妊娠中のヘアカラーは我慢?!ひどいプリンを綺麗にする5つのアドバイス

妊娠中は大切なお腹の赤ちゃんのことを考えると、普段普通にできていたことでも「大丈夫かな?」と一旦立ち止まって考えてしまう人も多いのではないでしょうか。

ヘアカラーもその一つ。妊娠中に髪の毛がプリン状態になってしまい、美容院でヘアカラーをしたいと思う反面、赤ちゃんへの影響が心配でなかなか美容院に足が向かないという人もいるでしょう。

しかし出産後は授乳も控えているため、さらにヘアカラーをすることは難しくなってしまいます。

そこで、妊娠中でひどいプリン髪に悩んでいる人のために、髪を綺麗な状態に戻すための方法をご紹介します。

妊娠中にヘアカラーやパーマはやめておいた方がいい?!

まずは妊娠中のヘアカラーやパーマの利用について考えてみましょう。

多くの妊婦さんは、妊娠中のヘアカラーやパーマについて疑問や不安を持っていますが、妊娠中にはやはり胎児のことを考え、こういったヘアアイテムを使わない方がよいのでしょうか。

まずは妊娠中のヘアカラーやパーマが、お腹の大切な赤ちゃんに何らかの影響を与えるのかについて詳しく見てみましょう。

胎児への影響はない!?

現時点までの段階や調査、研究などで、妊娠中のヘアカラーが胎児に何らかの悪影響を与え、生まれてくる赤ちゃんに障害をもたらしたという研究結果は報告されていません。

つまり妊娠中のヘアカラーについては、今のところ胎児の健全な成長や形成において、悪影響を及ぼすという医学的根拠はないといえるでしょう。

しかしながら、妊娠中は平常時とは体内の状態も精神面も全く異なる状態だといえます。

特にホルモンバランスや体への負担によって、体調を崩したり肌が敏感になる、乾燥しがちになるという状態もしばしばです。

自分の体調がすぐれなあいときや肌の状態がイマイチというときには、妊娠中のヘアカラーは絶対に避けたほうが良いといえるでしょう。

またヘアカラーはなるべく刺激の少ない薬剤を使用すること、異変や違和感を感じたらすぐに中止することが大切です。

経皮吸収って何?皮膚から吸収されるってホント?

妊娠中のお腹の赤ちゃんにヘアカラーの影響が出るという場合、経皮吸収される可能性がある成分が問題となります。

経皮吸収とは、有害成分や有毒成分が肌や頭皮を通過して体内に侵入してしまう状態です。

本来であれば、肌のバリア機能などで体に害のある成分は浸透できないようになっていますが、妊娠中のバリア機能が低下しているときには、経皮吸収が起こりやすく、自身の体や胎児に有害となる成分も入り込みやすくなります。

界面活性剤自体は悪者ではない?!

よく界面活性剤が良くないという話を耳にしますが、実は界面活性剤自体は体に悪影響を及ぼすような悪者ではありません。

界面活性剤は皮膚のバリア機能を弱めるはたらきがあるだけのことで、有害物質や有毒物質というわけではないのです。

しかしヘアカラーやパーマの薬剤に含まれる界面活性剤の作用によって、頭皮のバリア機能や防御力がダウンしてしまうと、有害な化学物質などが経皮吸収されやすい状態となります。

薬用成分や美容成分が経皮吸収されるのは良いことですが、有害物質や体に害を与える化学物質が経皮吸収され、妊娠中の体内に入り込んでしまうのは避けるべきだといえるでしょう。

ヘアカラーのオススメの時期は安定期

妊娠中にヘアカラーをするとしたら、一体いつ頃がベストなタイミングなのでしょうか。

最もおすすめのタイミングとしては、やはり安定期に入ってからとなるでしょう。

ヘアカラーをしてもあまり胎児に影響を与えない、また体のさまざまな機能やバランスが維持されていて、頭皮などのバリア機能もしっかりとしている時期は、妊娠中で言えば安定期となります。

ヘアカラーをするのであれば、妊娠初期、後期は避け、安定期に入ってしばらく様子を見て、体やお腹の赤ちゃんの状態が落ち着いている時期にしましょう。

頭皮が敏感になる可能性がある

妊婦さんは、ママになる準備のために女性ホルモンの分泌が普段とは異なっています。

妊娠中はホルモンバランスが崩れやすくなり、平常時のホルモンバランスとは全く違う状態のため、体調を崩しやすくなったり、敏感肌になったりすることも多いものです。

これは肌だけでなく頭皮も同じこと。ホルモンバランス乱れや影響で、頭皮が非常に敏感になっている可能性があります。

この状態の時にヘアカラーやパーマをすると、かなり頭皮にダメージを与えてトラブルになる可能性があるので十分に注意しましょう。 

においに敏感になっていて辛いかも

妊娠中は安定期であってもつわりが残っているという人も多く、においに敏感になっている時期です。

ヘアカラーやパーマの独特のにおい、刺激臭で気分が悪くなってしまうという事も多々あります。

においに敏感になっていると感じたら、ヘアカラーやパーマは控えておいたほうが良いでしょう。

市販のカラーリング剤でセルフはNG!美容院で染めてもらう

妊娠中のヘアカラーは、市販のカラーリング剤を購入して自分で染めるのは絶対にやめましょう。

市販のヘアカラーには、染めや発色をよくするために多くの有害物質、化学成分、有毒物質が染毛料として配合されています。

普段は大丈夫でも、妊娠中は大切なお腹の中の赤ちゃんに害を与えてしまうものも入っているのです。

妊娠中のヘアカラーは、髪質や状態に合わせてカラーリング剤を調合してくれる美容院で染めてもらうようにしてください。

妊娠中の白髪ならヘアカラートリートメント

白髪染めもかなり強力な成分が配合しているため、妊娠中に白髪を染めたいのであればヘアカラートリートメントを使用することをおススメします。

ヘアカラートリートメントなら、自然由来の頭皮や体に優しい成分で、自分の頭皮や髪の毛だけでなく胎児にも優しい白髪染めをすることができるでしょう。

妊娠中に美容院に行くときの5つのアドバイス

妊娠中に美容院でヘアカラーをするときにはどういった事に注意したらよいのかを考えてみましょう。

お腹の赤ちゃんのことを考えると、体にも頭皮や髪の毛にも影響が少ないように工夫する必要があります。

妊娠中にヘアカラーのために美容院に行きたい場合は、体や赤ちゃんに負担の少ないヘアカラーを実現しましょう。

予約時に妊娠中と伝える

美容院には、必ず予約を入れてから行くようにします。予約を入れる際にも、「妊娠中です」とはっきりと伝えましょう。

予約時に妊娠中だという事を伝えると、待ち時間を短くするように配慮してくれる美容室もあります。

美容室によっては妊娠中という事で、手早く終わらせるために数人で担当してくれるというケースもありますので、予約の際には必ず妊娠していることを伝えましょう。 

なるべく同じ体勢にならないようにする

妊娠中は長時間同じ姿勢でいるのもあまり良くありません。

長い時間同じ体勢でいると、腰が痛くなって腰痛の原因を作り出してしまいますし、お腹が張ってくるという場合も良くあります。

ヘアカラーは比較的長時間同じ体勢でいることを余儀なくされます。シャンプーをする際のシャンプー台での仰向けの姿勢もつらいはずです。

ときどき体勢を変えたり、体の位置を変更してもらえるように申し出るようにしましょう。

美容院メニューは体調と相談する

美容院にはそれぞれ独自のメニューがあり、そのメニューに従ってヘアアレンジをしていくことが多いでしょう。

しかし妊娠中でつわりがひどいという時期などは、全てのメニューをこなすことが難しいという場合もあります。

体調が芳しくない、つわりがひどいという時期は、美容室のメニュー内容を変更してもらうようにお願いしたり、内容をショートカットできないか相談してみるようにしましょう。

トイレは我慢しない

妊婦さんが美容院に行って困ることの一つに、トイレの問題があります。

妊娠中は大きくなっていく子宮に膀胱が圧迫されるため、トイレが近くなります。

お腹の赤ちゃんが大きくなればなるほどトイレが近くなるという傾向があり、妊娠中は平常時ではあり得ないほどトイレに通うという人も少なくありません。

美容室でヘアカラーをするとなると、かなり長い時間トイレに行くことができない状態になりますが、このトイレを我慢してはいけません。

美容院で施術中にトイレに行きたいと言い出すことは、難しいかもしれません。また、どのタイミングでトイレに行きたいと言い出すかという点も悩んでしまうことでしょう。

しかし、赤ちゃんへの影響、体への負担を考えると、やはりトイレは我慢すべきではありません。

予約時に妊娠中だという事を伝えておくことで、施術の最中にトイレに行くことを促してくれる美容室もあります。

体調不良のときは予約を変更する

美容院の予約を取ったけれど、当日になって体調不良になってしまった場合には、遠慮なく予約を取り消したり変更したりしましょう。

妊娠中は自分でも信じられないくらい体調が目まぐるしく変化します。自分の体でも体調の変化を予測できないという事も多いものです。

妊娠中は自分の体と赤ちゃんのことを第一に考えるようにしましょう。

出産後のことも考えてヘアデザインする

美容院に行ったら、ヘアスタイルは出産後のことも考えたほうが無難です。出産後は妊娠中よりもさらに美容院へは行きにくくなるからです。

出産後もスタイルキープが容易なヘアスタイルにする、まとめやすく手入れがあまり必要な髪型にするなどの工夫が必要です。

また、ヘアカラーなどについても、担当してくれた美容師さんに出産後しばらく美容院に来れなくても困らないようなヘアデザインを相談してみましょう。

オススメのヘアスタイルはショートボブ

妊娠中、そして出産後のことも考えると、おすすめのヘアスタイルとしてはショートボブが理想だといえます。

中途半端な長さにしてしまうと、いざ出産というときに邪魔になってしまいますし、あまり短すぎてもまとめにくく、ハネや広がりに悩むことになります。

長すぎず短すぎず、それでいてまとめやすく長期間スタイルキープが容易、それがショートボブのメリットです。

縮毛矯正は身体の負担が大きい

妊娠中は体に負担の大きい施術はなるべく避けるようにします。

特に縮毛矯正のように、パーマをするよりも長い時間を要する施術は控えましょう。

縮毛矯正のように3時間はかかるという内容は、長時間同じ体勢、化学成分にさらされる時間が長い、キツイにおいや体への負担が大きいため、赤ちゃんへの影響もないとは限らないからです。 

ヘアカラーは染め直さなくてもいい色にしよう

ヘアカラーをする場合には、あまり明るい色を選ばない方がいいでしょう。

明るい髪色にカラーリングしてしまうと、その後生えてきた根元の髪の毛の黒い色との差が目立ちます。

ヘアカラーをするなら、染め直さなくてもあまり根元の黒色が目立たない、もとの髪の毛との差がない色を選ぶようにします。

明るめの色にしないこと、さらにアッシュ系のカラーリングなどもおススメです。 

妊婦でもヘアスタイルを楽しもう

妊娠中にヘアカラーをすることで胎児に明確な障害が出るという研究結果は報告されておらず、体調がよければヘアカラーも問題ないとされています。

妊婦さんでもおしゃれやヘアスタイルを楽しむことは十分でき、いくつかの注意点にしっかりと配慮することで、女性としてきれいになる喜びを味わうことができるのです。

むしろ美容院に行ってきれいになりたい、素敵でいたいという気持ちを抑えて、ストレスを感じてしまうほうがずっと赤ちゃんにも悪影響を与えるでしょう。

自分の体調や赤ちゃんへの安全性に配慮を忘れなければ、妊娠中であってもヘアスタイルやヘアアレンジを楽しむことはできるのです。

美容院に行くときには予約を必ず取り、妊娠中であることを伝えること、さらにトイレに我慢せずに行くこと、長時間同じ体勢を避けることなど、お腹の赤ちゃんへの配慮をしっかりとしながら女性としての美を追求するようにしましょう。

まとめ

妊娠中は自分の体と赤ちゃんへの影響をしっかりと考慮すれば、ヘアカラーを無理に我慢することはありません。

ひどいプリンで恥ずかしい思いをする、髪の毛がプリン状態で気持ちも落ち込んでしまうという人は、ご紹介した妊娠中に美容院に通うアドバイスを参考にして、妊婦さんでもヘアアレンジやカラーリングを楽しんでみましょう。

▼よく一緒に読まれている記事は?

妊娠中に安心して白髪を染めるには?白髪NGの悩める妊婦さんに教えます
妊娠中のヘアカラーは、どちらかというとタブーとされている中、正しい使い方や安全性の高い無添加のカラー剤であれば、妊娠中でも使用がOK! ...
白髪染めは安全を最優先!髪や頭皮にダメージが少ない使い方と選び方【おすすめ3選】
今では豊富なラインナップがある白髪染め。美容院で染めている人にとっても、安全性があるのかどうか、気になるポイントですよね。 今回は、白...
妊娠中のシャンプーは気をつけるべき?つわり対策だけじゃないシャンプーの選び方
妊娠中は色々なことが気になる時期ですが、シャンプーさえも辛いほどのつわりを経験している人もいることでしょう。 妊娠中のつわりは人それぞ...
The following two tabs change content below.
吉川みさと

吉川みさと

目立ち始めた白髪となかなか落ちない体重に、体の曲がり角を痛感しているアラフォー。お手入れがモノを言う年代ならではの視点で、若さを保つコンテンツをたくさんご紹介していきます♪

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする