安全なシャンプーで地肌と髪を優しくケアしましょう【おすすめ5選】

美髪と健康な頭皮を実現するためには、シャンプー選びが肝心です。

今では、匂いや頭皮環境の改善などラインナップが多すぎて、どんなシャンプーを選んだらよいのかわからないことも多いですよね。

そもそも、安全なシャンプーの定義が分からないと、選ぶ際にも時間がかかってしまうもの。

ここでは、頭皮と髪に安心・安全且つ、使うことでたくさんのメリットを実感できる、安全なシャンプー選びのコツ、おすすめの商品情報をわかりやすくご紹介します!

安全なシャンプーってどんなの?

安全なシャンプーってどんなの?

安全なシャンプーとは、髪や頭皮の健康を守りながら、使うことができるメリットがあります。

ここでは、安全なシャンプーの基本的な定義について学んでいきましょう。

ネット通販限定?!無添加シャンプー

無添加シャンプーとは、オーソドックスなシャンプーのような添加物が使われず、赤ちゃんでも安心・安全に使える処方が特徴のシャンプー。

ドラッグストアに並んでいるシャンプーは、製品を長期的に保存できるよう、ときに頭皮や髪にダメージを与えてしまう防腐剤などがブレンドされています。

ネット通販限定で販売されている無添加シャンプーは、やさしさや安全第一に製法されている商品が多く、オーソドックスなシャンプーよりも高額であることが多い特徴があります。

低刺激なアミノ酸シャンプー

アミノ酸シャンプーとは、界面活性剤である洗浄成分に、アミノ酸系の成分をブレンドしている低刺激なシャンプーのことをいいます。

オーソドックスなシャンプーよりも低刺激で、洗浄力がマイルドなため、頭皮や髪に必要なうるおいを洗い流してしまう心配がありません。

このような特性から、アミノ酸シャンプーは、デリケートな肌質の人や、抜け毛・薄毛に悩む人にもベストマッチしています。

ノンシリコンは必須なの?

話題のノンシリコンシャンプーは、髪をふんわりボリュームアップする効果に優れています。

石油系のシャンプーは、シリコンがブレンドされてないと、髪がバサバサになってしまうこともあり、シリコンでコーティングする必要があります。

ですが、安全性が高く、品質の良いシャンプーは、シリコンが入っていなくても、髪の指通りがよくなるメリットが魅力です。

本当に安心できる無添加シャンプーとは?

本当に安心できる無添加シャンプーとは?

無添加シャンプーといっても、種類は本当にたくさんあり、それぞれにメリットもデメリットもあります。

本当に安心できる無添加シャンプーを上手に選ぶためのコツを、ここでしっかり把握していきましょう!

旧表示指定成分がなければ無添加?!

表示指定成分は、昭和40年代に現在の厚生労働省厚生省が指定した約100種類の成分のことをいいます。

表示指定成分がない無添加シャンプーは、一般的無添加と呼ばれているため、必ずしも安全とは限らないのです。

旧表示指定成分一覧抜粋
表示成分 危険度 用途
ラウレス硫酸Na ★★★ 界面活性剤
セチル硫酸Na ★★★ 界面活性剤
PEG(ポリエチレングリコール) ★★★ 界面活性剤
クロロフェノール(パラクロルフェノール) ★★★ 防腐殺菌剤
レゾルシン ★★★ 防腐殺菌剤
フェノール ★★★ 防腐殺菌剤
ベンジルアルコール ★★ 油分

[参考]日本オーガニックコスメ協会:旧表示指定成分一覧表

全成分表示が義務化はされたけど・・・

2001年には、無添加シャンプーは、全成分をパッケージや公式ホームページなどに記載することを義務付けられたのですが、全成分の内容には表記義務はないキャリーオーバーによって、わたしたちは無添加商品を選ぶことが難しくなっているのも現状です。

化学物質のキャリーオーバーってなに?

化学物質のキャリーオーバーとは、持ち越された成分という意味。

全成分の中に入れる表記義務はないのですが、原材料の製造・栽培過程において、残留として残っている場合があるものをいいます。

防腐剤や酸化防止剤などの化学物質は、これらを一切含まないレベルが完全な無添加とよべるのですが、究極を目指すことによって、キャリーオーバーという課題が出てしまうのです。

オーガニックが無添加シャンプーとは限らない

安全なイメージがあるオーガニックですが、オーガニックとは、シャンプーがつくられるまでの生産過程の状況をいい、無添加とはできあがったシャンプーに加工をするかどうかといった違いがあります。

オーガニックシャンプーと謳われている商品であっても、中には香料や着色料などの添加物が使われている場合も多くあります。

手荒れ・かゆみがないのは必須

毎日使うシャンプーは、手肌にやさしい商品かどうかも大切なポイント。

シャンプーは、手で泡立てて毎日使う物ですので、肌荒れやかゆみがあっては安全性に優れているといえなくなってしまいます。

化学物質が添加されていない無添加シャンプーの選び方

化学物質が添加されていない無添加シャンプーを上手に選ぶためには、洗浄成分はもちろん、そのほかにブレンドされた成分もチェックすることがポイントになります。

界面活性剤の種類であり、特に刺激性の強い【ラウレス硫酸】がブレンドされたシャンプーは避け、ネット通販限定で、頭皮へのやさしさ第一であることが特徴となったシャンプーであれば、無添加処方が多くなっています。

アミノ酸配合の無添加シャンプー5選

アミノ酸配合の無添加シャンプー5選

続いては、安心安全がウリの、アミノ酸配合の無添加シャンプー、厳選5選の詳細を一挙大公開!

あなたにベストマッチした安全なシャンプーで、髪と頭皮の美しさを維持してくださいね♪

haru黒髪スカルプ プロ

haru黒髪スカルプ・プロ

公式サイトへ

天然成分100%にこだわって製法された、頭皮と髪をいたわるシャンプー。

保湿成分をたっぷりぶれんどしていたり、刺激になる成分を一切使っていません。

リンスやコンディショナー、トリートメントの使用が不要なので、時短の美髪ケア&高コスパが実現します。

ハーブガーデンシャンプー

Herb Garden(ハーブガーデン)

公式サイトへ

頭皮や髪のとらぶるの原因となる、うるおい不足をケアする無添加シャンプー。

ラフィノースやゆずセラミド、ヒアルロン酸などの植物性保湿成分をメインにブレンドし、頭皮と髪にうるおいを補いながら、フケやかゆみを防ぐ効果があります。

CU(チャップアップ)シャンプー

CU(チャップアップ)シャンプー

公式サイトへ

男性用の育毛剤ブランドとして人気のチャップアップから誕生した無添加シャンプー。

育毛効果のある有効成分をブレンドしているため、使うたびに根元からのボリュームアップを実現してくれます。

ドットエヌ ボリュームアップシャンプー

ドットエヌ ボリュームアップシャンプー

公式サイトへ

頭皮と髪、毛穴の汚れをしっかり洗浄し、やわらかな髪と頭皮を維持するオーガニックシャンプーでもあります。

安全なシャンプーの基準であるシリコンや合成防腐剤、石油系の界面活性剤を一切使用せず、女性が好むアロマの香りで贅沢なヘアケアが楽しめます。

ZACCパールリッチシャンプー

ZACCパールリッチシャンプー

公式サイトへ

豪華有名人もこぞって愛用している、注目度No.1の無添加シャンプー。

ボタニカル成分であるダマスクローズオイルによって、頭皮のアンチエイジングにアプローチしたり、髪に必要なうるおいを与え続ける効果があります。

紫外線や加齢によって起こりやすい、髪と頭皮の糖化を防ぐ成分も豊富に含まれ、有名人に愛用されていることも納得の安全なシャンプーとなっています。

▼合わせて読みたい!頭皮にやさしいアミノ酸シャンプーまとめ

アミノ酸シャンプーおすすめ人気ランキング15選!美髪になれるシャンプーを厳選
髪のダメージや頭皮の匂い、本当に気になりますよね。そのせいで人間関係も消極的になってしまったり・・・。 シャンプーにはたくさんの種類が...

無添加でないシャンプーだと何がダメなの?

無添加でないシャンプーだと何がダメなの?

ラインナップされているシャンプーには、高級アルコール系や石鹸系シャンプーなど、比較的リースナブルに購入できる種類もあります。

では、なぜ無添加シャンプーでないと、安全性が懸念されてしまうのでしょうか?

無添加シャンプーのメリット、他にはない特徴をわかりやすく解説していきます。

皮膚バリアを壊してしまう合成界面活性剤

高級アルコールシャンプーや石鹸系のシャンプーなど、オーソドックスな種類のシャンプーには必ずといっていいほど使われている合成界面活性剤。

この添加物は、皮膚のバリア機能を壊す性質を持っているため、頭皮のかゆみや炎症を起こしたり、洗浄力が強すぎることで必要なうるおいまでを根こそぎ洗浄してしまうデメリットがあります。

経皮毒の影響でアレルギー?!

有害な化学物質を経皮から吸収することをいう経皮毒。

頭皮に経皮毒が浸透してしまうと、10日たってもたった10%しか排出されず、残ったままの状態になってアレルギーや子宮の疾患につながることがあります。

地肌と髪にいいヘアケア方法

地肌と髪にいいヘアケア方法

つづいては、安全なシャンプーを使いながら、健やかな頭皮とキレイな髪を実現するため、ベストなヘアケア方法についてまなんでみましょう。

表面的な髪や頭皮へのアプローチ、ライフスタイルでできる心がけたい習慣もあわせてご紹介しますので、少しずつ取り入れていってくださいね。

頭皮を柔らかく保つマッサージ方法

頭皮が硬いと、血行が悪くなり、安全なシャンプーにブレンドされた有効成分を上手く浸透することができなくなってしまいます。

ここで、頭皮のめぐりに効果的なマッサージ法を取り入れてみましょう。

  1. 親指を首の付け根において、残りの4本で耳を覆うようにします。
  2. 親指を動かさないように固定し、残り4本の指の腹を使って、円を描くようにマッサージします。
  3. 少しずつ頭皮の上に向かって押し上げ、頭頂部に向かってマッサージを繰り返します。

プラスアルファのヘアケア

前項でご紹介したようなマッサージの他にも、シャンプー&トリートメント後に、洗い流さないタイプのトリートメントで頭皮と髪にうるおいと油分を補ってあげましょう。

ここで、シャンプー&トリートメント後にオススメ、無添加の洗い流さないトリートメントのオススメ品をご紹介します。

N.ポリッシュオイル

コチラの洗い流さないトリートメントは、今までにはなかなか見られなかった、ヘアにもボディにも使える万能オイル。

輝くようなツヤを与えてくれて、広がりがちな髪をしっとりとまとめてくれます。

油くささがなく、安全なシャンプーとの相性もバッチリの無添加トリートメントとなっています。

イオ マザーエッセンス

植物から抽出される美容液成分を100%使用し、髪と頭皮のアンチエイジングにアプローチしてくれる洗い流さない無添加トリートメント。

コンパクトな容器でも、少量で広いパーツをケアできるため、3ヶ月以上の使用も◎!

女性が好む、主張しすぎないやわらかなローズの香りが、贅沢なアウトバストリートメントを実現してくれます。

あんず油

洗い流さない無添加トリートメントの中では、もっともリースナブルで高いコストパフォーマンスが魅力のあんず油。

ドラッグストアやバラエティショップ、マーケットの日用品売り場でも手軽に購入することができます。

健やかな髪と頭皮に欠かせないミネラルや、オレイン酸などの栄養成分をたっぷりブレンドし、フレッシュでやわらかな香りも好評です。

オーソドックスなオイルトリートメントのようなべたつきがなく、ボリュームアップ効果にも優れていますよ。

良質な睡眠

良質な睡眠をとるライフスタイルを心がけると、髪の成長に深いかかわりのある成長ホルモンの分泌が活性化します。

たっぷりの睡眠は、頭皮と髪の疲れを休息させ、ストレスをリセットさせるはたらきがあるため、シャンプーの有効成分や、食事・サプリメントから摂取された栄養素・成分をしっかりと取り込めるようになり、内側からの健やかな頭皮・美髪ケアに役立ちます。

栄養バランスのとれた食生活

栄養バランスのとれた食生活は、健やかな頭皮と髪の基本的なポイント。

髪の原料となるタンパク質の摂取や、ミネラル、育毛効果が期待されている亜鉛などを含有した食品を積極的に摂取しましょう。

休日はストレス発散も大切

ストレスや悩み事を抱えたままにしていると、自律神経が乱れて頭皮が緊張し、固まった状態になります。

すると、血行などの頭皮のめぐりが不安定になり、栄養を取り込めなくなるリスクが…。

休日は、贅沢なヘアケアを楽しみながら一緒にストレスを解消し、ココロの安定にも努めてみましょう。

まとめ

安全な無添加シャンプーはとても奥が深く、さらなる興味を惹かれますね。

市販・通販ともに、安全なシャンプーのラインナップは増えてきています。

今まで使っていた商品との違いを見直し、無添加シャンプーの安全性と機能性の高さを実感してください。