こめかみに白髪が…ストレスのせい!?原因からメカニズムを知って若白髪にサヨナラ

白髪が生えやすく目立つ場所といえば頭頂部とこめかみ。こめかみの白髪は自分で見える場所にあることからかなり気になってしまう上、他人から見てもとても目につく場所の白髪となります。

こめかみだけになぜか白髪が出てきて困っているとき、いったいその白髪に対してどのような方法で対処したらよいのでしょうか。

こめかみに生えてきた白髪の対処法、改善方法からトリートメントを利用したこめかみの白髪ケアまで徹底的にご紹介します。

こめかみってどんなとこ?あまり知られてない事実とは…

まずは普段あまり気にすることのないこめかみについてご紹介します。こめかみは頭部の部位の中でもかなり重要な部分となり、さまざまな機能や神経が集中している場所です。

こめかみの場所

まずはこめかみとはどの部分のことを指しているのかについてご紹介します。

こめかみとは、頭の両側、側頭部の目じりの先の部分、目と両耳の付け根から見て、ほぼ中心に位置している部分のことを指すことがほとんどです。

皮膚のすぐ下に頭蓋骨があり、あごの動きに連動して動くという特徴があります。

名前の由来

こめかみという名前の由来は、口の中に入った食べ物を噛むときに同時に動くことから「米噛み」と表現されていたことからきています。

米以外の食べ物を食べている時にも動いていますが、日本人の主食が米であり、さらにかつて硬い生米を食べていたということもあり、よく噛み砕く必要があったことからこめかみと呼ばれるようになったとされています。

たくさんの神経細胞の通り道だった!

頭部に位置するうえ、目や耳など主要な器官が非常に近いこめかみは、神経がたくさん通っている場所だということも言えます。

頭部に集中する全身に関わる多くの神経のうち、非常に重要な神経細胞が存在しているのがこめかみで、血管なども多く通っている場所となります。

血流が悪くなりやすい場所だった!

神経細胞が集中し、血管も非常に多い上、皮膚が薄くすぐに頭蓋骨が下にあるこめかみは、血流が悪くなりやすい場所だということも言えます。

圧迫感を感じることも多く、その原因はこめかみの血行不良、つまりこめかみのこりということになります。

目を酷使しすぎて姿勢が悪くなることによって肩こりが起こるケースが一般的ですが、肩の血流が悪ければ、当然頭部に送られる血流も滞るようになり、側頭筋と呼ばれる筋肉もこって頭痛として表れます。

頭部でも特に血管や神経細胞が集中し、新鮮な血液を必要とするこめかみは、血液の流れの滞りの影響をすぐに受けてしまう場所なのです。

眼精疲労だけではなく片頭痛や緊張型頭痛、首や肩のコリなどにも直結するのがこめかみの血行不良なのです。

こめかみに白髪が生える原因とは?若白髪の人は要チェック

上記のように、こめかみは非常に重要な部位であるにもかかわらず、血流がすぐに悪くなってしまうという特徴があります。

とくにこめかみに白髪が生えてしまっているという人、まだ年齢的に若いにもかかわらずこめかみに白髪が目立つという若白髪の人は、ストレスが原因でこめかみ部分の白髪を生みだしてしまっている可能性が高くなります。

ストレスとこめかみの白髪についての関係性を見ていってみましょう。

若白髪って染めるのがいい?!頑張らずに白髪が気にならなくなる3つの方法
10代~20代の男女でも、若白髪に悩む人、多いですよね。特に頭頂部の白髪は目立って仕方がありません。 白髪は加齢とともに出来てしまう厄...

ストレスがたまっていませんか?

こめかみに白髪が生える原因としてまずあげられるのがストレスです。

ストレスは体のさまざまな器官に支障をきたしますが、こめかみに白髪を生えさせてしまうケースもよく見られます。

こめかみには、三叉神経でつながっている脳から神経伝達物質が届くため、ストレスの影響を受けやすい場所だからです。

とくに睡眠不足によるストレスは、もともと昼行性の人間の体内リズムを大きく狂わせ、体全体にストレスをかける要因となります。

昼夜逆転の生活や、体内リズムを大きく見だすような睡眠不足や夜更かしは、成長ホルモンの分泌を妨げてしまうため、寝ている間に行うメラニンという色素の生成を阻害し、髪の毛の黒い色のもととなるメラノサイトの活動を抑制してしまうという結果になるのです。

メラニン色素を作りだすことができなければ、血行が悪い部分からメラニンが不足するようになり、白髪になって生えてくるという事が起こります。

血流が悪くなりがちのこめかみに、ストレス性の白髪が生えてしまうというのはこうしたメカニズムからなのです。

目が疲れていませんか?眼精疲労との関係性

こめかみに非常に近い重要器官である目が眼精疲労を起こしていると、こめかみの血流も悪くなったり、こめかみがこるといった症状が出ることが多くなります。

こめかみの白髪になりやすい人は、仕事などでパソコンやスマートフォンを酷使して眼精疲労になりやすい人だということもできます。

実は歯や歯茎が原因なことも…

本来食べ物を噛むと同時に動き、その動きによって血流がスムーズになるはずのこめかみですが、歯や歯茎に問題を抱えていて、噛む力が弱っていたりしっかりと噛む事ができずにいると、噛む事でよく流れるようになるはずの血流が滞りがちになり、白髪の原因となることがあります。

歯や歯茎に長年トラブルを抱えている、治療をしないで放置している場合、こめかみに新鮮な血液や栄養が流れない期間が多くなり、こめかみの白髪になりやすいという傾向があります。

こめかみの白髪って治るの?加齢以外の白髪は改善に取り組むべき

年齢を重ねて白髪が生える年になれば、ある程度こめかみの白髪も年だから仕方ないという理由で片づけることができますが、若い、さらに他の部分に白髪が生えないのにこめかみだけに生えてしまうという場合、生活スタイルや偏った食生活による栄養不足、普段のストレスの状況や睡眠などを改善することで治していくこともできます。

こめかみの白髪を改善するためには、いったいどのような点に注意して日々の生活を送っていくのが良いのでしょうか。

白髪染めで隠してしまいがちだが…まずは根本的な改善策を!

こめかみの白髪を簡単に白髪染めで隠してしまうという方法も確かにありますが、白髪染めは髪の毛が伸びてこめかみに伸びた部分の白い髪の毛が見えるたびにリタッチしなければならないという、大きな手間や負担がかかります。

さらに白髪染めの回数が重なると、頭皮のかぶれや髪の毛、毛根などに大きなダメージを与えてしまうため、余計に白髪が生えてしまう頭皮環境を助長してしまうという場合もあります。

頭皮の環境が崩れると、白髪が生えやすくなるだけでなく、頭皮トラブルや薄毛、抜け毛などにも悩むようになってしまうので、生活改善で治すことができるこめかみの白髪は、根本的な改善策を講じて見るのが先決だといえるでしょう。

ストレスと向き合って正常な自律神経にもどそう

では、実際に根本的に生活習慣や白髪が生えやすい状況を改善する方法についてもご紹介します。

ストレスで自律神経のひとつである交感神経が活発になることで起こるこめかみの血行不良。

これから紹介する改善方法を生活の中に取り入れることで、白髪の原因となるこめかみの血行不良を改善、ストレスを予防し、白髪の生えやすい頭皮環境を改善していきましょう。

ヨガでカラダとココロをリラックス

ココロとカラダを同時にリラックスさせるのに効果的なのがヨガの良いところです。

ゆっくりした動作の中には、体全体の血流を促進し、同時に精神状態を落ち着かせる効果があります。

ぬるめのお風呂に入るだけでも効果的です

血行を促進させるという意味では、ぬるめのお風呂に入るという方法も非常に効果があるといえるでしょう。

体全体の血液の流れを促進し、頭部で滞りがちなこめかみの血流も改善してくれる効果があります。

適度な運動で血行促進をめざす

適度な運動は健康や美容にとっても重要となりますが、こめかみの白髪予防にもつながります。

適度な運動はそれだけで全身の血流をスムーズにし、かつさまざまな器官の機能アップにもつながっていきます。

運動不足を自覚している人は、ウォーキングから始めてはいかがでしょうか。

頭皮マッサージで血流をよくする

こめかみを含む頭部全体の血液の流れを、非常に効果的に向上させてくれるのが頭皮マッサージです。

直接的に頭位をマッサージするのですから、こめかみの血流もすぐに良くなります。

リラックス効果も得られるヘッドスパもおすすめ

頭皮マッサージと同時に、心のリラックス効果も得られるのがヘッドスパです。

頭皮環境を改善してこめかみへの血液増加、頭部全体のリラックスと同時に、気持ちの面でもしっかりと満たされるようになります。

眼精疲労は質の高い睡眠で回復

眼精疲労があってこめかみの白髪の原因となっている場合、しっかりとした質の高い睡眠が最も効果的な改善方法となります。

睡眠中は目を閉じているため、眼球やその周辺の組織を酷使することはなく、しっかりと休ませることができます。

質の高い睡眠を、十分に確保するということは、目を休ませるだけでなくこめかみのこりや血行不良改善にも効果的なのです。

こめかみの白髪は左右対称に生えてこないってホントなの!?

こめかみの白髪は、医学的にはっきりと解明されているわけではありませんが、左右対称に生えてくるということはありません。

普段の生活の中で脳のどの部分をよく使っているか、どの部分をあまり使っていないかなどによっても異なってくるようです。

右脳と左脳、使う脳に白髪は左右される

職業や得意分野によって右脳と左脳、よく使う方の脳は人によって大きく異なります。

この人によって異なる脳の使い方は、白髪の生え方にも大きな影響を及ぼしています。

例えば、数字を扱うことが多い職業の人、税理士や会計士などであれば左の脳、右の脳をよく使う人は、指先でモノづくりや創作活動をするピアノ講師や芸術関係の職業となります。

よく使う側の脳や目を酷使することが多いため、使い頻度の脳の側のこめかみに白髪が生えやすくなるという事になります。

東洋医学的に女性は左側に白髪が生えやすい

東洋医学の世界では、特に女性は左側に白髪が生えるリスクが高いといわれています。

感性が豊かだったり感情の起伏が激しい女性などは特に左側の白髪が多くなるようです。

左右の違いで内臓疾患がわかる

短期間で急にこめかみに白髪が目立つようになった場合、左右の違いで内臓疾患があるということがわかる場合があります。

右側に生えることが多いという場合、体のむくみなどを引き起こす腎臓系の疾患を抱えている場合が多くなります。

左側に生えてくることが多いと、肝臓の病気がみられる場合があります。

こめかみの白髪染めにおすすめはある?トリートメントをためしてみて!

こめかみの白髪を染める場合、ヘアカラータイプの白髪染めは頭皮や髪の毛にダメージが大きく、根元部分をリタッチする必要性などもありおススメできません。

こめかみの白髪におススメの染料が、毎日のシャンプー時に使用するだけで白髪を目立たなくさせる、無添加自然派由来成分で安心のトリートメントです。自宅で簡単に使えるため、美容師さんはおすすめしないかもしれませんが。

カラー剤のようにリタッチのたびに受けるさまざまなダメージや刺激を心配する必要も一切無い上に、頭皮環境を悪化させるような成分も配合していないため、安心安全に毎日手軽に白髪をケアしていくことができます。

髪の表層に色づく染毛料であるため白髪の部分のみに使いやすく、生え際や根元、特定の場所のみ白髪が多い場合の部分染めにも適しています。

トリートメントなら、白髪ではない髪の毛の健康や美しさも同時に守ることができる上、自分の生活に気軽に導入することができ、白髪予防を簡単に実現させることができます。

まとめ

こめかみだけに生えてくる白髪は、非常に気になってしまい、何とかして改善していきたいと願っている人も多いですが、白髪染めやおしゃれ染めによるカラーリングで大きなダメージを受けてしまうと白髪が逆に生えやすい状況を生みだしてしまうリスクもあります。

生活スタイルや日常生活を見直し、上手にストレス解消することによってこめかみの白髪を予防すると同時に、トリートメントで生えてしまった白髪を優しくケアしていくようにしましょう。

The following two tabs change content below.
吉川みさと

吉川みさと

目立ち始めた白髪となかなか落ちない体重に、体の曲がり角を痛感しているアラフォー。お手入れがモノを言う年代ならではの視点で、若さを保つコンテンツをたくさんご紹介していきます♪

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする