髪を染める頻度はどれくらいがいいの?ヘアカラーの色持ち対策と白髪に気づかせない染め方教えます!

カラーリングや白髪染めを利用して、年齢を感じさせる白髪を目立たなくする方法は、その種類によって色落ちの具合や白髪染めの効果の継続期間も異なってきます。

人間の髪の毛は1日約0.3mm、1か月で約1cm伸びると言われますが、白髪染めやカラーリングで髪を染める頻度は、いったいどれくらいが適切なのでしょうか。

今回は、白髪染めやヘアカラーの色持ちと対策を交えながら、どれくらいの頻度で髪を染めていったらよいのかについて見ていきましょう。

髪を染める最適な頻度はどれくらい?

まず白髪を染める頻度としてはどれくらいが適切なのかという点についてですが、これは髪を染める目的や、ヘアカラーや白髪染めなどの種類によって異なってくるといえます。

その他にも、髪を染める最適な頻度を決定づけるものとしては、髪の毛の長さも深く関係しているでしょう。まずは髪を染める頻度について詳しく見ていくことにしましょう。

ヘアカラーと白髪染めとで頻度は違う

黒髪を染めるヘアカラーと、白髪を染める白髪染め。

染める目的こそ違っても、どちらも、髪の毛のキューティクルをはがして、その部分に色を入れるという方法のため、頭皮にも髪にも大きなダメージを与えてしまいます。

手軽に素早く染めることができる反面、染めた後の頭皮や髪の毛のケアを怠ってはいけません。

髪と頭皮への影響を考えると、月に一度~2か月に一度くらいの頻度で染めるのが適当ですが、生え際が黒髪より白髪の方が目立つため、おのずと白髪染めの方が頻度が多めになることが多いでしょう。

髪の毛の長さでも頻度は変わってくる

白髪を染める際には、髪の毛の長さも重要なポイントなり、その長さによっても白髪を染める頻度が異なってきます。

長い場合は毛先に近づくほど白髪染めによるダメージが蓄積してしまうため、髪の長い人はよりダメージケアに注意を払う必要性があるといえるでしょう。

髪の毛が短い場合は、ダメージが蓄積していく先の部分がより少ないため、髪全体としてのダメージや刺激は少ないといえます。

しかし髪の毛が短い分、頭皮に近い部分を高頻度で染める必要があるため、頭皮へのダメージに気をつける必要が出てきます。

自分で染める場合、頻度は控えめに

白髪を自分で自宅で染める場合、どのような方法をとったとしても頻度は控えめにしましょう。

白髪を染めている間は、頭皮がどの位ダメージを受けているか、頭皮や髪の毛の状態を確認することができないということもあり、慎重に行う必要があるからです。

頻繁に白髪染めをしてしまうと、頭皮や髪の毛に深刻なダメージを与えてしまうケースも少なくありません。

ヘアカラーを長持ちさせたい!

白髪をヘアカラーで染める場合、なるべく長く色持ちさせ、キレイな発色を継続させるための方法と実践していくと良いでしょう。

ヘアカラーの色が長持ちすることによって、白髪を染める頻度も少なくなるため、頭皮や髪へのダメージも少なくなるという一石二鳥の効果を得ることができます。

白髪染めがすぐに色落ちしちゃった!原因からわかった長持ちの秘訣
せっかく白髪染めをして髪の毛に関する悩みを解消したと思ったら、じきに白髪染めが色落ちしてしまってがっかりしてしまった経験をしたことはありませ...

ここからはヘアカラーを長持ちさせるためにはどうしたらよいのか、ヘアカラーが褪色するメカニズムと色落ち予防のための知識をご紹介します。

ヘアカラーってどうして退色するの?

ヘアカラーで髪に色を入れる時、まずはキューティクルを剥がし、中にあるメラニンを破壊します。

メラニン色素を破壊してその隙間にヘアカラーの色を染み込ませて髪の毛に色を付けるのがヘアカラーのしくみです。

このヘアカラーの色が褪色する理由としては、もともと髪の中にある色素ではないヘアカラーの色を、破壊したメラニンの隙間に入れたとしても、日々の生活や洗髪などによって、少しづつその色素が落ちていってしまうという事になります。

完全に褪色してしまう状態になると、もともとのメラニンの色だけが残っており、破壊してしまったメラニンは元に戻ることはありません。

褪色した後で明るく白髪が目立ってしまうというのは、こういったメカニズムによるものなのです。

色によって違うヘアカラーの色持ち

ヘアカラーの色の持ちは、色によっても大きく異なります。

かわいらしく女性らしい、明るく温かいイメージの暖色系、大人っぽいクールで涼しげな印象を与える寒色系によってもかなり差があるといえるでしょう。

暖色系は摩擦やダメージに弱く、そういった負担がかかることによって色落ちが進行していってしまいます。

逆に寒色系のカラーはドライヤーやコテなどの熱に弱く、紫外線などによっても落ちやすくなるので注意しましょう。

できるだけ美容院で染める

白髪対策としてヘアカラーで明るめにする場合、美容院で染めるのが最も良い方法です。

美容院でヘアカラーをすることによって、髪のダメージを最小限に抑えると同時に、頭皮の状態や色の入りを見極め、より鮮やかでムラなく染めることができます。

色持ちにおいても、自分で染めるよりもはるかに長持ちするため頻度を減らすことができ、髪や頭皮へのダメージも少なくて済むでしょう。

パーマをかける場合、カラーリングから間をあける

ヘアカラーによる白髪対策と同時に、パーマをかけて髪のおしゃれも楽しみたい場合、カラーリングをしてから間隔をあけてから行うようにしましょう。

自分の髪に大きなダメージを与える両者をどちらも行いたい場合には、髪や頭皮のダメージがある程度修復され、落ち着いたのを見極めてから行うようにしましょう。

違いが目立たないグラデーションカラーを取り入れるのも手

白髪が目立たないカラーリングの方法として、昨今グラデーションカラーを選択する人も急増しています。

根元はしっかりと白髪をカバーし、毛先に近づくにつれて透明感の出る明るめのカラーを載せていく方法です。

自宅で簡単にできるヘアカラーの色持ち対策

自宅で簡単に行うことができるヘアカラーの色持ち対策の実践も、ヘアカラーを長持ちさせる効果的な方法です。

頭皮にも髪をやさしくケアし、ヘアカラーが綺麗に長持ちさせることによって、染める頻度も減らすことができます。

カラーケアシャンプーやトリートメントを使う

まずもっとも簡単で手軽、すぐにできる方法としてはカラーケアシャンプーを利用する、トリートメントを用いる方法が良いでしょう。

自分で毎日できるこれらの方法を毎日行ったのと全くしないとでは、色持ちに雲泥の差が出ます。

ドライヤーはかけすぎない

ヘアカラーの色だけでなく、髪や頭皮もドライヤーの熱を浴びすぎることで大きなダメージを受けることがあります。

ドライヤーをかける際には、髪の毛に与える熱のダメージを考慮しながら行うようにしましょう。

【2018年人気モデル】おすすめ人気ドライヤー13選!失敗しないドライヤー選びの7つポイントと正しい使い方
髪を乾かすことはもちろん、美髪や髪のエイジングケアにも活用できるドライヤー。 わたしたちのライフスタイルを送る中で、欠かせないマストア...

白髪はなるべく短い頻度で染めたい

白髪を黒や暗めの茶色に染めると根元の白髪が目立つため、なるべく高い頻度で染められたらいいですよね。

白髪染めのポイントを押さえ、より効率よく染めていくのが効果的です。

自分で染めるなら、髪と頭皮を保護してから

まず、髪を染める際に重要な事として、頭皮をしっかりと薬剤から守っておくようにすることです。

頭皮用の保護クリームをしっかりと塗り、頭皮が薬剤の影響を受けないようにしておきましょう。

根元の白髪が伸びてきた部分だけに薬剤が浸透するように、染める必要のない部分を保護することも大切です。

自宅で染める場合でも、ときどきは美容院を併用する

自分で白髪を染めている人も、ときどき美容院を利用することで、白髪染めによる髪のダメージや頭皮への悪影響を少しでも回避することにつながります。

美容院で染めることによって白髪染めの効果も長持ちしますし、頭皮マッサージやヘッドスパをするという効果的な方法も実践することができます。

頭皮や髪の毛のダメージを最小限に抑え、プロの目で頭皮や髪の状態をチェックしてもらうためにも、定期的に美容院で白髪を染めるという行動を心がけましょう。

白髪染めトリートメントなら毎日根元をリタッチできる!

染めてから3週間もすると、根元の白髪が気になり始めてしまいます。 強力で短い時間で白髪を染める白髪染めでのリタッチは、頭皮や髪の毛へのダメージの観点から、高い頻度で行うことは望ましくありません。

そこでおすすめなのが、伸びてきた根元の白髪を白髪染めトリートメントでリタッチしていく方法です。

髪を守るトリートメント効果を実感しながら、白髪も同時に目立たなくすることができる方法です。

シャンプー前やシャンプー後に、いつものトリートメント感覚で使うことで徐々に染まり、髪の毛の表面に色を載せるしくみのため、髪や頭皮を傷めることもありません。

染める頻度を気にする必要もなく、根元の白髪が気にならなくなります。

簡単に使うことができ、髪と地肌、頭皮環境の改善に有効で、髪や頭皮の将来を考慮するとおススメの方法だといえるでしょう。

まとめ

白髪は気になり始めると、どうしても早急に染めて目立たなくしたいという感情にとらわれてしまいますが、髪や頭皮に大きなダメージを与える白髪染めではなく、おしゃれも同時に楽しむ事ができるカラーリングやヘアカラーといった選択肢もかなりおススメな方法です。

昨今では白髪染めに用いるカラーリングやヘアカラーの方法もさまざまなものが登場し、白髪染めもおしゃれに取り入れることができるようになってきています。

自分の白髪をコンプレックスに感じるのではなく、白髪を目立たなくさせること自体をおしゃれに取り入れて、自分らしく、明るい表情を飾りましょう。

そのためにもヘアカラーの頻度や染める間隔などを考慮し、キレイな発色が少しでも長持ちするよう、さまざまな工夫を取り入れてみましょう。

The following two tabs change content below.
ミランダ

ミランダ

若い頃から敏感肌で太りやすい。最近は、老化との戦いに悪戦苦闘の三十路。品のある大人の女性を目指して日々模索中。女性がもっと輝けるようなコンテンツを発信していきます!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする