頭皮の乾燥対策!ローションで上手に保湿するヘアケアまとめ

頭皮は乾燥してしまうとさまざまなトラブルを引き起こすようになります。頭皮を乾燥から守るためにすべきこと、それは頭皮用のローションでしっかりと保湿対策を行うということです。

頭皮をローションで十分に保湿することで、髪の毛にも非常に良い効果を発揮できるようになり、頭皮や髪の毛にまつわるトラブルに悩む必要が無くなるのです。

頭皮の乾燥対策を徹底すること、頭皮をローションでしっかりと保湿することこそ、頭皮のトラブルを予防し、健康な頭皮や美しい髪を維持するために必要なことなのです。

頭皮が乾燥しちゃう原因は?

まずはどうして頭皮が乾燥してしまうのか、頭皮が乾燥するメカニズムや原因について見ていくことにしましょう。

頭皮の乾燥の原因を知ることで、その原因を改善したリ避けるという対処法もしやすくなります。

シャンプーによるダメージ

実は自分の頭皮に合わないシャンプーを気が付かずに使い続けていて、そのために頭皮が乾燥してしまっているという人は結構存在しています。

頭皮に刺激になるようなシャンプーを使うことで、頭皮は自分自身を守ろうとして皮脂を過剰に分泌してしまい、その結果頭皮トラブルによって頭皮が乾燥状態になってしまうリスクが高くなります。

さらにあまりにも強力な洗浄力を持つシャンプーを使用していると、頭皮に必要な皮脂や角質まで落としてしまい、頭皮が常に乾燥してしまうという事態にも陥ります。

頭皮を乾燥させてしまう大きな要因、シャンプーによるダメージは、気が付きにくい乾燥の原因ともなりますので注意が必要です。

髪の乾かし方で乾燥してしまう

洗髪後、髪の乾かし方でも頭皮の乾燥を招くことが多くあります。頭皮を乾燥から守り健全な状態を維持するためには、シャンプーした後しっかりと髪と頭皮を乾かすことが大切です。

髪や頭皮を濡れたまま放置してしまったり、誤った乾かし方をしていると、頭皮の乾燥は次第に悪化していってさまざまなトラブルを招くようになります。

室内の温度や湿度で乾燥

極端な温度や湿度の中にいると、肌がダメージを受けてしまうのと同じように、室内の温度、湿度も頭皮の乾燥に深く関係しています。

普段の生活空間が乾燥しすぎてしまっていたり、冷房や暖房の過度の使い過ぎにも注意すると、頭皮の状態を改善させることができます。

紫外線の対策不足

紫外線は肌だけでなく頭皮にも大きな影響を及ぼし、いろいろなトラブルを招く引き金になる外部刺激です。

紫外線対策というと肌が中心になり、頭皮の紫外線対策を怠る場合が多くなりがちですが、頭皮の乾燥やダメージを予防するためには、紫外線を予防することが非常に重要になります。

食生活や生活習慣の乱れ

皮脂の過剰分泌や水分量のためにも、食生活や普段の生活スタイルにも気を配ってみましょう。

食生活では髪や頭皮を健康に保つ食べ物を多く取り入れるようにします。野菜や果物、海藻などを多く摂取できるように気をつけましょう。

さらに生活習慣も見直すと相乗効果で頭皮の状態改善に大きな効果をもたらすことができます。

睡眠やストレス、運動など、不足していたり蓄積したりしていないか、もう一度見直してみましょう。

頭皮ローションを使ったほうがいい人って?

頭皮を乾燥させないためにも、上記のような項目の配慮と同時に、頭皮専用のローションを活用してみましょう。

頭皮ローションをおススメしたい人は、フケやかゆみがある、頭皮が赤い、髪のハリやコシを取り戻したいといった悩みを抱えている人です。

かゆみ・フケがある

かゆみやフケなどの頭皮のトラブルは、頭皮が乾燥しているため炎症の一歩手前、またはすでに何らかの炎症が頭皮に始まっているというサインであることが多いといえます。

頭皮に潤いを与え保湿することで、頭皮トラブルを頭皮自らの力で治すことができるよう、ローションを使ってサポートしてあげましょう。

頭皮が赤くなっている

通常健康な状態の頭皮は、白い色をしています。頭皮が赤いということは、炎症が起こっていて頭皮が健全な状態とはかけ離れているということになります。

皮脂の分泌過多や極度の乾燥などが原因であることが多いので、ローションでしっかりと保湿し、過剰な皮脂の分泌を抑制し、乾燥状態を改善してあげましょう。

髪にハリ・コシがない

髪にハリやコシがないという人は、頭皮に活力がないため、健康な髪の毛を生やすことができないという状態です。

頭皮本来が持つ、髪の毛を生やすという機能が低下しているのです。

この点においてもやはりローションを使用して頭皮の活力を取り戻してあげることで、次第に髪のハリやコシを取り戻すことができるようになります。

頭皮用ローションの選び方

では、頭皮に良い影響を与える頭皮ローションはいったいどのようなものを選ぶのが良いのでしょうか。

頭皮を健康にして、新陳代謝を促進、髪の毛の生え方も改善するためには、頭皮用ローションを厳選して効果の高いものを選ぶ必要があります。

顔用のローションでもいいの?

顔と頭皮は確かにつながっていますが、やはり選ぶローションは顔用ではなく、頭皮専用のローションを選ぶようにした方が良いでしょう。

頭皮の健康状態を改善するための成分や、頭皮に合った保湿成分が配合されているのが頭皮用ローションです。

やっぱり刺激の少ないオーガニックローション

頭皮用ローションを選ぶ際には、頭皮への刺激が極力少ない、頭皮に負担をかけないようなローションを選びましょう。

おすすめなのは頭皮への刺激が少ないオーガニックローションです。頭皮に負担をかける心配もなく、安心して継続した頭皮ケアができます。

頭皮ローションの効果的な使い方

頭皮ローションは効果的に使用することでさらに大きな効果を期待することができます。

頭皮ローションを効果的に使うためには、シャンプーの方法を丁寧に、そして髪の皮か仕方にも工夫を取り入れ、さらにローションを使うタイミングも大切です。

シャンプーは丁寧に

シャンプーは丁寧に、そして頭皮に優しい方法で行うのが鉄則です。

爪を使わず指の腹で頭皮自体をマッサージするように行いましょう。シャンプーで洗うのは髪ではなく頭皮です。

髪をこすったり摩擦したりすることがないように気をつけることと、頭皮に傷をつけないように優しく洗うように心がけましょう。

また、洗い流しも丁寧に、シャンプーなどの化学成分が頭皮や髪に残らないように、しっかりとすすぐようにしましょう。

正しい髪の乾かし方とドライヤーの使い方

シャンプー後のドライヤーの使い方や髪の乾かし方によっても頭皮の乾燥を予防し、健やかな頭皮を維持することができます。

正しい髪の乾かし方を一つ一つ見ていってみましょう。

髪を洗った後すぐに水分をタオルで優しく吸収する

髪を洗った後は、すぐにドライヤーなどで乾かすのではなく、タオルを髪に押し当てるようにしたり、タオルの間に髪を入れてプレスするようなイメージでタオルドライをします。

慌ててゴシゴシと水分を拭き取るのではなく、髪の水分をタオルに吸わせるようなイメージで行います。

ドライヤーで乾かす

髪からの距離を20センチメートルくらいに維持しながら、ドライヤーで髪の毛を乾かします。

頭皮に熱のダメージを残してしまうのであまり近すぎない距離でドライヤーをするように心がけましょう。

温度を調節したリ、同じ場所ばかりでなく頭皮の場所を変えてドライヤーをすることでさらに頭皮にかかるダメージを減らし、頭皮の乾燥を予防することができます。

短時間でドライヤーを終了できるように工夫する

シャンプー後は必ずしっかりと髪を乾かしたほうが頭皮環境にとっては非常に良いのですが、それでもあまりにも長い時間頭皮にドライヤーの熱のダメージを与え続けるというのも良い事ではありません。

頭皮へのダメージを最小限にしつつ、頭皮環境のためにドライヤーで髪を乾かすという場合には、最小限の時間で終了できるように工夫しましょう。

例えば、美容院で髪をすいたりして髪の量を少なくする、出力が大きく広範囲に風を送ることができるドライヤーを使う、ドライヤーで髪を乾かすことに集中するなどです。

頭皮をしっかり乾かす、サイドや耳の後ろなども気をつける

髪を乾かすというよりも、根元や頭皮を乾かすということを意識してドライヤーを使いましょう。

髪が渇いていても、頭皮がまだ湿っていたり、風が当たりにくいサイドの部分、耳の後ろが乾ききっていないということも良くあります。

頭皮全体に意識を向け、乾いていない部分がないように配慮しましょう。

最後に冷風でキューティクルや頭皮を引き締め落ち着かせる

全体的に乾いたと感じたら、最後は冷風で頭皮やキューティクルを引き締め、まとまりのある落ち着いた状態を作り出します。

艶やハリが出るという事だけでなく、頭皮もしっかりと引き締め潤いを逃がさないという効果もあります。

【2018年人気モデル】おすすめ人気ドライヤー13選!失敗しないドライヤー選びの7つポイントと正しい使い方
髪を乾かすことはもちろん、美髪や髪のエイジングケアにも活用できるドライヤー。 わたしたちのライフスタイルを送る中で、欠かせないマストア...

ローションを使用するタイミングは?

乾燥を防ぎ頭皮の状態を健やかに保つために使用する頭皮用ローションを使うタイミングとしてベストなのは、ドライヤーで髪を乾かす前になります。

シャンプーで髪や頭皮を清潔に洗い上げた後、しっかりとタオルドライをし、ここでローションを使用するのが最も効果的になります。

マッサージしながら使用する

シャンプーをしたことで頭皮や毛穴がキレイになり、有効成分を吸収しやすい状態になっています。

ここでローションを使用しさらに頭皮に良い成分を浸透させ効果を発揮させるために行うべき事が、頭皮のマッサージをすることです。

頭皮を優しくマッサージするようにローションを頭皮全体に行き渡らせ、頭皮の奥深くまで浸透させるようにしましょう。

血行が良くなるという効果も加わり、頭皮の状態改善に非常に高い効果を発揮することができます。

普段から頭皮を乾燥から守りましょう

頭皮の状態を健康に保つためには、普段の生活でしっかりと乾燥対策をしておくことも重要です。

頭皮を普段から乾燥から守る行動をすることで、頭皮のトラブルに見舞われる機会も少なくすることができます。

室内の乾燥対策をしっかり行う

室内の乾燥対策を施すことは、肌や健康に良いだけでなく、頭皮にとっても非常に良い環境になります。

室内の湿度を適切にするという事だけでも、頭皮を美しく、キレイな髪を維持することができるのです。

髪だけではなく頭皮にも日焼け対策を!

さらに頭皮を紫外線からしっかりと守ることも健全な頭皮を維持するうえで重要な事です。

紫外線は肌だけでなく頭皮にも重大なダメージを与えてしまいます。

気が付かずに浴びてしまっている紫外線、この紫外線をしっかりとカットする工夫を日常生活に取り入れましょう。

頭皮をすこやかにする生活習慣

自分でできる頭皮ケアの中には、生活習慣に少し気をつけるという簡単な方法もあります。頭皮のために生活習慣を見直してみましょう。

栄養バランスのとれた食生活

栄養バランスの取れた食生活を見直せば、頭皮はもちろん、自分の体の健康をアップさせることもできます。

健康な体になることで、さらに頭皮もより健康になり、髪も生き生きしてくるでしょう。

ストレスを溜めない

ストレスは頭皮の健康にとって非常に悪影響を与える要素となります。

ストレスが溜まると直接頭皮トラブルや髪のトラブルへとつながるケースが多いのは、それだけ頭皮がストレスに弱いからなのです。

ストレスを上手く発散して、ストレスによる頭皮トラブルを未然に防ぎましょう。

乾燥対策してもダメなら皮膚科へ!

たくさんの頭皮の状態改善法を試してみても、どうしても頭皮の乾燥が改善しない、悪化する一方という場合には、皮膚科を受診して専門家の意見を仰ぎましょう。

頭皮トラブルの中には、セルフケアや改善策を駆使しても、自分ではどうにもならないという炎症も多くあります。

頭皮の状態があまりにも深刻にならないうちに、思い切って皮膚科を受診するというのも頭皮を守る一つの方法です。

まとめ

頭皮の健康を保ち、トラブルを予防するためには普段からしっかりと乾燥対策をして頭皮の健康状態を良好にしておくことが大切です。

頭皮の乾燥が気になる人は、ぜひ頭皮ローションを活用して、乾燥状態を改善し健康的な頭皮、髪の毛の実現を目指しましょう。

The following two tabs change content below.
ミランダ

ミランダ

若い頃から敏感肌で太りやすい。最近は、老化との戦いに悪戦苦闘の三十路。品のある大人の女性を目指して日々模索中。女性がもっと輝けるようなコンテンツを発信していきます!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする