髪はどうする!?忘れがちな髪のUVケアまとめ

髪はどうする!?忘れがちな髪のUVケアまとめ

肌にUVケアは徹底的に行っていても、髪の毛までUVケアをしっかりと行っている人はあまり多くありません。
しかし肌も髪の毛も同様に、紫外線からはたくさんのダメージを受け、そのダメージは髪にも肌にも残ってしまいます。
そこで今回のコラムでは、肌と同じように、髪の毛もしっかりとUVケアをしなければならない理由からご説明していきます。

 

紫外線の原因による髪のダメージとは?

紫外線が髪の毛にあたえるダメージは計り知れません。考えてもいないような髪の毛の悩みや頭皮トラブルが、実はUVケアを怠り紫外線を浴び続けてしまったことに起因しているということも珍しくないのです。

 

乾燥による枝毛や切れ毛

紫外線は髪の毛の乾燥を引き起こし、その乾燥による枝毛や切れ毛に悩む要因となります。
紫外線を浴び続けることによって乾燥してしまった髪の毛はトリートメントなどである程度は修復できるものの、完全に元通りになることはなく、健康な髪になるためには再び生え変わるしか再生の道はありません。

 

髪の老化も紫外線に原因あり!抜け毛の増加

髪の毛を育成し維持する毛根にも紫外線は大きなダメージを与えます。
日ごろからUVケアを怠り、紫外線による外部刺激を放置していると、やがて毛根は正常な細胞分裂や髪の毛が生えるために必要な働きを失い、抜け毛が増加してしまうという結果をもたらします。

 

メラニン色素の分解による退色!ヘアカラーも長持ちしない

紫外線はメラニンの生成という非常に重要な髪の毛に関わる働きも阻害してしまいます。
紫外線によってメラニン色素が分解されてしまうと、髪の毛の色が退色したリ、黒々とした艶やかな髪の毛を生やすことが難しくなってしまいます。
また、せっかくのヘアカラーもUVケアを怠っていると、色あせたような風合いになり長持ちしなくなります。

 

頭皮の炎症でヘアサイクルにも影響

紫外線を浴び続けると、頭皮も日焼けします。
つまりUVケアをしなければ、頭皮も日焼けした影響で炎症を起こしてしまうということになります。
新陳代謝のサイクルが乱れるほか、頭皮が乱れていることによるヘアサイクルへの影響もあります。
髪の毛が生えるサイクルが狂うと、しっかりとした髪の毛が生えない、生えても抜けやすいなど髪の悩みへと発展していきます。

 

肌だけじゃない!髪もしっかりUV対策

そうなってしまう前に、髪も肌同様に徹底したUVケアをする必要があります。
知らず知らずのうちに髪の毛や頭皮が紫外線ダメージを受けることがないよう、ここからは髪のUVケアについてお話しましょう。

 

紫外線のピークは?油断しがちな5月は要注意!

真夏の太陽がじりじりと照り付ける7月や8月には、紫外線が強くてせっせとUVケアをしなければという人を良く見かけます。
たしかに日差しが強く日が長いために、紫外線の影響を長く受け続ける可能性が高い夏真っ盛りの時期は、紫外線対策をすることが重要だといえるでしょう。
しかし、実は紫外線のピークである真夏へと向かっていく時期、つまり5月頃から、気が付かないうちにかなり強い紫外線が降り注いでいるのです。
むしろ真夏に匹敵するくらいの紫外線量を観測するような日もある5月、紫外線対策も甘いうえ、気づかずに紫外線を浴びているとなると非常に大きな影響を受けているといっても過言ではありません。

 

紫外線量が多い時間帯とは?実は紫外線量と暑さは比例しない

暑いと紫外線も強いというイメージになりがちですが、実は熱さと紫外線の降り注ぐ量は比例するとは限りません。
紫外線量が多い時間帯は、午前9時~10時くらいから始まり、午後2時ごろまで。
一方で暑さのピークはというと、お昼の少し前くらいから午後3時くらいと、紫外線量の多い時間帯とはズレがあるので、あまり暑くないからといってUVケアを怠ると、気づかぬうちに日焼けをしてしまうということが起こります。

 

山と海のレジャーではUV対策が違う!?

髪に必要な紫外線対策も、周囲の環境によって大きく異なります。
山に行く際には、太陽と距離が近くなるので紫外線の量としては比較的多くなりますが、山には木陰になっている部分が多かったり、山に行く際に身につけるものとして帽子をかぶっていることが多いでしょう。

髪が短い場合は帽子の影にすっぽりと入り、紫外線の影響を受けることは少なくなります。
さらに髪の毛が長い場合も束ねていることが多いため、大量に紫外線を浴びてしまうというケースも少ないといえます。

一方で海のレジャーの場合、しっかりとUVケアをしなければ、髪は紫外線による甚大な被害をこうむることになります。
海の塩水にさらされることによってダメージを受ける、さらに風や暑さの影響、砂などによる摩擦も受けます。
そんなダメージが多くなった髪に、紫外線が直接降り注ぎ、それに加えて海の水からの照り返しによる紫外線も加算させることになります。

海のレジャーにいく際にはかなりのUVケアをしていかなければ、髪は大打撃を受け、あっという間に紫外線ダメージによるトラブルを発症してしまうことになります。

 

紫外線が強い日のお出かけ前に!手間入らずのUVケアの方法とは?

このように、髪の毛も紫外線の影響をうけてたくさんのトラブルを抱えてしまうため、普段からUVケアには配慮しておく必要があります。
そこでここからは手間いらずで普段から気軽にできる髪のUVケア方法をご紹介します。

 

洗い流さないトリートメント

髪のUVケア方法としてまず手軽に利用することができるのが、洗い流さないタイプのトリートメントです。
もともと髪の毛にしっかりとしたバリア機能や修復力などが備わっていれば、紫外線ダメージを最小限に食い止めることができます。
洗い流さないトリートメントは、そんな健康な髪の毛を維持するために非常に役立つアイテムだといえるでしょう。
洗い流さないタイプであれば、いつでもどこでも気になった時、髪が傷む要素を感じたときなどにサッと使うことができます。

 

ツヤ髪にも効果あり!UVカットスプレー

降り注いでくる紫外線をいかにしてブロックするかという点も非常に重要です。
この際に役立つのは髪のためのUVカットスプレーです。紫外線によるダメージを抑制し、髪の毛の健康を維持するために必須アイテムだといえるでしょう。

 

もちろん帽子や日傘も重宝

オーソドックスではありますが、少々めんどうに感じる方も多いかもしれません。しかし、紫外線を直接浴びない確実な方法として実践してほしいのが、やはり帽子や日傘の使用です。
降り注ぐ紫外線を直接浴びないということは、少なくとも浴びてしまう紫外線の対策をするよりもはるかに効果があります。
そもそも紫外線を浴びることがなければUVケアや対策は必要ないのですから、極力髪や頭皮が紫外線を浴びないよう、帽子や日傘をなるべく日常生活の中に取り入れましょう。

 

もしも紫外線を浴びてしまった時の髪のUVケア

どんなに気をつけていても、紫外線を浴びてしまい髪に与えるダメージが心配になることもあるでしょう。
そこでもしも髪が紫外線を浴びてしまって、ケアが必要な時、どういった方法で対処していくのが望ましいのでしょうか。

 

シャンプー後のトリートメントでダメージケア

まずは紫外線を浴びてしまいダメージを受けた髪をいたわることから始めましょう。
傷んだ髪に必要なのは、髪に優しい成分でのトリートメントです。シャンプーでしっかりと汚れを洗い流した後、髪に必要な栄養素を補い、潤いや髪の修復のために必要な成分を配合したトリートメントでダメージケアを行うようにしましょう。

 

頭皮の乾燥は化粧水で保湿

頭皮が紫外線の影響で乾燥しがちになると、髪も健やかな状態を失ってしまいます。
頭皮が乾燥していると感じたら、保湿効果のある化粧水を頭皮に馴染ませ、十分に潤いを与えてあげましょう。

肌同様、頭皮も乾燥してしまうとさまざまなトラブルを招くようになります。乾燥は頭皮トラブルの大半であることが多いので、頭皮の乾燥には十分に気をつけるようにしましょう。

 

髪によい食事で栄養補給

食生活に配慮することも、髪に対して良い効果をもたらします。頭皮から分泌される皮脂は、食生活で脂っぽいものを食べていると多く分泌されるようになるので気をつけましょう。
また、ビタミンミネラルを多く含む野菜や海藻類、果物などを食べることによって体の機能やバランスが整い、健康な髪が生える基礎となる頭皮にも良い影響を与えます。

さらに体内に老廃物を蓄積して新陳代謝を下げることがないよう、海藻類やキノコ類などの食物繊維をたっぷりとり、常に体内のデトックスを行うということも重要になります。

 

まとめ

髪も肌と同じように紫外線を浴びるとかなり悪い影響を受けてしまいます。
年齢を重ねるごとに頭皮トラブルが増加して悩んだり、薄毛や抜け毛などの対策に頭を悩ませることのないように、普段からしっかりと紫外線対策をしてUVケアを心がけていきましょう。

美しい髪と健康な頭皮を守り維持していくためには、日ごろからの徹底した紫外線対策、そして髪や頭皮の状態を意識したケア、さらに日常生活での食生活や生活スタイルを整えるという配慮が必要です。
紫外線対策に加え、上記のさまざまな工夫をして髪の悩みを解消してきましょう。

The following two tabs change content below.
ミランダ

ミランダ

若い頃から敏感肌で太りやすい。最近は、老化との戦いに悪戦苦闘の三十路。品のある大人の女性を目指して日々模索中。女性がもっと輝けるようなコンテンツを発信していきます!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする