白髪は遺伝って本当?白髪化の遺伝子と後天的遺伝に迫ってみました

髪の悩みの一つとしてたくさんの人が悩んでいるのが「白髪」ではないでしょうか。

白髪が生えていると、若い人でも老けて見られてしまうし、いずれにしても実年齢よりもだいぶ年上に見られてしまうことがほとんどです。

両親から染色体を受け継ぐことを遺伝といいますが、特に10代20代の若白髪の人は、両親のどちらかが白髪が多めだと、子である自分の白髪は遺伝のせいではないかと疑ってしまいますよね。

「白髪は遺伝」という言葉を聞いたことがあると思いますが、本当なのでしょうか。

このように、多くの人を悩ませている白髪ですが、昨今の研究でだいぶメカニズムが解明されてきているのも事実です。

実は遺伝的な白髪の発生においていえば、白髪が出るか出ないか、また白髪の出始める年齢が比較的早いか遅いかというような、白髪に関する遺伝子の配列というのは確かに先天的部分が多いといえるようです。

しかし、この白髪に関係してくる遺伝子配列の化学装飾は、子供自身の生活状況や取り巻く環境などによって、後天的に変わることがあるということもわかっています。

遺伝子レベルでの研究が進むにつれて解明されつつある白髪、今回は、その白髪について、遺伝との関係を深く掘り下げてみていくことにしましょう。

白髪が遺伝なのは本当!白髪になりやすい遺伝子の存在が明らかに

白髪が遺伝と言われるのには、医学的な根拠はないと言われてきましたが、ごく最近になって、白髪になりやすい遺伝子の存在が明らかになっています。

毛髪内の色素を作り出す遺伝子「IRF4」の白髪になる初期の段階における働きによって白髪になりやすいことが発見されました。

この「IRF4」が毛髪に色を付ける色素に深く関係し大きな影響を与えているという事が解明されたのです。

この研究をしたのはロンドン大学ユニバーシティカレッジのルイス・リナレス教授で、ネイチャーコミニュケーションズという科学誌にて論文を発表しています。

今後この「IRF4」という遺伝子が、髪の毛の色を決定するほかの遺伝子にどのように作用していくのか、毛包で髪の毛が成長するときに、どのような影響を与える事ができるのかということについて研究がなされていき、やがて白髪対策ができる薬やアイテムの開発が進むことが期待されます。

引用:白髪化促す遺伝子特定:AFPBB News

髪の色づけを妨げる遺伝子「IRF4」って?

IRF4という遺伝子は、毛母細胞中のメラニン色素に大きな影響を及ぼしています。

この影響とは、良い影響ではなく悪い影響の方であり、メラニンを発生しにくい状態にする働きがあるのです。

つまりIRF4という遺伝子は、メラニンの生成を阻害、髪を白くする働きを持っている遺伝子となります。

したがって、もともとこの遺伝子型を持つ人は、持っていない人に比べ早めに白髪になりやすい、若白髪になるリスクが高い傾向があるといえます。

参考:IRF4 – Wikipedia

病気ではなく、個性のひとつ

とはいえ、髪の毛が白髪になるならないというのは、どちらかというと体質に近いと言うことができ、病気というわけではありません。

背が高くなる、色が白くなる、運動神経が良くなる、誰でも苦手や得意、上手下手があるように、人それぞれ個性がありますが、髪の毛に関しては特に個人差が顕著に表れるといえます。

髪質ひとつとっても天然パーマの人もいればサラサラのストレートの人もいるし、髪が太い人もいれば細い人もおり、個人個人で差があります。

地毛の色も多様で、人種によっては金髪や栗毛、赤毛の人もいるし、アジア人でも真っ黒な人もいれば茶色がかった人もいます。

つまりその人のそれぞれの個性の一つが白髪という見方もできるのです。

実はすでに髪の太さや発毛、色などに関わっている遺伝子は解明されていて、人種によっても白髪の生え始める平均的な年齢から髪の質や色まで、ほとんどが遺伝であるといってよいというところまでわかってきています。

遺伝子検査でわかる?

将来どのくらい白髪になるかどうか、若白髪の可能性があるかどうかを、すべてはっきりと遺伝子検査で解明することはできません。

しかし遺伝子検査によって、将来なりやすい病気の特定、薄毛やハゲをはじめとする頭皮、髪の毛のトラブルの可能性、健康や美容についての項目は比較的明確にわかるようになっています。

IRF4の直接的な作用や影響は知ることができないにしても、その他の遺伝子の有無や影響を調べることによって、自分が遺伝的に白髪になりやすい体内環境にあるのかどうかを知ることはできます。

生活習慣が後天的遺伝に

先天的な遺伝で白髪になることに加え、その人の生活習慣が影響して後天的遺伝によって白髪になりやすくなってしまう場合もあります。

毎日の食生活や生活スタイル、行動や習慣によって形成されていくのが後天的遺伝です。

後天的遺伝情報「エピゲノム」について見ていってみましょう。

後天的遺伝「エピゲノム」とは

遺伝には2種類あり、先天的遺伝、つまり生まれたときに親や先祖から受け継いだものを「ジェネティクス」といいます。

一方、生きている間に変化する後天的遺伝を「エピジェネティクス」といい、それによって作られた遺伝子による遺伝をエピゲノムと呼びます。

ただ子孫へ遺伝子を伝えるという単純なものではなく、自分の経験や知識、環境などによって得たものや情報などを後世に伝えていく遺伝情報になるといっても良いでしょう。

参考:エピジェネティクス – Wikipedia

エピゲノムは白髪の原因となる生活習慣と関係がある

後天的遺伝であるエピゲノムは白髪に大きな影響を及ぼし、さらにそのエピゲノムが形成される要因としては、生活習慣が大きく関係しています。

祖先が更新したエピゲノムは、余分な食べ物は体内に蓄積するように作られています。

それによって引き起こされる生活習慣病は体内の各器官の働きを阻害し、白髪にも大きく影響を及ぼします。

かつては生き延びていくためのエピゲノムが、現代では白髪の大きな原因となる生活習慣病を引き起こす要因となっていることも確かです。

幼少時からの食生活

人間の先祖が氷河期を経験していることから、生きていくため、生存し続けるためにはエネルギーを体内に蓄積していくことが遺伝子の最優先課題となっています。

人間の身体は、再び氷河期のような食べ物が乏しい時期に利用するため余った栄養は蓄えられるようになっており、飽食であり余った食べ物が得られるようになった現代社会においてもなお、生活習慣病を引き起こす要因となってしまっています。

この事から考えると、普段からしっかりと栄養バランスの取れた食生活をしていくことが重要になります。

大人になってからではなく、幼少期からしっかりと考えられた食生活をすることが大切です。

子どもの頃から著しく偏った食生活や栄養不足に陥ってしまうと、その食生活がやがてエピゲノムに影響し、体の機能が不十分になったり不具合をおこしやすくなるのと同じように、白髪の発生を早めてしまうことになるのです。

紫外線

紫外線は正常な細胞に損傷を与えることがわかっています。

長期的に紫外線によって細胞に損傷を受けると、やがて正常な細胞が作りだせなくなり、その細胞で形成される器官や働き自体を失ってしまうことになります。

また紫外線によって正常な細胞が作りだせなくなるだけでなく、損傷を受けた細胞が変異を起こし、皮膚トラブルや癌など恐ろしい病気の原因になってしまうこともあります。

喫煙

血液中に多くの毒素が存在している状態が続くこともエピゲノムに大きな影響を与える事になります。

その代表格が喫煙だといえるでしょう。

タバコには多数の有毒物質が含まれていて、人体に多大なる悪影響を与えます。

喫煙することでこういった有毒物質が血液に乗って全身に流れ込み、病気を引き起こす原因となるのです。

ホップで活性化する遺伝子がある!?

白髪の発生に関わる遺伝子がある一方で、色素形成細胞であるメラノサイトを作る指令を出す遺伝子もあります。

その遺伝子とはMITF遺伝子というものですが、実はこの遺伝子の指令がないとメラノサイトはメラニンを作りだすという働きを行うことができません。

白髪になりやすい人は、このMITF遺伝子の働きが脆弱化しているという特徴があります。

そしてこのメラノサイト生成を指示するMITF遺伝子は、ビールの苦み、香りづけに利用されることで有名なホップによって活性化されることも解明されています。

参考:資生堂、「ホップ」に白髪化に関与する遺伝子の制御効果を発見

白髪を治す薬は将来に期待

さまざまな事柄が解明されると、自然に期待が高まるのが白髪を治す薬の開発です。

白髪を作りだす遺伝子やメラニンの生成を促す遺伝子に働きかける薬を作りだすことができれば、白髪に悩む人達にとっては一筋の光が見えてくるといっても良いでしょう。

薄毛や抜け毛対策の薬は今すでに段階的にではありますが、ある程度開発が進み、効果を感じる人も多くなってきています。

それと同じように将来的に白髪を予防したり、白髪を黒髪に戻すことができる薬の開発が始まって、白髪という問題もいつかは解決することができるようになるかもしれません。

白髪のメカニズムは2009年に解明されたばかり

とはいえ、白髪のメカニズムが解明されたのはごく最近である2009年です。

一体どうして白髪になってしまうのかという研究、さらに白髪に関わる遺伝子の解明はまだまだ始まったばかり、これからの研究開発に期待が高まります。

薬の開発、実用化には10年以上かかる

実際に白髪の薬の開発が進み、一般の人が利用することができるようになるまでは、あと10年の歳月がかかるといわれています。

ただ、これから遺伝子研究のスピードがアップし、よりスムーズに効率よく遺伝子レベルでの白髪研究が進めば、もっと早期に白髪に対する何らかの薬を利用できる日が来る可能性もあります。

若白髪ほど効果アリ!白髪改善のためにできること

エピゲノムによる後天的遺伝の存在を知ると、遺伝だから仕方がない、絶対に治らないと諦めてばかりではいられません。

また、白髪の薬がないからといって、白髪予防、白髪改善のための対策法が何もないわけではありません。

白髪がどのくらい改善できるかは、日ごろの生活スタイルに左右されると言っても過言ではありません。

若くして白髪になってしまう若白髪に特に効果があり、加齢による白髪改善にもしっかりとつなげることができる方法ですから、ぜひ自分の日々の生活を見直して白髪の改善策にチャレンジしてみましょう。

若白髪って染めるのがいい?!頑張らずに白髪が気にならなくなる3つの方法
10代~20代の男女でも、若白髪に悩む人、多いですよね。特に頭頂部の白髪は目立って仕方がありません。 白髪は加齢とともに出来てしまう厄...

食生活の見直し

まず第一に白髪を改善するためには、日ごろの食生活について見直してみましょう。

外食が多く、塩分や糖分、アルコールを過剰摂取していませんか。

外食は鉄分が不足しがちになり、体に十分な酸素が送られないことから貧血になりがち。鉄分鉄欠乏性貧血になると、白髪などの髪のトラブルを招いてしまいます。

きちんとした食生活を送れるよう、摂取量が不足している栄養素に目を向け、全体の栄養バランスを見直すところから始めましょう。

さらに白髪に効く栄養素を含む食べ物を意識して摂取するようにすると、さらに白髪予防、白髪改善にもつながっていきます。

白髪に効く食べ物を普段から多く食べるようにして、食事から白髪を改善していきましょう。

栄養不足が白髪をまねくってホント?毎日の食事で白髪対策
年齢を重ねるとともにちらほらと生えてくる白髪。 黒髪のほうが多く、まだ白髪染めを使うまでには至らなくても、実年齢より老けた印象をもたら...

【白髪に効く栄養素、その栄養素を含む食べ物】

たんぱく質

髪の毛を構成する要素の80%はたんぱく質。

良質なたんぱく質をしっかりと摂取することは、髪の毛を構成する要素を十分に摂るということになります。

たんぱく質を多く含んでいる食べ物は、肉や魚、卵、牛乳、大豆などになります。

ビタミン類

ビタミン類をバランスよく摂取することも忘れてはいけません。

ビタミンには体内のさまざまな機能を維持したり、ホルモンバランスの調整、新しい細胞の生成から代謝など多くの役割を担っています。

髪の毛においても、若々しく健康な状態を維持するために必要不可欠なのがビタミンとなります。

①ビタミンE

強力な抗酸化作用があり、若返りのビタミンともいわれています。

白髪を予防し黒髪を維持するためにもビタミンEを摂取して、体の内側から若々しさを表現していきましょう。

ビタミンEはウナギやアーモンドなどに多く含まれています。

参考:ビタミンE – Wikipedia

②ビタミンC

たんぱく質の代謝やコラーゲンなどの生成、細胞同士の結びつきに深くかかわっているのがビタミンCです。

ビタミンCがなければ健康的な体だけでなく髪の毛を維持することも難しくなります。

ビタミンCが多く含まれているのは、ブロッコリーやピーマン、フルーツ類になります。

参考:ビタミンC – Wikipedia

③ビタミンB群

ビタミンB群は、それぞれが髪の毛や頭皮の健康維持や、メラニン生成にも深く関係しています。

ビタミンB群の種類はいくつかありますが、それぞれのビタミンBをバランスよく摂取できるように配慮しましょう。

ビタミンB群を摂るなら、レバー、ウナギ、バナナ、レバー、アサリ、アボカド、サーモンなどを意識して食べるようにしましょう。

参考:ビタミンB群 – Wikipedia

④ミネラル

ミネラルも髪の毛を構成するたんぱく質の合成や頭皮の健康維持、メラニンの生成などに深くかかわっています。

以下のような食材を摂取してミネラルもバランスよく摂取できるようにすると、さらに白髪予防に効果があります。

  • 鉛・・・牡蠣、ホタテ、納豆、豚レバー
  • カルシウム・・・小魚、乳製品、海藻類
  • 亜鉛・・・肉類、ゴマ、卵、納豆、牡蠣
  • 銅・・・アーモンド、甲殻類、納豆、牡蠣

参考:ミネラル – Wikipedia

チロシン

アミノ酸であるチロシンは、メラニン色素の材料になるため、髪にとって大切な栄養素です。チーズなどの乳製品、納豆などの大豆製品、りんごやバナナといった果物にも含まれています。

参考:チロシン – Wikipedia

良質な油

オリーブオイルやえごま油などの良質な油にも、白髪改善の成分が入っています。

抗酸化作用や動脈硬化予防効果があるオレイン酸やαリノレン酸などの体内合成できない成分を摂取できるメリットがあります。

十分な睡眠

十分な睡眠は成長ホルモンをはじめとする様々なホルモン分泌に欠かすことが出来ません。

寝ている間には、頭皮や髪の毛の育成や維持に必要不可欠なホルモンが多く分泌されています。

良質な睡眠を十分な時間確保することができず睡眠不足になると、こうした髪の毛に深くかかわるホルモンの分泌量が不十分になり、色素細胞を生み出す幹細胞が修復できず機能低下し、白髪の発生を助長してしまう結果を招きます。

十分に回復するためには、睡眠時間は7時間は必要です。

また、スマホやPCから発するブルーライトが入眠を妨げてしまいます。就寝1時間前にはやめるようにしましょう。

ストレスの改善

白髪はストレスの影響とも深くかかわっています。

ストレスが多い人ほど白髪が出る確率が高く、特に若白髪においてはその傾向が顕著です。

若白髪についていえば、もちろん遺伝が最も大きな原因となっていますが、それに次ぐ大きな白髪の原因がストレスともいわれているのです。

ストレスは頭皮の血の巡りを悪くしてしまい、白髪が生えがちになってしまうのです。

黒々として若々しい艶髪を維持したいのであれば、日常生活で適度に運動するなど、仕事などでストレスが蓄積しないように気をつけ、ストレスを日常的に上手く発散することができるように工夫してみましょう。

ストレスの原因が解消したら途中から再び黒い髪が伸びてくるなど、一時的な白髪である場合もあります。

頭皮ケア

頭皮を常にケアしていくことも、白髪の予防対策には大きな効果があります。

頭皮ケアの方法は、配慮していくだけで行うことができる簡単にできるものから、しっかりと時間と手間をかけていくものまでさまざまです。

自分の生活の一部に頭皮ケアを見込んでいくことができるよう、自分なりに行いやすい方法を模索して、少しでも頭皮や髪の毛の健康状態向上に努めてみましょう。

頭皮のUVケア

紫外線は肌だけでなく、頭皮にも深刻なダメージを与える要因となります。

頭皮が紫外線にさらされると、肌同様に乾燥した状態をもたらすことになります。

頭皮が乾燥すると外部刺激に弱くなり、頭皮の新陳代謝も低下してしまい、頭皮が健康を損なってしまうことになります。

そもそも髪の毛を生やすおおもとである頭皮が健康を損なっていては、健康で丈夫な髪の毛を生やすことが出来ません。

頭皮の健康は、直接髪の毛の生え方や髪の毛の状態を反映してしまいますから、帽子をかぶるなどの紫外線対策を行い健康な頭皮の維持に努めるようにしましょう。

頭皮マッサージ、保湿

頭皮マッサージや頭皮の保湿は、頭皮の血行を促進し、頭皮の健康アップにつながります。

頭皮マッサージによって血流が改善し、頭皮や毛根に必要な血液が十分に運ばれると、機能や働きが促進されていきますし、保湿することによって頭皮の健康状態が改善されるため、外部刺激に強く、代謝力のある頭皮にすることができます。

健康な髪の毛を生やすための頭皮状態の実現に有効なのが、頭皮マッサージや頭皮の保湿です。

マッサージの際は、生え際から頭のてっぺんまで、頭皮を傷めないように指の腹を使って行ってください。

時々はヘッドスパでリラックスしながら、プロに頭皮の状態をみてみらうのもおすすめです。

染めるなら刺激の少ないヘアカラートリートメントがおすすめ

白髪染めなどのカラーリングに使う製品にも配慮が必要です。

なぜなら、市販の白髪染めヘアカラーは、薬剤の力でよく染まる反面、アレルギー症状を発症する可能性があるのでむやみに使うと余計に白髪の量を増やしてしまうからです。

その中で、遺伝による白髪を染める場合に利用したいのが、頭皮や髪の毛への刺激やダメージが少ないヘアカラートリートメントです。

染まりは緩やかですが、自宅でトリートメント感覚で頻繁に使えるため、生え際の白髪が気になることもありません。

利尻ヘアカラートリートメント、ルプルプヘアカラートリートメントなどが人気の商品です。

白髪を増やさないために髪や頭皮のことをしっかりと考えて髪を染めることが、ヘアケアにとって重要であると言えます。

まとめ

白髪は遺伝も深く関係していることは確かですが、それ以外にも後天的遺伝という自分の生活スタイルや育ってきた環境、行動や習慣も白髪出現に深くかかわっています。

現在では白髪を完全に予防したり、劇的に改善することができる薬が開発されているわけではありませんが、遺伝子が解明されて白髪のメカニズムがわかりつつあり、将来的に白髪の悩みは今よりもずっと軽減され少なくなることは確かです。

今のところは白髪改善のためにできることは限られていますが、上記に挙げた方法を参考にし、自分の白髪の悩みを解消するために今できる改善法を行っていきましょう。

白髪予防のために自分の生活習慣、食べ物などを見直し、睡眠やストレスなどに配慮した生活をしていきましょう。

▼合わせて読みたい!おすすめ記事

白髪が同じ場所に生えるのにはワケがある!白髪からわかるカラダの不調
1本、2本と出始めた白髪を見つけてがっかりし、その後、白髪がどんどん増えていくと、自分も年を重ねてきたのだと改めて認識し、白髪を発見するたび...
【試す価値アリ】白髪の治し方 ~将来の黒髪のために~
数本の白髪を初めて見つけたときに始まり、年齢とともに増加してくる白髪を年だから仕方がないとあきらめていませんか。 反対に、若白髪に悩む...
白髪染めは安全を最優先!髪や頭皮にダメージが少ない使い方と選び方【おすすめ3選】
今では豊富なラインナップがある白髪染め。美容院で染めている人にとっても、安全性があるのかどうか、気になるポイントですよね。 今回は、白...
The following two tabs change content below.
吉川みさと

吉川みさと

目立ち始めた白髪となかなか落ちない体重に、体の曲がり角を痛感しているアラフォー。お手入れがモノを言う年代ならではの視点で、若さを保つコンテンツをたくさんご紹介していきます♪

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする