを与えてしまうと、その後の白髪の増加、さらにはアレルギーや頭皮トラブルにもつながってしまいます。

まだ白髪が少ないうちは、ヘアカラートリートメントやヘナを使って髪の毛や頭皮へのダメージを最小限にすることを第一に考えましょう。

さらに少ない白髪を目立たなくする工夫も取り入れましょう。

髪型や白髪隠しなどを活用しながら、頭皮や髪の毛の将来的なことも考えながら対処するのが大切です。

The following two tabs change content below.

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする