水洗顔でニキビが悪化?!肌質によって効果が全然ちがう【肌タイプ別 水洗顔の方法】

水洗顔でニキビが悪化?!肌質によって効果が全然ちがう【肌タイプ別 水洗顔の方法】

ニキビに効果があるとされるスキンケアは、昨今さまざまなものが紹介され、たくさんの種類のニキビケア商品が所狭しと店の棚に並べられているのを目にする機会が増えてきました。

さらにインターネットの通販サイトでも、ニキビケアに効果があるとして販売されているコスメは非常に多く、古くから利用されてきた成分のほかにも、独自の技術で開発された成分を配合しているというものも珍しくありません。

昨今ではニキビケアをするための器具を一緒に販売していたり、体の内側からサプリの力を使ってニキビをケアしていくということも当たり前のように行われています。

中には非常に高価な値段で販売されているものや、その逆にびっくりするような低価格で販売されているようなものまで、驚かされる商品ラインナップになっていく傾向が強く、いったいどれを選んだら良いのか迷ってしまう、本当にどんな商品がニキビに効果があるのかがわからなくなってしまうという人も少なくありません。

そんな中、最近になって注目されているのが、非常にシンプルなニキビケアの方法として取りだたされている「水洗顔」という方法です。

ニキビケアの方法として洗顔に重点を置いている人であれば、一度は耳にしたことがある「水洗顔」について、ニキビケアの効果があるのかどうか検証してみましょう!

 

肌への刺激を排除!ニキビに優しい水洗顔とは

まずは水洗顔というものがどのようなものなのかをご紹介していきます。

簡単に言えば、水洗顔というのは、洗顔フォームや石鹸などのコスメや洗浄剤を使用せずに、水やぬるま湯だけで洗顔をするということです。

洗顔フォームをはじめとして、洗顔後の化粧水に至るまで、肌に悪影響を与える合成界面活性剤が配合されている場合が多く、肌のバリア機能、保湿力などを失ってしまう要因となっています。

この合成界面活性剤の肌への浸透を防ぎ、肌に刺激の強いケアをやめる、シンプルにお湯や水のみで洗顔をし、その後も肌の力に任せて何もしないという方法が水洗顔の基本です。

今まで知らず知らずのうちに、肌のさまざまな機能を奪う洗顔やスキンケアをしてきたために、その結果としてニキビが治らなかったり、繰り返してしまっていたという状況を改善し、肌が本当に自分自身の力で美しく健康になろうとする働きを取り戻す洗顔方法です。

狂ってしまった肌本来の機能を、水洗顔で取り戻していく洗顔方法をご紹介しますので、ニキビに悩んでいる人はぜひ挑戦してみてください。

 

ただ水で洗うわけじゃない!水洗顔の基本のやり方

では早速水洗顔を行う手順や方法をご紹介していきます。

水と手だけというシンプルな素材しか必要としないものの、正しい知識を身につけ、正しい洗顔方法を実践した方がより効果的にニキビ改善に導いてくれます。

またニキビ以外の余計な肌トラブルを引き起こす要因を作りださないよう、これからご紹介するやり方をしっかりと守って水洗顔を行うようにしましょう。

 

①石鹸やハンドソープを使用して、手をしっかり洗う

まずは水洗顔をする前に、手をしっかりと洗い、手についているさまざまな雑菌やウイルス、ばい菌を肌に移すことのないようにしましょう。

水洗顔は、手の雑菌をキレイに落としてから洗わないと逆効果になってしまうこともあります。

水洗顔の前の手洗いは、殺菌成分の入っているもので手の隅々までしっかりと丁寧に洗うように心がけましょう。

 

②ぬるま湯で顔を洗う

水洗顔をする際は、手で顔をゴシゴシしてはいけません。

あくまでもぬるま湯を顔にかけるように意識して洗顔するようにしましょう。

水洗顔に使用するぬるま湯の温度は、約30℃から37℃ぐらいがベストでしょう。

このぬるま湯を、20回から30回ぐらい手を顔に触れないようにして顔にかけていきます。

 

③顔を軽く押さえるようにして水分を吸い取る

水洗顔が終わったら、清潔なタオルで顔の水分を吸い取りましょう。

さらに肌への負担をを軽減したいという人は、ガーゼを使って水分を吸い取るようにします。

顔の水分を取る際に、タオルやガーゼは肌を押さえるようにして拭きます。

肌をこすって拭き取るということのないようにしましょう。

 

④洗顔後の保湿はおこなわない

水洗顔後の保湿なども一切行わないようにします。

水洗顔で肌に必要のないものをシンプルに落とした後は、肌自身の力で保湿や収れんなどを行えるような力を呼び覚ますためです。

 

水洗顔のニキビへの効果

この非常にシンプルな水洗顔は、本来肌が持つ力を回復させるというスキンケアのため、肌への効果が現れるまで、ニキビなどの肌トラブルが減少してくるまでに2,3ヵ月かかることがほとんどです。

肌がターンオーバーを繰り返し、新しい肌細胞に生まれ変わる、衰えていた機能を回復して自分自身で何とか再生や修復ができるまで待つしかありません。

そのため、即効性は期待できないということを覚悟しておきましょう。

 

1.肌乾燥が改善し、過剰な皮脂分泌を防げる

水洗顔という洗顔方法は、ぬるま湯だけで顔を洗うため、洗浄力のある成分を使用しません。

一般的な洗顔方法だと落としすぎてしまったり、奪いすぎてしまう皮脂や肌の角質を残しておくことができます。

つまり、洗顔料で必要な皮脂を落としすぎない洗顔方法だから、肌はたくさんの皮脂を分泌する必要が無くなり、水分と油分のバランスが整ってきます。

その結果、肌乾燥が収まり、乾燥肌やインナードライの改善につながり、皮脂が詰まるのを予防してくれます。

 

2.炎症や赤みが収まる

水洗顔は洗顔料や化粧水などの刺激を排除することで、炎症や赤みを予防する、ニキビが改善するという効果があります。

確かにニキビケアコスメや、保湿剤、化粧水や美容液には肌に良いとされる美容成分が配合されています。

しかし、どんなに良い成分でも、コンディションを崩し、赤みや炎症のある肌にしてみれば、もともとは自分の肌には無かった異物と見なされてしまいます。

そうなると、更なる炎症を引き起こす要因となってしまい、ニキビやその他の肌トラブルを深刻化させてしまうことがあるのです。

水洗顔は、こうしたリスクを一切排除したスキンケア方法となり、肌に与える負担を一切排除する、わずかな刺激でも与えないという大きなメリットがあります。

 

3.肌本来が持つ「自然治癒力」がアップ

水洗顔の最終的な目的、最も大きな効果としてあげられるのが、肌自身が自然治癒力をアップさせるということです。

肌が自然治癒力を向上させることによって、肌荒れが起こりにくくなり、健康で強い丈夫な肌を作ることができます。

ニキビや吹き出物などに負けない肌環境を作ることができるのです。

 

水洗顔でニキビが悪化?!その原因は…

水洗顔を始めると、肌には一切負担をかけていないはずなのに、ニキビが悪化してしまうというケースが少なくありません。

しかし、これは肌が生まれ変わろうとしている現象であったり、水洗顔のやり方が誤っている場合、さらには肌質によっては洗顔後にケアが必要となるケースもあり、対応はさまざまです。

ここでは、水洗顔をしたらニキビが悪化してしまう理由と、それぞれの対策をご紹介していきます。

 

1.肌がリバウンド?!毒素を排泄する時にニキビが悪化

水洗顔を始めると「好転反応」という、これから今の状況を改善してより良い肌環境になろうとしている現象のために、ニキビが増えたり悪化したりしてしまうことがあります。

これがリバウンドと呼ばれるものです。

好転反応でニキビができるということは、肌が良い状態へと向かっているサインです。

今までのスキンケアで蓄積していた、肌内部の毒素や化学物質排出されるときに、肌表面からニキビが出現します。

肌が生まれ変わる時の反応ということです。

一時的にニキビが悪化した状態が訪れ、その後、不要物や毒素を排出し切ったら新しい肌へと生まれ変わるというサイクルになるわけです。

そのため、少しのあいだ辛抱して水洗顔を続けられるかどうかが、水洗顔でニキビを改善するために、とても肝心なポイントになります。

 

2.汚れや皮脂が落としきれていない

水洗顔のぬるま湯だけでは、完璧に汚れや皮脂を落としきれず、それらが蓄積して白ニキビの要因となってしまうという場合もあります。

必要以上に皮脂を落としすぎてしまうのも乾燥の原因ではありますが、不要な皮脂を残したままにしておくと、その皮脂がやがて毛穴の中で酸化して黒ニキビに発展する危険性もあります。

水洗顔をする際には、たっぷりのお湯で十分に洗い流すようにして、肌に汚れや余分な皮脂が残らないように気をつけましょう。

正しい水洗顔を実践しましょう。

 

3.肌が乾燥して「はたけ」が大量発生

今まで肌を甘やかしてきた人工的なスキンケアを控えるのが水洗顔ですが、肌質問わずほとんどの人は肌乾燥が進行して「はたけ」が大量発生します。

はたけは、角栓が肌から飛び出したもの(白いニョロニョロとした皮脂)で、見た目的にかなり肌が汚く見えてしまいます。

普段非常に乾燥した状態の肌の人は、水洗顔の後の保湿が不可欠な場合もあるということを覚えておきましょう。

 

自分の肌状態を見極めることが肝心!【肌タイプ別 水洗顔の方法】

上記のように、水洗顔によってニキビが悪化してしまうということもありますので、その肌の反応が好転反応なのか、それとも肌に合わずニキビが悪化しているのかということを知ることは非常に重要です。

水洗顔が自分に適している洗顔方法なのか、水洗顔が自分の肌質には合っていない洗顔方法なのか、自分の肌状態を見極めて判断する際の判断材料について解説していきます。

 

あなたの肌タイプはどれ?

まずは自分の肌がどのタイプなのかを、見極めるところから始めましょう。

自分の肌タイプを知ることで、水洗顔があっているのか、水洗顔後のケアが必要なのかを知る手掛かりになります。 

■ノーマル肌

普段から肌はしっとりしていてキメが整っています。カサつきも気にならず、乾燥しやすい季節でも口元やTゾーンなどの乾燥しやすい部分の潤いを維持できます。

■乾燥肌

常に目元や口元など皮脂分泌が少ない部分が乾燥していて、保湿をしても与えた潤いを維持することが難しい状態です。

■インナードライ(隠れ乾燥肌)

皮脂分泌が多く、メイク崩れなどが気になるわりには、ちりめんジワや小じわ、ほうれい線などが目立ちます。肌表面はテカテカしているのに肌にハリがありません。

■混合肌

鼻や額など毛穴の目立ちや皮脂分泌の多い部分はテカテカしているのに、口元や目元、頬などは乾燥しているという、部位によって肌の状態が異なります。

■オイリー肌

肌全体のテカリが気になり、ニキビや吹き出物に悩まされることが多いです。毛穴目立ちや化粧崩れが気になる肌です。

■敏感肌

極度の乾燥状態にあり、化粧品などは刺激になるため合わないことが多いです。ほんの少しの刺激でも赤くなったり炎症を起こしやすい、酷い場合には自分の髪の毛でも痒くなってしまう肌です。

 

【カンタン肌診断】肌タイプがわからない人はCheck!

肌のタイプがわからない人は、カンタン肌診断で肌タイプを調べてみましょう。

洗顔後の肌の状態で、自分の肌がどのタイプなのかを知ることができます。

スキンケアは、肌の状態から肌タイプを診断して選択すべきケア方法を決めると、より一層自分の肌に合ったケアをしていくことができるでしょう。

洗顔後、冬であれば5分ほど、夏なら10分ほど肌を洗ったままスキンケアを一切せず放置して、その状態から以下の項目で判断してみてください。

☑洗顔後に肌が乾燥する、つっぱる感じがするという場合⇒⇒⇒乾燥肌

☑頬はカサつくのに、Tゾーンはテカっている⇒⇒⇒混合肌

☑全体的に洗ったのにベタつく・・・オイリー肌(脂性肌)

☑とりわけ乾燥した感じもしないうえ、ベタつく感じもない⇒⇒⇒ノーマル肌

☑テカっているのにハリがない、目じりのシワやほうれい線が顕著⇒⇒⇒インナードライ

☑洗顔料やお湯がしみる、洗顔後の肌がヒリヒリする⇒⇒⇒敏感肌

 

【肌タイプ別 水洗顔の方法】

自分の肌タイプがわかったら、次は自分の肌タイプに合った水洗顔の方法を実践していきましょう。

肌質によって水洗顔に使用するぬるま湯の温度やすすぎ回数、水洗顔をする頻度などが異なってきます。

肌質に合わせた方法で適切に水洗顔ができるようにしましょう。

 

❐ノーマル肌

ノーマル肌の人は前述の基本の水洗顔の方法を行うようにします。

もともと肌質が安定していて、水分と油分のバランスも良いノーマル肌は、水洗顔によってさらに健康で美しい肌にしていくことができます。

 

❐乾燥肌

乾燥肌の人は皮脂を取り過ぎないよう、ぬるま湯の温度を30度ほどにします。

すすぎは30回ほどするようにしてください。

洗顔後の化粧水等のケアはせず、何もつけないようにします。

さらに水洗顔の頻度としては、毎朝と、夜は2、3日に一度水洗顔を取り入れるようにしましょう。

肌に赤みがある場合には、朝と夜の水洗顔を徹底し、どうしても乾燥が気になるという場合には洗顔後軽く保湿をしても良いでしょう。

❐インナードライ(隠れ乾燥肌)

インナードライ肌の人は朝の洗顔は水洗顔に徹底します。温度も低めで肌乾燥しないようにし、夜の洗顔については洗顔料を使用した洗顔という方法取りましょう。
   

❐混合肌

ベタつく部分と乾燥する部分が混在する混合肌は非常にケアが難しくなりますが、Tゾーンは洗顔料を使って洗顔し、乾燥するUゾーンは水洗顔をするようにしましょう。

ベタつく部分を中心にしてすすぎも30回ほど入念に行います。

洗顔後乾燥している部分が気になる場合、乾燥している場所だけを保湿しても良いでしょう。

❐オイリー肌(脂性肌)

オイリー肌は皮脂をしっかりと落とすことが重要です。

水洗顔だとニキビが悪化する可能性がありますので、洗顔料を使用した洗顔をした方が良いでしょう。

水洗顔でニキビが改善したオイリー肌の人が、ある日突然《脂漏性皮膚炎》になってしまったりする危険性もあるため、水洗顔は実践しない方が安全です。
  

❐敏感肌(極度の乾燥肌)

敏感肌の人は、低めの温度で水洗顔をして、お湯がしみるのを避けるようにします。

洗顔料等も肌に刺激となるので使用しません。

必要に応じて洗顔後の保湿ケアを行っても良いですが、市販の保湿剤は極力避けるようにし、皮膚科で処方してもらうことをおすすめします。

肌刺激を最低限に抑え、アレルギー症状などがある人は適切な処置をしましょう。

 

水洗顔はいつまで続ける?水洗顔のやめどき

水だけで洗顔し、さらに洗顔後もなにもケアしない水洗顔。

肌刺激ゼロ、肌負担ゼロのケアとなり、ある程度は肌の状態も回復したりはします。

しかし、効果が出るまでにはかなりの時間を要しますので、本当に水洗顔があっているかどうかの判断をしなければならない時がやがて来ます。

 

自分の肌状態を見極めて、普通の洗顔に戻すこと!

自分の肌がどのような状態であるか、それを見極め普通の洗顔にいつ戻していくかという、いわゆる水洗顔をやめるタイミングを見計らうのも非常に重要なことです。

水洗顔のやめどきを考えてみると、水洗顔は一般的に効果が出るまでにかなりの時間がかかり、肌状態も一旦悪くなる人がほとんどだということを覚悟して実践してください。

そして半年ほど水洗顔を徹底して継続しても、まだなお肌の状態が改善しない、もしくは悪化するようであれば、「自分の肌に水洗顔は合っていない」という判断をして、キッパリやめることをお勧めします。

水洗顔を行うには、3ヵ月~半年ほどの長期戦になるということを心しておきましょう。

 

洗顔料を使っても、肌に負担をかけない洗顔はできます!!

水洗顔が合っていない場合は、洗顔料を使ってしっかりと皮脂や汚れを落としてあげる必要があります。

たしかに水洗顔は肌刺激ゼロではありますが、洗顔料を使用しても肌に普段をかけずに洗うことができますので安心してください。

ニキビ肌でも刺激を受けずに洗顔する方法をご紹介しますので、水洗顔が合わなかった人、やめたい人はぜひ参考にしてみてください!

白ニキビがなくなった!!正しい洗顔方法とオススメの洗顔料9選
美肌の大敵ともいえる白ニキビは、大人も非常にできやすいニキビの1つであり、多くの人がしつこい白ニキビの出現に悩まされています。 白ニキ...

 

●泡立たないタイプの洗顔料を使う

洗顔料の中でも泡立たないタイプの洗顔料は、最も肌刺激が低い洗顔料だといえます。

洗浄力も強すぎないのでオススメです。

 

●洗顔フォームは「敏感肌用」や「低刺激」を選ぶ

洗顔フォームの洗浄力は幅広く設定されていて、さまざまなタイプがあります。

使用する場合には、必ず「敏感肌用」「低刺激」など肌に与える負担がなるべく低いものを使用しましょう。

「ニキビ肌用」のものは思春期ニキビ向きの商品が多く、殺菌成分や皮脂を落とす力が強いので避けましょう。

 

●泡で出てくるタイプのものは避ける

ポンプ式で手軽に利用でき、泡立てる手間も必要のない泡で出てくるタイプの洗顔料ですが、はじめから泡で出てくるこのタイプには、界面活性剤が非常に多く配合されています。

肌刺激が大きいので、ニキビ肌には禁物の洗顔料といえるでしょう。

 

●熱すぎるお湯、冷たすぎる水で洗顔しない

洗顔料を使用して洗顔する場合、ぬるま湯か常温で行います。

また洗顔にかける時間もあまり長くならないように心がけましょう。

 

ニキビ肌にやさしい♪低刺激な洗顔料

ニキビ肌にあった洗顔をするためには、低刺激な洗顔料を選んで使用することも大切です。

ニキビがある刺激に弱い肌でも安心して洗うことができる洗顔料を選ぶためには、いくつか押さえておくべきポイントがあります。

 

【低刺激洗顔料を選ぶときのポイント】
  • 界面活性剤を使用していないもの
  • パラベンフリーやアルコールフリー
  • 無香料無着色にこだわる
  • 潤い保持成分を配合しているものを選ぶ
  •  

    まとめ

    水洗顔は、肌への刺激や負担ゼロを実現できる、究極に肌の優しさを追求した洗顔方法になります。

    自分の肌質を見極めることができれば、正しい水洗顔の方法も実践することができ、より高い効果を得ることができるでしょう。

    水洗顔を徹底した先にある肌は、自分で油分と水分のバランスをキープし、高いバリア機能や免疫機能を備え、外部刺激やホルモンバランスにさえ影響を受けることがないような自活肌になります。

    しかし、そういった理想的な肌を手に入れるまでは、長期間に渡って水洗顔を行う必要がありますし、好転反応なのかそれとも水洗顔が自分の肌に合っていないのかを見極めるべき時期もあり、徹底して自分の肌に向き合っていく忍耐を必要とする場合もあります。

    今までのスキンケアでニキビが改善しなかった、ニキビという肌トラブルが解決できずにストレスとなっている人は、自分の肌にしっかりと向き合うためにも、一度水洗顔というスキンケアに挑戦してみてはいかがでしょうか。

    自分本来の肌質を知るよい機会にもなりますし、その後のスキンケアの方向性を理解することにもつながっていくでしょう。

    ▼合わせて読みたい!おすすめ記事

    《乾燥肌なのにニキビができる原因》カサカサ肌を洗顔から改善!大人ニキビを治そう!
    30代を過ぎる頃からニキビに悩む人が多くなる理由、それは年々低下する潤い保持力の影響で肌が乾燥してニキビが発生してしまうという負のサイクルに...
    ニキビの中にある白い塊の正体は?白い塊や芯があるニキビへの対処方法
    ニキビにもいろいろな状態や種類がありますが、そんなニキビの中でも特に気になるのが、ニキビの中に白い塊のようなものがあるニキビではないでしょう...
    口周りにできる頑固な白ニキビを撃退!原因は胃腸のトラブル?!
    口周りに白ニキビができているとメイク映えが悪く、不潔な印象を与えてしまいます。 この口周りにできる白ニキビは非常に頑固で、口周りや鼻の...
    The following two tabs change content below.
    シュクル

    シュクル

    健康的でスレンダーな大人の女性を目指して、太りにくい体質づくりを研究中。大好きなスイーツを食べるため、日々ダイエットに励んでいます!同じ30代の女性が抱える悩みを中心に、役立つコンテンツを発信していきます。

    シェアする

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    フォローする