漢方で白ニキビを治す!ニキビを作らせないカラダに変えていく方法

漢方薬で白ニキビを治す!ニキビを作らせないカラダに変えていく方法

肌トラブルの中でも多くの人がしつこい症状に悩んでいるといえるのが白ニキビです。

白ニキビは確かに炎症前のニキビの初期段階といえますが、白ニキビが深刻化してしまうと赤ニキビや黄ニキビへと発展してしまい、改善するまでに長期間かかってしまうというケースも少なくありません。

白ニキビを早期に改善すること、さらに白ニキビに負けないような健康で活力ある肌を作りだすことは、美肌を目指す第一歩だといえるでしょう!

●今まで白ニキビに対してさまざまな治療やケアをしてきたものの、白ニキビを改善することができなかった人

●体の内側・から白ニキビの原因を排除して、ニキビを作らせないような体作りをしていきたい人

●白ニキビに対する対処法を、漢方という自然が生みだした体に優しい方法で行いたいという人

そんな方へオススメの漢方薬とその飲み方などをご紹介していきます!

古来より受け継がれてきた自然の力がいっぱいの漢方薬の優れた効果で、体内から白ニキビの原因を排除し、健やかで丈夫な美しい肌を作ってみましょう♪

 

漢方は白ニキビに効果があるのか

漢方の白ニキビへの効果ですが、そもそも漢方薬にはさまざまな種類や効果があります。

その漢方の効果には、炎症の再発を予防するもの、白ニキビの原因であるホルモンの乱れを改善する作用のあるものなど、体の内側のケアをおこなうことによって肌トラブルを改善していくことができるというものが多く存在しています。

白ニキビや肌トラブルの原因が様々であるように、効果効能、また効果があらわれる場所や期間なども千差万別、いろいろな漢方があるのです。

それでは、まず始めに漢方医学の考え方から説明していくことにしましょう。

 

漢方では『皮膚は内臓をうつす鏡』と言われている

古来より漢方の世界では、体のさまざまな皮膚の状態は内臓の状態の良し悪しによって決まるといわれてきました。

内臓機能が健康で優れた状態であるということは、表面的な皮膚も健康な状態であると考えられています。

体の内側の状態は肌に現れる症状と深いかかわりがあり、白ニキビなどの肌トラブルは「内臓機能の低下や脆弱」を表しているとも言えるのです。

漢方を使用するということは、体内にある白ニキビの根本的な原因である内分泌や内臓機能の疾患や不具合などの原因を探り当て、その部分を改善することによって白ニキビを改善していくということになります。

 

漢方の治療方法

次に、漢方薬を用いた治療方法の指針ですが、大きく分けて漢方を利用した治療方法には2つの治療法が存在しています。

この2つの治療とは、まず体質改善という主に体の働きや機能を促進してトラブルを予防するというものと、もう一つは今起こっているトラブルに焦点を当てて症状そのものを抑制したリ治療したリするという治療法です。

本治療……根本的な原因や体質改善をして、病気になりにくいカラダをつくる治療法

本治療では、即効性のあるものもあれば、長期間服用することによって緩やかな効果を発揮するものまでさまざまです。

病気の根本を駆逐するという役割を担います。

標治療……症状そのものを抑える治療法

標治療では、即効性が求められるものが多く、今出ている症状の辛い部分を取り除く、緩和するという役割が大きくなります。

 

漢方で白ニキビを効果的に治すためのポイント

上記のような漢方の考え方を理解したうえで、ここからは漢方で白ニキビを効果的に治療・改善していくために知っておいてもらいたいポイントをまとめてみました。

 

1.自分の体質に合った漢方を服用する

漢方の効果をより高いものにして、安全に漢方の力を得ようするのであれば、自分の悩んでいる症状やもともとの体質に適したものを利用するようにすることが重要です。

自分の体に合わない漢方や、症状への効果のない漢方を使用してしまうと漢方の効果が十分に発揮されないという場合が多く、せっかくの漢方治療もムダになってしまいます。

また、あまりにも体質に合わない漢方薬を飲んでしまうと、今悩んでいる症状を悪化させてしまうケースもあります。

つまり体質や症状に合わない漢方薬を飲むことで、白ニキビが悪化してしまうということも起こります。

このような事態を避けるためには、口コミだけを鵜呑みにして漢方を利用しないことです。

口コミの中には白ニキビが漢方で改善したというものもあるかもしれませんが、その漢方が果たして自分の症状や体質に合っているかはわかりません。

白ニキビの治療に漢方を取り入れる時には、専門家や専門医、薬剤師などの指示を仰ぎ、適切な漢方を使用するようにしましょう。

 

2.漢方は腸内環境に左右される

もうひとつ漢方を服用するうえで非常に重要なポイントが、腸内環境が良好な状態で漢方を使用した方が効果的ということです。

漢方は口から摂取し、腸内で体に吸収させることによって効果を発揮していくものです。

せっかく漢方薬を服用しても、そもそも腸内環境が悪く消化吸収という基本的な腸の働きが弱っているような状態では、摂取した漢方の有効成分が吸収されず、効果が出始めるまでに長い時間がかかることがあります。

腸内環境によっては、数ヶ月~1年かかってようやく効果を感じることができたというケースも少なくありません。

これは逆に言えば、腸内環境が良く消化吸収という本来もっている腸の働きが良好な場合、3日~1週間くらいで漢方の効果が現れるそうです。

腸内環境は、それだけ漢方の効果の出方に影響するということを頭に入れておきましょう。

 

【白ニキビ改善をサポートしてくれる食材】

 
白ニキビを改善し肌の再生や回復力、バリア機能をサポートしてくれる食材をご紹介します。

漢方を利用するのと同時に、意識してこれらの食材を摂取すれば、相乗効果によってより早く白ニキビを改善することができるでしょう。

 

■皮膚の熱をさましやすくする食材

白菜、きゅうり、レタスなど・・・肌トラブルが起こりやすい人は、皮膚に熱が蓄積されやすい傾向があります。肌に熱が蓄積していると炎症をおこしやすい状態となるので肌の熱を下げるような食材を意識して摂取します。

 

■皮膚の抵抗力を高める食材

びわ、干しいちじくなど・・・皮膚の抵抗力をアップしておくことも白ニキビ予防に効果的です。びわや干しいちじくには皮膚の状態を良くして抵抗力にとんだ肌を作りだす効果があります。

 

■便通をよくし、肌のトラブルを改善する作用がある食材

アロエ・・・腸内に老廃物や便が蓄積している状態は、悪玉菌が増殖し有害な物質を多く排出することになり、ニキビをはじめとしてさまざまな肌トラブルを生みだす原因になります。アロエは腸内改善、肌トラブル予防に高い効果があります。アロエヨーグルトなど、アロエを簡単に摂取できるものもコンビニやスーパーなどで売られています。

 

■体の中の熱をさましながら、呼吸器の機能を整える食材

緑茶、びわの葉茶、菊花茶・・・体内の熱を効率よくさまし、呼吸器の機能を整えることで体に新鮮な酸素を取り込んだり体のめぐりを改善することができます。体のめぐりをよくすることで老廃物の排出、脂肪や皮脂の代謝がスムーズになりニキビを予防していくことができます。

 

3.即効性を求める場合は皮膚科を受診するのが一番

白ニキビを漢方で治したいのであれば、最も早くて効果的なのは皮膚科を受診して漢方薬を処方してもらうという方法です。

市販の漢方薬でも、処方箋薬の漢方でも、配合している成分はほとんど一緒ですが、市販薬は処方箋薬に比べると成分の含有量をかなり抑えて作られているものがほとんどです。

有効成分の含有量が少ないために期待する効果は比較的おだやかで、すぐに効果を感じることができないかもしれません。

もしも白ニキビを今すぐにでも改善したい、即効性を求めているという場合には、医療機関で処方してもらうのが最も効果のある方法だといえるでしょう。

 
 

白ニキビによく処方されているオススメの漢方薬5選

では、実際に白ニキビに対して頻繁に利用される漢方薬、白ニキビといったらコレ!という処方頻度が高い漢方をご紹介します。

自分の体内トラブルに合った漢方を選ぶことで、体内トラブルも白ニキビも解消してしまいましょう。

 

【血行を促進し白ニキビを改善】当帰芍薬散(トウキシャクヤクサン)

血行障害やうっ血など血液の不足を補うと同時に、血液の流れを良くするという働きがあります。

またその効果によって体を温める効果があるため、冷えを効率よく改善することができる漢方薬です。

冷えによって体のめぐりや代謝が悪くなると、ターンオーバーの乱れや肌乾燥から毛穴が詰まり白ニキビが増えてしまいます。

血行促進、代謝アップの効果によって、それらの原因による白ニキビを予防することができます。

婦人科系の病気に対して処方されることが多く、月経不順や月経痛、更年期障害などにも頻繁に用いられることで有名です。

痩せ形、体力がないなどいわゆる虚弱体質に良く見られる、頭痛、めまい、立ちくらみ、腰痛やしもやけなどにも優れた効果を発揮します。

 

【ホルモンバランスを整えて白ニキビを改善】桂枝茯苓丸(ケイシブクリョウガン)

女性ホルモンのバランスが崩れたり、ホルモン分泌の減少によるのぼせや肩こり、冷え性などによる新陳代謝不足、血行不良などを効率よく改善、体の熱と冷えのコントロールを適切に行うことができる体作りをサポートしてくれます。

女性ホルモンを調整するという役割があるため、ホルモンの影響による白ニキビなどの肌荒れを改善することができます。ホルモン分泌に大きく関係している生理前の白ニキビにも効果的な漢方です。

体はほてっているのに手足は冷たいなど、熱と冷えのコントロールが上手くいかない人や、ホルモンバランスが崩れている人にオススメです。

 

【生理前後に増える白ニキビに効果的】加味逍遥散(カミショウヨウサン)

生理前になるとイライラしてしまったり不安になったりと、ホルモンの影響によって精神的に不安定になったり、ストレスが溜まりやすい人に最適な漢方です。

生理前後の辛い症状、ホルモンバランスの乱れやストレスによってできる白ニキビに効果があります。

精神的ストレスが与える肌への影響は大きく、白ニキビなどの肌荒れの原因がストレスという場合も多いのが実情です。

精神神経症状に非常に効果があり、メンタル面でPMS(月経前症候群)が強く出てしまうという人に服用してほしい漢方です。

 

【繰り返す白ニキビを解消】十味敗毒湯(ジュウミハイドクトウ)

解毒や湿疹、じんましんの薬として江戸時代から用いられてきた漢方薬です。

血管を拡張し血行を促進することで、体に不必要な老廃物や毒素などをすみやかに体外へと排出することができる効果があります。

体内に蓄積する老廃物や不要物、余分な角質や皮脂が原因となる白ニキビには特に効果が高いといえます。

さらに白ニキビに対して有効な効能として、皮膚の炎症を抑え化膿を止める働きもあるので、白ニキビが悪化するのを予防することもできる漢方です。

「十」の文字が入ることからわかるように、ブクリョウ、キキョウ、センキュウ、サイコ、ボクソク、ボウフウ、ドクカツ、ショウキョウ、ケイガイ、カンゾウという十種類の薬草が入っています。

 

【乾燥肌を改善し白ニキビを予防】温清飲(ウンセイイン)

生薬である当帰や地黄、芍薬、黄連などを含んだ漢方で、月経不順や月経困難症、更年期障害など婦人科系の病気から、神経症や湿疹、肌の血色が悪い、ツヤがないといった肌トラブルにも効果があります。

アトピー性皮膚炎にも大変効果があるとして昨今注目されている漢方薬です。

アトピー肌への高い効果のわけは、血行促進効果が高いため体内からめぐりや流れをよくし、肌乾燥を予防できるという特徴があるからです。

この特徴からもわかるように、乾燥による白ニキビにたいしても優れた効果を発揮します。

しかし、胃腸の弱い人は服用の際に注意が必要です。

食感や空腹時に飲むことが効果的とされるため、著しく胃腸の状態が優れない人、食欲不振や嘔吐、悪心のある人には向かない漢方薬になります。

 

漢方薬の基本の飲み方

白ニキビに効果のある漢方をより優れた方法で服用することによって、白ニキビ改善もかなり期待することができます!

漢方薬の飲み方も含め、漢方薬を服用する時間帯やタイミングをしっかりと把握することで、体内への吸収率をあげ、より効果の出現も早くなります。

 

①食前または食間に服用する

漢方薬を服用する際は、食事をする30分前や食事をした2時間後など、食前・食間に服用するようにします。

空腹時に漢方薬を服用することでより体内への吸収率を高め、白ニキビに高い効果を発揮させることが期待できます。

胃の中に食べ物が入っておらず、胃腸が漢方薬の成分だけに集中して消化吸収することができるという状態が理想的です。

 

②水か白湯で飲む

漢方薬はとりわけ白湯との相性が抜群です。

食事の際に飲むお茶やジュースで飲むよりも、白湯で飲む方がずっと効果的なのです。

理由としてはお茶やジュース、牛乳に含まれる成分で漢方のせっかくの効果を打ち消してしまったり、吸収を阻害してしまうことがあるからです。

漢方薬を服用する際には、水または白湯で服用するようにし、服用前と服用後のしばらくの時間は、お茶やジュース、牛乳を飲まないように気をつけましょう。

 

漢方薬を飲む際に気をつけてほしいこと

初めて漢方薬を飲むという人は、アレルギーにも十分配慮しましょう。

含まれている成分にアレルゲンがないかどうかを確認すること、自分の持っているアレルギーについて処方してくれる医師や薬剤師に相談しておくようにしましょう。

また、副作用について十分に理解しているということも重要になります。

その漢方薬を服用するとどのような副作用が起こるのか、服用してみて副作用のような症状がないかなどを注意深く経過観察するようにしてください。

また、少しでもおかしいと思ったり、違和感を感じた際には皮膚科医や薬剤師に相談するようにしましょう。

 

●他の薬と漢方薬の兼用は控える

漢方薬は自然由来の成分でできている薬ですが、ほかの薬との兼用は基本的にはやめましょう。

特に自己判断で購入した市販の漢方薬を兼用をすることは危険です。

また、西洋薬との併用も危険が伴うので絶対にやってはいけません。

他の薬と兼用して良い場合は、医師や薬剤師からあわせて飲むようにと支持されたうえで処方されたものだけに留めましょう。

使用している漢方薬のほかにも兼用したい薬がある場合には、医師や薬剤師などの知識を持った専門家に相談してからにしましょう。

 

●副作用と好転反応を見極める

漢方を飲みはじめると副作用のような症状に悩まされる時期があります。

この一時的な不快症状は「瞑眩(めんげん)」と呼ばれる好転反応のことです。

漢方の世界では、好転反応の症状が出るのを機に体質が急速に改善していくと考えられているのが一般的です。

漢方によって体内のめぐりが急激に良くなることによって、今まで蓄積して滞っていたものが排出されるようになり、それに伴った様々な症状が出てしまうことで起こります。

急に大量の汗をかいたり、老廃物や不要物が肌から排出されるという場合には、白ニキビや吹き出物、湿疹などに見舞われることもあります。

尿の量が急に増加したリ、下痢をしたりという症状で排出が促されているという場合もあります。

これは、不必要で体に必要のない蓄積物が体内から排出しきった時点で、自然に症状もおさまるようになります。

しかし、こうした好転反応と副作用の見極めは非常に難しいといえます。

副作用の見分け方としては、例えば風邪をひいたので風邪薬を飲んで胃を悪くしてしまうというように、患部以外の部分が悪影響を受けるのが特徴です。

一方で好転反応は、患部に直接的に現れることが多いと言えます。

好転反応は出方や出る期間が人によって大きく異なりますが、誰にでも同じように出るわけではありません。

 

●自己判断での長期の服用は避ける

西洋薬に比べると漢方は確かに副作用の少ない薬ではありますが、長期的に服用することで思わぬ健康被害や副作用を生みだしてしまうということもあります。

特に心配なのは、漢方薬の長期使用で血管に弊害が生じるということです。

多い例としては、長期の服用で静脈硬化症や血管が原因となる病気、心筋梗塞や脳梗塞などを発症することもあります。

漢方はカラダに良いものだからと自己判断で長期にわったて服用したりせず、用法用量にしたがって適切に摂取することが望ましいです。

 

まとめ

古くから薬として重宝されてきた漢方は、正しい知識をもって賢く利用すれば効率よく白ニキビを改善していくことができます!

自分の体に合った漢方を利用することは、白ニキビ改善に対してとっても効果的なのです。

体の中から浄化し、体内をきれいにすると同時に、肌の美しさを実現することができる漢方薬。

効果効能、種類も豊富なので、あなたの体質に合った漢方薬を見つけて、体質を改善し、ニキビを作らせないカラダ作りをおこなっていきましょう♪♪

The following two tabs change content below.
シュクル

シュクル

健康的でスレンダーな大人の女性を目指して、太りにくい体質づくりを研究中。大好きなスイーツを食べるため、日々ダイエットに励んでいます!同じ30代の女性が抱える悩みを中心に、役立つコンテンツを発信していきます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする