白髪染めは抜け毛の原因?抜け毛が気になる人のための白髪染めとは?

白髪を染めたいけれど、白髪染めによって抜け毛が増えるのではないかという悩みを持っている人も多いものです。

本当は染めたくないけれど、白髪を染めざるを得ない、だけどそのせいで抜け毛という新たな悩みを抱えることになるかもしれないと、葛藤や不安でいっぱいという人もいることでしょう。

では白髪染めは本当に抜け毛につながるのか、また白髪染め以外に髪の毛や頭皮にダメージの少ない方法はあるのか、今回は白髪染めと抜け毛に関係する悩みについてご紹介します。

市販の白髪染めを使うと抜け毛の原因になるのかどうか

まずは市販の白髪染めは、本当に抜け毛の直接的な原因になるのかどうかについてご説明いたします。

一般的な市販の白髪染めは、確かに髪の毛や頭皮にかなり大きなダメージを与えるものですが、抜け毛の直接的な原因になるかといえば、必ずしもそうだといい切ることはできません。

白髪染めに配合されている成分の中に、直接髪の毛の毛根に働きかけ抜け毛を誘発するような成分は配合されていません。

つまり白髪染め=抜け毛を増やすという構図は、絶対成り立つとは言えないということになります。

白髪染めをすることで頭皮や髪の毛に悪影響を与え抜け毛につながることはある

しかし、白髪染めを使用することで髪の毛や頭皮にはダメージが残るのは確かです。

髪の毛が傷むだけでなく、頭皮にも悪影響を与えてしまうため、それが引き金となって抜け毛につながるというケースはあります。

白髪染めは髪の毛に大きなダメージを与える

まず、白髪染めにはたくさんの化学成分が配合されていて、かなり強力な効果や刺激があるものも含まれています。

髪の毛へのダメージとしては、白髪染めは薬剤の効果によってキューティクルを開き、そこから色素を化学反応によって定着させていきます。

キューティクルを無理やりこじ開け、髪の毛内部にまで化学成分を浸透させる、そして内部の成分も溶けだしてしまうため、髪の毛へのダメージはかなり大きなものになります。

頭皮への刺激によって髪の毛が細くなったり抜け毛が多くなる

白髪染めをすると、当然頭皮にも白髪染めの成分が付着することになります。

白髪染めの薬剤によって頭皮への刺激が加われば、当然髪の毛を生やす毛根や毛母細胞などのシステムにも影響を及ぼします。

頭皮が刺激やダメージを受けることによって、髪の毛が細くなる、抜けやすくなるということは当然のリスクだと考えましょう。

頭皮がかぶれたり炎症を起こしたりする

白髪染めの化学成分であるアルカリ剤は、頭皮への影響、特にアレルギー反応を引き起こす成分というリスクもあります。

白髪染めをすると頭皮がかぶれたり炎症を起こしてしまうというのは、アレルギー反応によるものです。

こういったアレルギー反応を引き起こしてしまうと、頭皮の健康状態が悪化し、抜け毛を促進してしまうという結果を招きます。

白髪は染めたい、だけど抜け毛はイヤ!そんな人が取るべき対策とは?

しかし見た目の問題や白髪がコンプレックス、身だしなみやオシャレとして白髪染めはどうしてもしたいという人もいます。

また、本当は白髪があるままで放置したくないけれど、白髪染めによる抜け毛や髪の毛のダメージは避けたい、できればダメージの少ない染め方をしたい、そう考えている人もかなり多くいます。

ここからはそんな白髪染めと抜け毛の関係のはざまで悩む人達のための対策を考えてみましょう。

必ずパッチテストをする

抜け毛を予防するためには、健康な頭皮を維持しなければなりません。そうなると絶対に避けたいのが白髪染めによるアレルギー反応です。

アレルギーがあることがわかっていれば、わざわざ頭皮を傷めつけるだけの白髪染めはしなくてすむからです。

対策としては、白髪染めを利用する前には必ずパッチテストをするということです。

パッチテストをすれば、自分が白髪染めの成分に弱いのか、アレルギー反応を起こさないかどうかがある程度わかり、深刻なアレルギー反応による頭皮トラブルも避けることができ安心です。

放置時間やすすぎに注意する

白髪染めをする時には、記載されている注意事項や使用上の注意、使用方法を必ず守るようにしましょう。

放置時間は特に重要です。しっかり染めたいからといって長い時間放置しないようにしましょう。

さらに白髪染めを洗い流す際には、すすぎを徹底することも重要です。

白髪染めの成分が髪の毛や頭皮に残ったままになると、炎症やトラブルの原因となり、抜け毛につながってしまいます。

白髪染めを使用する場合には、こうした守るべきことをしっかりと守りながら使用するようにしましょう。

頭皮の乾燥予防、血流促進で元気な頭皮を作る

普段から頭皮を健康に保つ努力をしておくことも、抜け毛予防に大いに役立ちます。

例えば頭皮マッサージをして頭皮の血行を促進する、オイルや頭皮用の保湿ケアを使うことで頭皮の乾燥を予防、頭皮用のローションで頭皮を健やかな状態に保つようにしましょう。

日々のセルフケアも非常に大切ですが、定期的にプロの手によるヘッドスパなどもおススメです。

プロの手を借りることによって、頭皮の状態のチェック、頭皮の健康状態に合わせた頭皮ケアをしてもらうことができます。

こうした頭皮ケアや保湿、血行促進などの方法を取り入れることで、髪の毛を生やす役割のある毛根や毛母細胞を元気にすることができ、抜け毛予防に効果が期待できます。

染める回数を減らす

白髪染めは髪の毛や頭皮にダメージを与えるため、回数自体を減らすだけでも非常に有効な方法だといえるでしょう。

回数を減らせば直接的に頭皮や髪の毛への悪影響を減らすことができます。その結果として頭皮の状態が改善し、抜け毛を予防することにもつながります。

では染める回数を減らすためには一体どうしたらよいのでしょうか。染める回数を減らす手段としては以下のような方法がおススメです。

美容院に行ってプロに染めてもらう

自分で白髪染めを使いよりも、はるかにキレイに、そして確実に染めることができるのが美容院です。

美容院で染めることによって、自分で染めるよりも白髪染めの効果を長持ちさせることができます。

回数を減らすならまずは美容院で染める回数を増やしてみましょう。

産後や生理中、更年期などホルモンバランスが乱れている時はできるだけ避ける

白髪染めの薬剤は頭皮の刺激となり、トラブルや炎症を引き起こすことがあります。

特にホルモンバランスが乱れている時期は、肌や頭皮も不安定で敏感になっています。

妊娠や出産、生理の時期はホルモンバランスが乱れ、肌が敏感になっています。

また閉経後の更年期の時期にも女性ホルモンの一つであるエストロゲンの分泌が停止し、ホルモンバランスが乱れがちになります。

こういった時期に白髪染めをすると、通常の時よりも肌や頭皮が刺激に弱くなっている分、炎症やトラブルを起こしやすいのです。

ホルモンバランスが乱れる産後や生理中、更年期などの時期は要注意です。

妊娠中に安心して白髪を染めるには?白髪NGの悩める妊婦さんに教えます
妊娠中のヘアカラーは、どちらかというとタブーとされている中、正しい使い方や安全性の高い無添加のカラー剤であれば、妊娠中でも使用がOK! ...

白髪が目立たないヘアスタイルにしてみる

白髪が目立たないようなヘアスタイルやヘアアレンジにしてみるのも得策です。

白髪染めの回数を減らすために、ヘアスタイルやアレンジを変えてみましょう。

抜け毛が気になる人におススメの白髪染め

頭皮へのダメージで抜け毛が心配なら、一般的な市販の白髪染め以外のアイテムを使用することをおススメします。

頭皮や髪の毛への影響が少なく、安心して使用できる、抜け毛につながる不安がない優しい白髪染めを選べば、抜け毛を気にすることなく見た目やオシャレを楽しみながら白髪染めをすることができます。

ヘアカラートリートメント

ヘアカラートリートメントなら、文字通り髪の毛をいたわりながらカラーリングできるのでおススメです。

傷んだ髪をいたわり、さらに頭皮にも優しい、そして手軽に染めることができるという大きなメリットもあります。

頭皮や髪の毛に優しいということは、それだけで抜け毛の原因を排除し、さらに抜け毛を予防していくことができるということになります。

ヘナ

ヘナは自然由来の成分で髪を染めていくため、頭皮や髪の毛へのダメージを心配する必要がありません。

昨今ではカラーも豊富になり、自分の好みに近い髪色を楽しむことができるようになっています。アレルギーの心配も最も少ない染め方となります。

抜け毛の原因となる刺激やダメージが一切無いため、安心して染めることができます。

ヘナってどんな白髪染め?初めてヘナで染めるなら知っておきたい基礎知識
安心・安全な白髪染めには、ヘナ染めがベストな選択。 ですが、オーソドックスな白髪染めと比べてみると、何となく使い方に難しいというイメー...

ヘアマニキュア

ヘアマニキュアは、髪の毛をコーティングして染めるため、髪の毛に優しいカラーリングを楽しむことができます。

カラーバリエーションもかなり豊富で、自分の好みにぴったりと合った髪色にすることができます。

抜け毛が心配だけど、ヘアカラーのおしゃれも楽しみたいという人におススメです。

まとめ

白髪染めは直接的に抜け毛の原因にはなりませんが、頭皮や髪の毛に深刻なダメージを与え、抜け毛という悩みにつながる要因だといえます。

またアレルギーの心配もつきまとい、抜け毛だけでなく頭皮の炎症、薄毛、さらに白髪を促進してしまうという新たな悩みのリスクも高まります。

白髪は染めたいけれど、抜け毛が心配という人は、普段から頭皮ケアに気をつけながら、頭皮に優しい染め方を選ぶようにしましょう。

▼あわせて読みたい!おすすめ記事

白髪染めは髪が傷む?傷む原因は?白髪染めの注意点
白髪染めを利用したいけれど、髪の毛が傷む、頭皮に与える影響が心配になることはありませんか? 実際、白髪染めを使ったことがある人の中には...
The following two tabs change content below.
吉川みさと

吉川みさと

目立ち始めた白髪となかなか落ちない体重に、体の曲がり角を痛感しているアラフォー。お手入れがモノを言う年代ならではの視点で、若さを保つコンテンツをたくさんご紹介していきます♪

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする