栄養不足が白髪をまねくってホント?毎日の食事で白髪対策

白髪対策

年齢を重ねるとともにちらほらと生えてくる白髪。

黒髪のほうが多く、まだ白髪染めを使うまでには至らなくても、実年齢より老けた印象をもたらすことで悩む人は多いもの。

ここでは、表面的な白髪ケアでは得られない、カラダの中からの改善法を、食生活にフォーカスをあててわかりやすくご紹介していきます!

摂取できてる?白髪対策に必要な栄養をチェック

白髪対策に必要な栄養素は、毎日の食事から摂取することができます。本来、髪に必要な栄養素が不足すると、どんどん髪質も弱くなってしまいます。

カラダの中からの白髪ケアには、次のような栄養が食品に含まれていることがポイントです。

◇亜鉛・・・カキなどに多く含まれ、白髪を改善するための細胞を活性化します。
◇ヨウ素・・・メラノサイトを促進する栄養素です。
◇鉄分・・・丈夫な髪質のための酸素を供給します。レバーなどに含有されています。
◇銅・・・ミネラルが豊富で健やかな黒髪を育成します。
◇葉酸とビタミンB12・・・代謝にかかわりがある栄養素で、ほうれん草やブロッコリー、焼き海苔などに多く含まれています。

白髪を増やさないための栄養や不足してしまうことでおきるリスクを徹底的に解説していきます!

栄養不足が原因で白髪になるのはなぜ?そのメカニズムに迫る

食事の栄養バランスが崩れてしまうと、黒髪に必要な栄養素が摂取できなくなり、そのまま白髪になってしまうことにつながります。

栄養の不足で白髪になってしまうメカニズム、さっそくチェックしてみましょう。

髪の生える仕組みは毛乳頭細胞にあり

毛乳頭細胞とは、頭皮に張り巡らされている毛細血管とダイレクトに結びついています。毛乳頭細胞と毛母細胞との連携で髪を生やす機関でもあります。

髪の毛は元々白い!?メラノサイトの役割

白髪が増えてしまう原因は、黒髪の元となるメラニン量の不足。

白髪・黒髪にかかわらず、わたしたちの生まれたての産毛は、もともと白く、色がついていない状態なのです。白髪として生えた産毛は、髪の毛が伸びるにつれて、黒色に色付けが行われています。

この色付けを白髪に行う、まるで絵の具のような細胞がメラノサイト。白髪の原因は、髪の毛に色付けを行うメラノサイトでつくられるメラニン量が少ないことにも起因しています。

より効果的に必要な栄養を摂取するには?

毎日の食生活をバランス良く見直したり、白髪対策にマッチした栄養素を知っておくと、カラダの中からの白髪対策ができるようになります。

ここでは、白髪を改善するために効果的な栄養素をチェックしていきましょう。

たんぱく質は肉、魚、卵、大豆製品をバランスよく毎食摂取

わたしたちの髪の毛は、タンパク質でつくられています。この栄養素をバランス良く摂取していると、髪に必要な栄養が行きわたり、ツヤやハリのある美髪になることができます。

タンパク質は、主食であることが多い魚やお肉、卵や大豆製品に多く含有されています。

これらの食品をバランス良く摂取すると、良質なタンパク質の摂取で健やかな髪質へと整えることができます。

動物性と植物性にバランスが必要な理由とは?

タンパク質には、動物性と植物性の2種類があります。

動物性たんぱく質は、体内に吸収されやすい性質を持ち、1日の必要量を満たしやすいメリットがあることで、髪の毛を丈夫にし、免疫力を高めてくれます。

植物性たんぱく質は、必要な栄養分の摂取を満たすことが難しいため、動物性と一緒に摂取し、バランスを整える必要があります。

植物性のタンパク質は、抜け毛を防ぐ効果も期待でき、動物性との摂取で健やかな髪を育成してくれます。

大豆は栄養の宝庫…豆腐などの加工品がおすすめ

白髪の改善に役立つ食品は、大豆もオススメです。

大豆でつくられる豆腐や納豆、豆乳などは植物性と動物性のタンパク質をバランス良く補うことができます。

また、含有されているイソフラボンが、女性ホルモンと同じようなはたらきをすることで、若々しさを取り戻すアンチエイジング効果も。

イソフラボンの摂取によって細胞が若返ると、自然に白髪が減る効果が期待できます。

日本の土壌はミネラル不足!?食材の選択が重要

白髪の対策に必須の栄養素であるミネラル。

わたしたち現代人は、欧米型の食生活が一般的となってきていることで、ミネラルの摂取が不足しているといわれています。

もともとミネラルの少ない土壌に暮らす日本人は、ミネラルの不足が原因で、若い世代にも白髪で悩む方が増えているのです。

白髪の改善・予防にはミネラルの摂取が大事で、体内でつくることができない栄養素でもあるため、毎日の食事からしっかり補うことが大切なのです。

ビタミンと葉酸は魚類や貝類全般でOK

葉酸やビタミンというと、緑黄色野菜から摂取できる栄養素と言うイメージがありますよね。実は、わたしたちが良く食べる魚や貝類からも葉酸の摂取ができます。

栄養不足の危険信号!!見直したい白髪の原因につながること

白髪が生えてしまう危険信号、見直したい原因につながる事柄をひとつひとつチェックしてみましょう。

白髪につながる原因がわかると、ライフスタイルを過ごす中でも、気をつけるべきポイントが把握できるようになります。

コンビニ弁当やファーストフード・インスタント食品をよく食べる

コンビニ弁当などの加工食品は、白髪を増やしてしまう添加物が多く配合されています。

摂取が多い分、髪に必要な栄養が上手く補えないため、白髪がなかなか改善できないデメリットがあります。

脂っぽいものが好き…野菜を食べない

脂質の多い食品は、タンパク質を含むもののこればかりでは髪に必要な栄養を補うことができません。
ミネラルやビタミンを豊富に含む野菜の摂取で、丈夫な髪質と白髪の減少につとめましょう。

コーヒーやタバコの過剰摂取

コーヒーやタバコを過剰に摂取してしまうと、血管が収縮された状態となり、髪に必要な栄養素が行きわたらなくなるリスクがあります。

コーヒーやタバコの摂取で体内に活性酸素が発生しやすくなり、細胞が老化して白髪を増やしてしまうおそれも。

ダイエットによる無理な食事制限

食事制限をするダイエットは、気をつけていても知らず知らずのうちに栄養バランスが崩れてしまいます。

無理な食事制限は、髪に必要なタンパク質やビタミンの摂取が不足してしまうため、白髪ができやすい環境に変えてしまうリスクがあります。

ホルモンバランスが崩れがちな産後や授乳期間

デリケートな女性のホルモンバランスは、産後や授乳中にもっとも崩れやすいといわれています。

ホルモンバランスが崩れると、健やかな髪が弱くなり、白髪ができやすくなることも。

また、ストレスをためやすいこの時期は、ストレスによってホルモンバランスが低下し、白髪をできやすくしてしまいます。

白髪を増やさないために…栄養を考えた食生活に大切なこと

今ある白髪をできるだけ減らし、これからは白髪を増やさないために、毎日の食生活を見直すことが必須のポイント。

ここで、栄養バランスをしっかりと整えるための食生活を参考にしてみましょう。

栄養バランスや食品添加物への意識

白髪を増やさないためには、食品添加物の摂取を控えることが大切です。

栄養バランスに気を配り、食品添加物がどんなりすくをもたらすのか、しっかり認識しましょう。

楽しく料理する!自炊への取り組み

自炊をすると、食品の栄養やバランスが自然と把握できるようになります。

楽しみながら自炊をすることは、ストレスの解消にもつながり、細胞が若々しくなることで白髪を増やさなくします。

食事でストレスをためない

好きなものばかりを食べていると、ストレスは溜まらないものの栄養バランスの乱れが心配。

栄養価が高く、白髪対策にマッチした美味しい食事のレシピを考案しながら、ストレスをためない食生活を心がけてみましょう。

毎食の栄養管理は正直めんどくさい!そんな方にオススメな白髪対策とは?

毎日が仕事や家事、育児などで忙しい日々を過ごしていると、カンペキな栄養バランスを整えることに負担を感じてしまうこともあります。

適度な栄養管理で面倒のない白髪対策を集めてみました。

サプリや栄養補助食品の活用

毎日の食事からは補いきれない栄養素を補給できるのがサプリメント。
白髪対策にサプリメントを活用すると、手軽でカンタンに髪質を丈夫にでき、食事の栄養バランスを整えることができます。

ヘアカラートリートメントなどで簡単ケア

たくさんのメーカーから続々とラインナップされているヘアカラートリートメント。

シャンプーの後に、コンディショナーと同じ要領で使うことができるため、バスタイム時に手軽に白髪を染めることができます。

無添加処方で安全、ツンとしたニオイがないヘアカラートリートメントは、白髪に負担をかけないやさしさ第一の対策です。

不足すると白髪の原因となる栄養素を詳しく解説

食事から摂取できる白髪対策に必要な栄養素は、不足してしまうとどんどん髪質が弱くなるリスクがあります。

白髪を増やさないための栄養、不足してしまうことでおきるリスクを学んでいきましょう。

髪や頭皮の生成に欠かせないタンパク質

髪や頭皮の健康、生成に欠かせないタンパク質は、不足してしまうと髪質が細くなったり、うるおいがなくなったりとあらゆるトラブルを引き起こします。

髪はもちろん、お肌や筋肉の育成にもかかわりがあるタンパク質は、適量を摂取することでトータル的な美容にも役立つのです。

メラニン生成に必要なミネラル

黒髪を健やかに生成するミネラルは、不足してしまうと頭皮と髪を極度に乾燥させたり、薄毛や抜け毛の原因にもなってしまいます。

核酸の合成を促進させる働きがる亜鉛

亜鉛が不足してしまうと、育毛に必要な細胞そのものの機能が低下してしまうといわれています。

高い抗酸化作用を持つ亜鉛の摂取は、老化を防いで若々しい髪を維持するメリットがあります。

甲状腺ホルモンの生成に関係あるヨウ素

わかめなどに多く含有されているヨウ素は、黒髪を生成するためのメラノサイトのはたらきを活性化する効果があります。

ヨウ素が不足してしまうと、メラノサイトが機能しなくなり、メラニンの生成ができなくなることで白髪が増えてしまうのです。

酸素を運ぶ作用のある鉄分

健やかな髪や、白髪のない若々しい髪は、酸素をたくさん供給できる環境に整っています。

鉄分は、新鮮な酸素を髪にいきわたらせる働きがあるため、摂取の不足でたくさんのリスクをもたらしてしまいます。

チロシナーゼという酵素の合成に関わる銅

黒髪を生成するためのメラニン色素の合成にも銅は大きなかかわりを持ちます。

メラニン色素は、アミノ酸の一種であるチロシナーゼという酵素が働くことでつくられ、銅はチロシナーゼの構成成分となるミネラル。

そのため、銅の摂取が不足してしまうと、自ずとメラニン色素の生成ができなくなり、白髪ができやすくなります。
   

ヘモグロビンの合成に必要なビタミンB12と葉酸

葉酸やビタミンB12は、年齢を重ねるとともに、衰えてしまうメラニンの生成力をサポートします。

葉酸とビタミンB12と一緒に摂取すると、髪に栄養を届けるための血液が活発につくられ、血行を促進します。

すると、ヘモグロビンの合成がスムーズになり、毛根にまでメラニン色素を届けるため、白髪の予防や改善に効果があります。

白髪に効くらしい!?ネットで噂のある食品の真偽を検証しました!

ネットの情報をチェックすると、効果的な食品の詳細がたくさんUPされていますね。ここでは、ウワサの食品の真偽がホンモノか、リサーチしてみました。

赤ワインに含まれるポリフェノールが白髪にいいらしい!?

ポリフェノールは、若返りの成分ともよばれています。

白髪は老化現象になるため、ポリフェノールの摂取で抗酸化作用がはたらき、細胞の若返りをサポートします。

たんぱく質の摂取には普通の豆より黒豆がいいらしい!?

普通の豆よりも、黒豆が良いという情報がネットにUPされているのは、栄養価のバランスが優れているため。

黒豆には、必須アミノ酸のバランスがよい良質なタンパク質を含んでいるため、摂取することで髪に必要な栄養素をまるごと補うことができるのです。

まとめ

白髪の対策には食生活の見直しが大切なんですね。

カラダの内側からのアプローチができる食品であれば、効率的に、理に適った白髪対策ができます。

毎日の食生活を見直し、白髪改善のための栄養素を積極的に補っていきましょう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする