ばれない白髪染めの方法とは?自然な仕上がりが期待できるおすすめの白髪ケア

白髪染めに関する悩みの一つに、白髪染めをしたことがばれてしまうという悩みがあります。

ばれないように白髪染めをしたいけれど、どうしても仕上がりが不自然、思ったように染まらない、白髪染めをしたことがばればれで逆に増えた印象を与えてしまうというケースも多くなっています。

そこで、白髪染めをしたことがばれないようにするためには、いったいどうしたらよいのでしょうか。

今回は、白髪染めをしたことがばれないような自然な仕上がりにする方法、周囲に白髪染めをしたことがわからないように染める方法についてご紹介します。

どうして白髪染めをしたことがばれてしまうのか

まずなぜ白髪染めをしたことがばれるのか、白髪染めをしたということがばれるのは嫌だという人は、その理由について振り返ってみることが大切です。ばれない白髪染めとばれる白髪染めはいったいどのような点が違うのでしょうか。

白髪を一度で染めるからばれる

白髪染めが一発でばれてしまう染め方の代表格、それは白髪を一度で染めてしまうという方法です。

市販の白髪染めの多くは、一回で白髪をきれいに真っ黒にしてしまうというものが多く、この方法ではほとんどの場合白髪染めをしたことがすぐにばれてしまいます。いきなり髪の色や白髪の状態が変われば、だれでも白髪染めをしたことに気がついてしまうのです。

ばれないように白髪を染めたいのであれば、白髪を一度で染めてしまうという方法は避けたほうがよいでしょう。

いかにも白髪染めをしましたという不自然な真っ黒

さらにばれやすい白髪染めの方法としては、染めた結果いかにも白髪染めをしましたという、不自然なほど真っ黒な仕上がりになるというものです。自然とはかけ離れた真っ黒な髪の毛、それまでとはがらりと変わる髪色に気がつかない人はいないでしょう。

これは市販の白髪染めは刺激やダメージが強いというほかの、もう一つの最大の弱点ともいえるでしょう。

白髪染めで一気に真っ黒になってしまうと、自然ではありえないような黒い髪の毛の状態になってしまい、逆に老けた印象になってしまうということも少なくありません。

失敗してプリン状態になってしまう

白髪をリタッチしようとして、一発勝負の白髪染め(ヘアカラータイプ)を使って失敗してしまうと、一気にプリン状態になってしまいます。

これは白髪染めをしたことがばれてしまうだけでなく、かなり恥ずかしい状態だといえるでしょう。

「白髪染めをしたけれど思い通りの仕上がりにならずに失敗した」ということまで、周囲の人にばれてしまうことになるでしょう。

ばれない白髪染めの頻度とは?

では、ばれない白髪染めをするための頻度はどれくらいがよいのでしょうか。

一般的に市販の白髪染めは、一度染めた部分は元に戻ることがない永久染毛剤といわれるものが普通です。

染めた後一カ月もすれば、新しく白髪が伸びてきた部分との白と黒のコントラストがはっきりしてしまうため、白髪染めをしていることがばれてしまうという難点があります。

見た目にも白髪染めをして色が入っている部分と、新たに伸びてきた白髪の真っ白な部分がはっきりと見て取れるため、白髪染めをしていることが一目で誰にでもはっきりとわかってしまいます。

この永久染毛剤で白髪染めをしていくと、一カ月に約1㎝ほど伸びてくる白髪を隠すために、月一で白髪染めが必要となるでしょう。

しかしかなり刺激の強い成分が配合されている市販の白髪染めは、月一で使用すれば頭皮や髪の毛へのダメージがかなり大きく、あまりおすすめできる方法とは言えません。

だからといって一月以上染めないでいれば、白髪部分はさらに目立つようになり、みっともなくて帽子をかぶらなければならない、外出が嫌になる、人と会いたくないという後ろ向きな気持ちにまでなってしまいます。

リタッチと全体染めならどっちがいいの?

白髪染めが頭皮や髪に悪影響を与えることを考えれば、あまり白髪染めを使用しないようにする対策が必要だとお分かりいただけるでしょう。

白髪染めによる頭皮髪の毛のダメージを減少させるためにはどうしたらよいのか、そう考えると全体染めではなくリタッチのほうが無難だといえます。

リタッチであれば、何度も髪の毛全体に白髪染めを使用するよりは、はるかに負担は少なくなるでしょう。

しかし、リタッチにはそれなりの技術や手間が必要となります。自分で伸びてきた部分の白髪をきれいに染めることは非常に難しく、おまけに頭皮にも薬剤が付着してしまい頭皮ダメージも免れることはできません。

ムラになったり、染め残してしまった部分があるという悩みにつながりますし、自分の手で頻繁にリタッチして白髪染めをしたことがばれないようにするということは不可能に近いといえます。

美容室でのリタッチはコスパが悪い!?

では美容室でプロにリタッチしてもらう方法はどうでしょうか。美容室であればセルフケアでリタッチするよりもムラなくきれいに仕上がるでしょう。

さらになるべく頭皮に薬剤が付着しないように配慮してくれ、自分で染めるよりは満足できる仕上がりになることが予想されます。
しかし、美容室でのリタッチはコストがかかるという大きなデメリットがあります。

白髪染めをしていることをばれないようにするためには、かなり頻繁に美容室で白髪染めをする必要があります。

経済的負担が大きいことに加え、時間的都合をつける必要も出てくるので、この方法もばれない白髪染めとしておすすめできるとは言えません。

ばれない白髪染めの方法とは?

では、白髪染めをしたことがばれないように自然な仕上がりで染めることができるのはどのような方法なのでしょうか。

周囲に気がつかれないようにして白髪を染める、白髪染めをしてもまるで自分の髪のように自然に仕上げる方法をご紹介します。

ヘアカラートリートメントタイプがベスト

周囲に白髪染めをしたことがばれない方法として、最もおすすめできる方法はヘアカラートリートメントです。

ヘアカラートリートメントであれば、周囲にばれることなく白髪を自然に染めていくことができますし、それ以外にもさまざまなメリットがあります。

ヘアカラートリートメントのメリット

ヘアカラートリートメントを利用するメリットとしては、まず徐々に白髪を染めていくため周囲に白髪染めをしていることがわかりにくいという点です。

ばれないように白髪を隠したいという人にとっては、最も理想的な染まり方をしてくれるのがヘアカラートリートメントです。

さらに頭皮や髪の毛に与えるダメージはゼロ、それどころか頭皮や髪の毛をいたわり修復しながら白髪を染めていくこともできます。

染めムラやプリン状態になってしまって悩む必要性もなくなりますし、美容室のようにコストがかかるわけでもありません。

セルフケアがカンタンなため、自分の好きなタイミングで、費用をおさえながらも髪や頭皮にダメージを与えない白髪染めをすることができるのです。

ヘアカラートリートメントのデメリット

ヘアカラートリートメントのデメリットとしては、一度で真っ黒な仕上がりにはできないという点です。

自然な仕上がりを追求するため、一気に真っ白な白髪を真っ黒にすることはできません。

あくまでも徐々に色づき、気がつけば白髪が目立たないヘアになっているという染まり方になります。

まだちらほら白髪なら白髪用のカラーシャンプーもおすすめ

まだ白髪がさほど多いというわけではなく、ちらほらとあるような状態であれば、白髪用のカラーシャンプーもおすすめです。

ヘアカラートリートメント同様、素手で扱っても安心できる成分でできていますし、それ以外のメリットもたくさんあります。

白髪用カラーシャンプーのメリット

白髪用カラーシャンプーは、毎日の入浴時にシャンプーするだけで徐々に白髪を目立たなくすることができるシャンプーです。

白髪がそれほど多くないという人、まだ本格的な白髪対策が必要ない人は、シャンプーで手軽に少ない白髪を目立たない状態にすることができます。

入浴時に素手で使用できるほどやさしい成分、さらに染めていて周辺や衣類に色が移ってしまうという心配もありません。

白髪用カラーシャンプーのデメリット

白髪用カラーシャンプーのデメリットも、やはりヘアカラートリートメントと同じように、一発で白髪を黒くすることができないという点です。

入浴時に手や体に付着してもすぐに落ちるようにできていたり、バスルームに染料による着色などが起こらないようにつくられているため、ヘアカラートリートメントよりもさらに染める力は弱くなります。

まとめ

白髪染めをしたことがばれてしまうということは、せっかく染めた白髪染めがその人にあっていない、逆に老けた印象を与えているということも言えるでしょう。

ヘアカラートリートメントによるばれない白髪染めは、見た目の自然さで満足できるうえに、経済的負担も少なく、手軽に白髪対策をすることができます。

また頭皮や髪の毛に負担をかけないということは、将来的にさらに白髪が増えてしまったり、薄毛や抜け毛などといったトラブルを回避するということにもつながるでしょう。

白髪が生えてきて自然な染めあがりを望むのであれば、ぜひヘアカラートリートメントで頭皮や髪の毛に優しく、見た目も満足できる白髪染めをしてみましょう。

The following two tabs change content below.
吉川みさと

吉川みさと

目立ち始めた白髪となかなか落ちない体重に、体の曲がり角を痛感しているアラフォー。お手入れがモノを言う年代ならではの視点で、若さを保つコンテンツをたくさんご紹介していきます♪

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする