本当に私向き?ヘアマニキュアで白髪を染める前に知っておきたい基礎知識

オーソドックスな白髪染めは、頭皮や髪に刺激を与えやすい強めの薬剤がブレンドされていますよね。

白髪染めを繰り返して使っていると、髪と頭皮が傷み、対処法がわからないままに過ごす人も多いよう。

白髪染めから、頭皮や髪への負担が最小限に抑えられるヘアマニキュアにシフトしようと検討したとき、どんなポイントに気をつけるべきなのでしょうか?

ここでは、白髪染めからヘアマニキュアに変えようと思うみなさんに、知っておきたい基礎知識をわかりやすく解説します!

ヘアマニキュアは、一度でしっかり染まり、髪にツヤを出す白髪染め

オーソドックスな白髪染めとは違い、ヘアマニキュアは髪と頭皮にやさしい成分が多くブレンドされています。

ヘアマニキュアを使うと、たった一度の使用でも白髪がキレイに染まり、髪全体にツヤを与えるメリットが人気のヒミツ。

ここでは、そもそもヘアマニキュアがどんな特徴を持ち、髪と頭皮にどんなメリットを与えるのか、ご紹介しますね!

髪の表面に色をつけるので、白髪だけが染まったように見える

ヘアマニキュアは、酸性の染料であり、髪をマニキュアでコーティングし、刺激や摩擦のダメージを最小限にブロックするメリットがあります。

白髪にのみ反応する染料なので、黒髪はキレイなカラーをキープしたまま、白髪だけを明るく染めることができます。

一度で髪を染めるタール色素にはデメリットも

ヘアマニキュアは、オーソドックスな白髪染めよりも髪や頭皮にやさしい製法がされているのですが、使用一度で白髪を染める効果のあるタール色素には、デメリットも報告されています。

タール色素は、石油系の染料なので、髪を一度で染めることができるのですが、お肌に付着してしまうととても落ちにくい性質を持っています。

そのため、頭皮に近い部分の根元からは染めることができず、まれにかぶれてしまうケースもあります。

発がん性物質であることも報告されているため、使用時には注意が必要となっています。

髪にツヤを与えるがトリートメントは必須

ヘアマニキュアは、使用すると髪全体がツヤツヤになるため、「シャンプー後のトリートメントが必要ないのでは!?」というギモンも多くUPされています。

ヘアマニキュアは、一般的な白髪染めのように、髪のキューティクル開いて染めず、キューティクルを守ったまま、髪の表面だけをカラーリングするため、ツヤやコシ、ハリを与えてくれます。

ですが、シャンプーをするたびに、徐々に色落ちしやすい性質を持ち、このタイミングでマニキュアとともにキューティクルも剥がれていきます。

すると、髪がパサパサしてしまうため、シャンプー後のトリートメントは欠かせない必須アイテムとなっています。

ヘアマニキュアの色もちは3週間~1ヶ月

ヘアマニキュアのカラーはどれくらいキープできるのでしょうか?

髪質などの個人差はあるのですが、ヘアマニキュアの色持ちは3週間から1ヶ月程度が目安といわれているんです。

洗髪のたびにカラーは色落ちし、数日はタオルにも色が付着します。

ですが、トリートメントをしっかり使い、湯シャン(シャンプーを使わず、お湯のみで洗髪することをいいます)をすると、多少は長持ちできるといわれています。

ヘアマニキュアは、頭皮に近い部分の根元の髪は染めることができないため、伸びてきた際、オーソドックスな白髪染めで染めたときよりも根元が目立ちやすいことがあります。

ヘアマニキュアで白髪を染めるときは毛髪に近い色が基本

ヘアマニキュアには、今まではわからなかった注意ポイント、デメリットも意外にあるんですね。

つづいては、ヘアマニキュアで実際に白髪を染める際の注意ポイントを知っていきましょう。

白髪が少なめの場合、明るい色は浮いてしまう

ヘアマニキュアのラインナップをチェックしてみると、本当にたくさんのカラー展開がされていて、好きなカラーが自由に選べるイメージがありますよね。

ですが、ヘアマニキュアは、黒髪についたカラーは目立たず、わからないことがあるため、白髪の量が少ない人の場合は、明るいカラーを入れると、浮いたように見えてしまうことがあります。

白髪がまばらなら、ブルーのヘアマニキュアでより自然な黒髪に

白髪が少なめで、ヘアマニキュアを使っても自然な黒髪に仕上げたいときは、ブルーのヘアマニキュアがオススメです。

ヘアマニキュアのブルー系カラーは、白髪にも黒髪にも馴染みやすく、染めた時に浮いて見えないため、ナチュラルな黒髪に見えるメリットがあります。

真っ白な白髪の人は、紫のヘアマニキュアを使っているかも

白髪の分量が多く、髪全体が真っ白に見える人は、紫のヘアマニキュアを活用することが多いようです。

パープル系のヘアマニキュアは、白髪を自然な明るさに整え、ツヤを出すことで白髪特有のパサつきをなめらかに整えてくれます。

紫のヘアマニキュアは、どちらかというと50代以上のミセス世代に人気があるようです。

カラーチェンジをしたくなったら2ヶ月あける

ヘアマニキュアは、カラーをシフトしたいときでも、すぐに使用することはオススメできません。

ヘアマニキュアを使い、見た感じではすっかり色落ちしているようでも、完全に落ちるには2ヶ月程度のスパンが必要です。

2ヶ月程度で色落ちが完全になるといわれているため、違うカラーで染めたくなった場合、このスパンを開けないと、予想外のカラーになってしまうトラブルがあります。

美容院と市販のヘアマニキュアは似て異なる

ヘアマニキュアは、どれも同じように見えてしまい、違いがわからないことも多いですよね。

ヘアサロンと市販のヘアマニキュアも似ているようで実は違いがたくさんあります。

市販と美容院のヘアマニキュアの共通点は、白髪がよく染まるよう、色素配合がされていること。

タール色素が含まれているのですが、市販のヘアマニキュアの場合は、ヘアカラーと同じ成分が一部ブレンドされています。

美容院のヘアマニキュアは、市販のヘアマニキュアよりも高額ですが、業務用の商品はネットでも購入することができます。

ヘアマニキュアのセルフカラーはとても面倒

ヘアマニキュアをセルフで使おうと思っても、実はとても面倒で、手間や時間がかかることがあります。

ですので、ヘアマニキュアで白髪を染めたい場合は、セルフよりも安心・安全、時間のかからないヘアサロンがオススメです。

ヘアマニキュアの基本的な使い方
  1. 必ず乾いた髪に使う
  2. コームで髪をとかしながらなじませる
  3. 10~15分放置する
  4. すすぎの後、必ずシャンプーとコンディショナーも
  5. すぐに完全に乾かす

地肌に付くと落ちないから、準備が大変

ヘアマニキュアは、地肌に一度ついてしまうと落ちないので、このトラブルを防ぐための準備が必要になります。

まずはじめに、手袋やイヤーカバー、ケープを着用し、額にコールドクリームなどの油分が多い保護クリームを塗布します。

さらには、床や家具にヘアマニキュアが付着しないよう、新聞紙を敷くなど、事前の準備がとても面倒で、白髪染めよりも手間がかかってしまいます。

地肌から浮かせて塗布するのが難しい

ヘアマニキュアのタール色素は、重大な副作用も報告されているため、地肌への塗布ができず、髪を浮かせるようにして使わなければなりません。

特に後頭部は、鏡でチェックすることが難しいため、ヘアマニキュアを根元から浮かせて塗布することがとても大変なのです。

もし地肌についたら?

ヘアマニキュアを使用中、気をつけていても、地肌に染料がついてしまうことも少なくありません。

もしヘアマニキュアが地肌についてしまったら、すぐちティッシュで拭き取り、付属のクレンジングジェルかリムーバーをコットンに馴染ませ、ヘアマニキュアを吸い取りましょう。

この際、頭皮に摩擦を与えないためにも、擦って取らないことを覚えておきましょう。

すすぎ湯にも注意が必要

ヘアマニキュアのすすぎ湯は、染料が浸透しているため、流れるとバスルームの床や壁を汚してしまうデメリットがあります。

このトラブルを未然に防ぐため、すすぎの前に床や壁をあらかじめ塗らしておき、目に入らないことにも注意が必要です。

タオルはもちろん、半乾きだと服や枕にも色移り

ヘアマニキュアを使用後は、髪が中途半端に濡れていると、タオルはもちろん、服や枕にも色が移ってしまいます。

タオルドライの際は、汚れてもいいようなタオルを使ったり、色移りがある期間は身につける衣服や使う寝具にも気を配るようにしましょう。

ヘアマニキュアは無理だと思ったらヘアカラートリートメントがおすすめ

ヘアマニキュアは、使用前と使用中にもたくさんの注意ポイントがありましたね。

もし、ヘアマニキュアを使うことが無理だと思っても、ヘアカラートリートメントであれば、カンタンに時間をかけず白髪を染めることができます。

ヘアカラートリーメントは、髪の表層を着色するしくみがヘアマニキュアと似ていて、商品に「ヘアマニキュアタイプ」と添え書きされています。

ですが、ヘアマニキュアとは全然違うもので、シャンプー前後に塗布するだけで、たった数回使用でも白髪を染めることができるアイテムとなっています。

無添加だから、根元から染められる

ヘアカラートリートメントは、髪と頭皮に安全な成分でつくられているので、デリケートな頭皮にも優しく、根元や生え際からしっかり染めることができ、手先に自信がない人でも使いやすいメリットがあります。

染めるだけではなく、トリートメント効果も

ヘアカラートリートメントは、白髪を染めるだけではなく、ツヤとコシ、ハリを与えてダメージをケアする、トリートメント効果も備わっています。

染まるまでには数回の使用が必要ですが、しっかりとすすげばタオルに色落ちしなかったり、キューティクルが剥がれて髪が傷む心配もありません。

汚れが落ちやすいから準備が不要

ヘアカラートリートメントは、素手のままで触れてもすぐに洗い落とすことができ、準備は手袋をするくらい。

すすぎ湯で汚れることもないため、ヘアマニキュアよりも時間をかけずに白髪をキレイに染めることができます。

まとめ

白髪染めにはヘアマニキュアがベストと思っていたみなさん、意外な注意点は驚きの情報でしたね。

ヘアマニキュアの特徴をしっかり把握し、納得のいくヘアカラーで、白髪のコンプレックスを一気に解決しましょう!

The following two tabs change content below.
吉川みさと

吉川みさと

目立ち始めた白髪となかなか落ちない体重に、体の曲がり角を痛感しているアラフォー。お手入れがモノを言う年代ならではの視点で、若さを保つコンテンツをたくさんご紹介していきます♪

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする