頭皮のカビが原因かも?頭皮トラブル改善マニュアル

頭皮がやたらとかゆい、しっかりと洗っているつもりなのにフケが気になるという人は、もしかしたら頭皮のカビが原因でかゆみやフケといったトラブルを引き起こしている可能性があります。

もしも頭皮のかゆみや洗っても改善しないフケに悩んでいたら、頭皮のカビが原因であるかもしれないのでしっかりとカビを予防して、頭皮環境を整えていくケアをしていきましょう。

頭皮のかゆみやフケにご用心!原因はカビかも?

頭皮トラブルは人によってさまざまなものがありますが、そんな頭皮トラブルの中でも特に最近多くなっているのがカビによる頭皮のかゆみやフケです。

知らず知らずのうちに頭皮にカビが発生し、やがてその頭皮のカビはかゆみやフケにとどまらず、抜け毛にまで発展してしまうリスクもあるのです。

頭皮のかゆみやフケが気になりだしたらご用心、カビによる深刻な頭皮トラブルに見舞われる前にしっかりと自己症状をチェックし、改善策を講じていきましょう。

頭皮のトラブル!初期症状をチェック

まずはじめに、頭皮のトラブルがどのようなものなのか、初期症状を見極めてカビによるものなのかどうかを確認していきます。

頭皮トラブルの症状で少しでも気になる点がある人は要チェックです。

<頭皮トラブルチェック、こんな症状がある場合はカビが原因かも>

  • 最近になってフケが多くなった気がする、フケの量が多い
  • しっかりと洗っているのに頭皮のかゆみが酷い
  • 頭皮が非常に乾燥していたり、ガサガサゴワゴワした触り心地
  • 抜け毛が多くなってきた、髪の毛の抜ける量が気になり出した

実は頭皮にいる常在菌が原因かも?

頭皮は普段清潔な状態や健康な場合でも、常在菌が繁殖しているということをご存じでしょうか。

ごく普通の健康な頭皮の状態でも存在しているこの常在菌は、カビ菌の一種で、「癜風(でんぷう)菌」や「マラセチア菌」というものが代表的です。

そんな中でも、マラセチア菌が頭皮で必要以上に大繁殖してしまうと、頭皮の健康状態を損ない、かゆみやフケといったトラブルを引き起こしてしまうのです。

マラセチアが悪さをするのはなぜ?

本来であれば頭皮に悪影響を及ぼすような活動をしていないマラセチア菌が、どうして頭皮にかゆみやフケといったトラブルを引き起こしてしまうかというと、頭皮の環境を悪化させ大量のマラセチアが繁殖できてしまう様な環境を放置してしまうためです。

気が付かないうちに乱れている頭皮環境をそのままにしていることで、悪さをしてしまう、悪影響が出てしまうほどのマラセチアを繁殖させているということになります。

頭皮のカビが繁殖してしまうのはなぜ?

頭皮のカビが繁殖して頭皮環境を悪化させてしまう要因はいくつかあります。

それぞれの要因同士が絡み合い、頭皮のカビを繁殖させる環境を作りだしてしまうと、頭皮環境が急速に悪化し、カビが繁殖しやすい状態になってしまいます。

ここからは頭皮環境が乱れる原因、つまり頭皮のカビが大繁殖し頭皮トラブルを引き起こす原因をひとつひとつご紹介します。

頭皮の皮脂の過剰分泌

普段、頭皮に生息しているカビや常在菌は、分泌される皮脂を栄養源にして繁殖しています。

頭皮の状態が悪化し、皮脂を過剰に分泌するようになると、頭皮のカビのエネルギー源も大幅にアップするため、必然的に頭皮のカビも繁殖しやすいということにつながります。

頭皮が常にジメジメしてる

皮脂が過剰に分泌されるような頭皮の状態は、同時に頭皮が常にジメジメし、湿っているという、カビが大好きな環境だということができるでしょう。

頭皮が湿っている上に、体温である程度の温度もある、カビの繁殖に最も適した環境になってしまっているといえるのです。

シャンプーに問題あり

カビが繁殖しやすい頭皮環境を作りだしている要因には、シャンプーが関係しているというケースも少なくありません。

頭皮環境にマッチしていない、頭皮環境を著しく悪化させるようなシャンプーを使用することは、頭皮トラブルやカビの繁殖を手助けしてしまうことになります。

洗浄力が強すぎる

頭皮にダメージを与え、頭皮の状態を悪化させるシャンプーは、総じて洗浄力が強すぎて必要な皮脂や角質までごっそり落としてしまうという傾向があります。

あまりにも洗浄力が強いシャンプーを使うということは、汚れとともに必要なものまで頭皮から引き剥がしてしまうということを覚えておく必要があるでしょう。

▼頭皮にやさしいアミノ酸シャンプーについて詳しく解説しています。

アミノ酸シャンプーおすすめ人気ランキング17選!美髪になれるシャンプーを厳選
髪のダメージや頭皮の匂い、本当に気になりますよね。そのせいで人間関係も消極的になってしまったり・・・。 シャンプーにはたくさんの種類が...

シャンプーの仕方

頭皮のカビや皮脂、毛穴詰まりや汚れが気になるからといって、力任せにゴシゴシと洗ってしまうシャンプーの仕方もカビの発生を助長するといえます。

シャンプーであまりにも強くこすってしまったり頭皮を刺激してしまうと、乾燥が進み皮脂の過剰分泌につながり、やがてカビの好む環境につながっていってしまいます。

頭皮のカビ放っておくとどうなる?

頭皮のカビは放置してしまうと、さらに深刻な頭皮のトラブルや皮膚炎、病気へとつながっていきます。

頭皮環境を整えるとともに、頭皮のカビを予防する対策を取らなかった場合、どのような症状に悩むのかを見てみましょう。

脂漏性皮膚炎

頭皮で意志が過剰分泌されると、脂漏性皮膚炎(しろうせいひふえん)という症状を引き起こします。

皮脂が原因で毛穴が詰まったり皮膚の炎症がおこり、激しいかゆみや大量のフケが出るという症状があります。

薄毛のきっかけ

脂漏性皮膚炎は非常に頭皮がかゆくなるため、どうしても頭皮を掻きむしってしまいます。

掻きむしってしまうと、さらに角質肥厚が深刻化し皮膚が硬くなっていきます。この事によって抜け毛や薄毛など、髪の毛の生えにくい頭皮環境になってしまいます。

頭皮の臭いにも影響

頭皮トラブルは上記のような症状ではおさまらず、他人に迷惑をかける頭皮の臭いも発生させることになります。

頭皮に老廃物や古い角質が残り、毛穴が詰まって排出できないでいるのですから、頭皮から嫌なにおいを発生させてしまうのは当然の事といえるでしょう。

様々な頭皮トラブル

その他にもカビによる頭皮トラブルはさまざまなものがあります。

頭皮が常に気になることから大きなストレスがかかる、頭皮が気になり対人関係がうまくいかなくなったり、他人に迷惑をかけてしまうということもあります。

また衣類がフケや脂で汚れやすくなる、髪型がきまらない、治療にお金や手間暇がかかるなど、いろいろな事で悩んでしまうようになります。

カビの繁殖から頭皮を守るには?

では、カビが頭皮で繁殖してしまうのを予防するにはどうしたらよいのでしょうか。

カビを繁殖させないような頭皮環境を、どのようにして作りだしたらよいのかについて見ていきましょう。

頭皮環境を整える

まず基本的に最も重要な事といえば、やはり頭皮の環境を正常化し、健康な頭皮を作りだすということです。

頭皮環境が正常でしっかりとバリア機能が働き、免疫力がある場合には、頭皮に生息しているカビはさほど悪さをしませんし、大繁殖をするということもありません。

頭皮環境を整える、まずはこの事からしっかりとケアしていってみましょう。

効果的なシャンプーの仕方

頭皮に与える影響が大きいのは、毎日行うシャンプーです。

シャンプーの仕方を工夫して頭皮に優しいシャンプーを心がけることだけで、頭皮の環境は劇的に改善することができるといえます。

頭皮を刺激しないように優しく指の腹で洗う、力任せにゴシゴシと洗わない、この点を注意するだけでも、頭皮は今までよりもずっと健康的になるはずです。

低刺激シャンプー

シャンプーの特徴もしっかりと見極めて選んでみるようにしましょう。

頭皮に刺激になるような成分や、あまりにも洗浄力を重視している様なシャンプーをやめ、低刺激で頭皮に優しいシャンプーを選びましょう。

食事で頭皮の皮脂分泌をコントロール

普段の食生活が私たち人間の体を形成し、維持しているのと同じで、頭皮や髪の毛の状態も普段の食生活で形成され、その状態を維持しています。

食事内容によって、頭皮の状態も左右されるということになるのです。

まずは皮脂分泌を過剰にさせる油分の多い食生活を改めることから始めてみましょう。

さらに体のバランスを整える野菜や果物を多めに摂りいれる配慮も必要です。

食生活をバランスよく見直すことは、頭皮環境のバランスも見直すことにつながります。

睡眠をはじめとした規則正しい生活

規則正しい生活を心がけ、頭皮の新陳代謝のサイクルや髪の毛の生えるサイクルもしっかりと整えてあげるようにします。

こうした体のサイクルをしっかりと整えるために最も重要な事は、良質な睡眠を十分な時間確保することです。

睡眠を充実させることによって、次第に生活スタイルも規則正しいものに変化させることができます。

こうなると体全体のサイクルが正常化し、頭皮の新陳代謝も促進、頭皮が常に健康で若々しい状態に保たれるようになります。

治療必須!もしもカビが原因の頭皮トラブルだと思ったら…

頭皮のトラブルが頭皮のカビによるものであれば、セルフケアで完治させることは難しいといえます。

自分でのケアには限界がありますし、頭皮環境をより早く、早期にすみやかに整えるということが重要になってくるからです。

自己流のケアによっては頭皮の状態をより深刻化させ、治療をしても完治までに相当な時間がかかるという状態を作りだしてしまうというリスクもあります。

市販薬で治る?

市販されている抗真菌作用のあるシャンプーや塗り薬を使うという手段もありますが、医療機関で処方される薬などに比べると効果はあまり強いものではありません。

ごく初期であれば改善は可能かもしれませんが、やはりセルフケアで市販薬を使用して完治させる、その後頭皮のカビを再び大繁殖させないような頭皮環境を自分自身で作りだすということは難しいでしょう。

慢性化する前に皮膚科やクリニックへ

頭皮の異常なかゆみ、大量のフケや頭皮トラブルに見舞われた際には、まず深刻になってしまう前に皮膚科やクリニックに行って専門家の診断を仰ぎましょう。

放置していたり、自分でケアしているつもりでいるうちに症状が慢性化してしまうと、その後の治療が長引くだけでなく、完治する前に大変な苦労を強いられるようになってしまいます。

医療機関や皮膚科、クリニックで調べてもらえば、今ある頭皮のかゆみやフケといったトラブルが頭皮に生息しているカビによるものなのか、そうでないのかはっきりします。
セルフケアを選ぶのはそれからでも良いのではないでしょうか。

まとめ

頭皮トラブルは放っておくと、やがて抜け毛や薄毛の大きな要因になってしまうことは言うまでもありません。

たかが頭皮、命にかかわることではないと軽んじていると、日常生活に支障をきたすほどのかゆみに見舞われてどうしようもなくなったり、大量のフケで他人から嫌がられて仕事やプライベートでもうまくいかなくなってしまったり、頭皮が気になるがゆえに人生のたくさんのチャンスを棒に振ってしまうという結果につながることもあります。

頭皮トラブルがあらわれた際には、すぐに専門家の意見を聞き、頭皮環境を改善するような対策を講じ始めるようにしましょう。

そして頭皮トラブルが起こらないようにするためにも、普段からしっかりと頭皮に優しいケアをしたり、頭皮のことを考えた商品を選ぶようにすることも大切です。

頭皮は普段から十分に配慮することで、ある程度はさまざまなトラブルや病気、症状から自分自身の手で守ることができます。

トラブルを引き起こすような要因を避ける、頭皮に良い生活スタイルを心がける、そして頭皮に異常を感じたらすぐに改善するためのさまざまなアクションを起こすということを徹底し、いつまでも健康な頭皮、輝くような髪の毛の維持に努めていくようにしましょう。

The following two tabs change content below.
ミランダ

ミランダ

若い頃から敏感肌で太りやすい。最近は、老化との戦いに悪戦苦闘の三十路。品のある大人の女性を目指して日々模索中。女性がもっと輝けるようなコンテンツを発信していきます!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする