万能オイルひまし油が白髪にも効くらしい!?使い方から選び方まで

白髪を改善する方法は、昨今さまざまな手法や手段、アイテムが開発され紹介されるようになりました。

しかしそれらの白髪改善方法の多くは、副作用やリスク、安心安全面でのマイナスがあり、心から信頼して利用することができる方法は少ないといえます。

そんな中、最近話題になっている、万能オイルとの呼び名も高い「ひまし油」です。カスターオイルやキャスターオイルとも呼ばれます。

このひまし油は、さまざまな場面で活躍している油で、実は白髪に対しても一定の効果があるとして大きな注目を集めています。

今回は万能オイルとして有名なひまし油の白髪に対する効果と、白髪改善のためにどのようにしてひまし油を活用していくのかについてご紹介していきます。

ひまし油は万能オイル

何といってもひまし油といえば、色々なシーンで活躍することができる万能オイルという側面を持っている点に注目です。

ひまし油のさまざまな用途、利用方法は、美容関係だけでなく工業や医療まで幅広く広がっていて、あらゆる分野で大活躍しています。

そんなひまし油は、どのような場面でどのような活躍をしているのか、そしてひまし油にはどんな特性があるのかについて見ていってみましょう。

工業から医薬、美容まで幅広く使われているひまし油

ひまし油は、トウゴマ(別名:ヒマ)というトウダイグサ科の植物の種子から抽出される植物油です。

ひまし油は可溶性に富んでいるので昔から工業用のオイルとして頻繁に用いられていて、塩ビやポリビニール、ホルマリン樹脂、塩化ゴムなどにも利用されています。

電気絶縁材料、印刷インク、コーキング剤、文房具などの工業製品だけではなく、エンジンオイルとしても使われています。

下剤として医薬品の歴史も古く、病院で便秘薬としてひまし油が処方されることもあります。

また、ひまし油はポマードなどの整髪料や化粧品にも使われるなど、幅広く利用されています。

ひまし油は抗菌性や抗炎症作用にも優れているので肌トラブルにも効果があり、海外では、肌の保湿や炎症予防、日焼による水疱防止、シミ取り、イボやほくろの除去といったスキンケアから育毛などのヘアケアまで、日常的にひまし油が使われています。

参考:ひまし油 – Wikipedia

ひまし油の特性

ひまし油は淡い黄色の不乾性油で、ほとんどの有機溶剤に溶ける性質があり、含水アルコールにも可溶性を示します。

ひまし油の有効成分は、脂肪酸とグリセリンとのエステルとなっていますが、その脂肪酸の約9割がリシノール酸となるため、他の植物性オイルとは異なった特性を持っているという点にも注目です。

また、ひまし油は安定性、保色性、湿潤性、低温特性、電気特性なども持ち合わせています。

非常に粘着力が高く、低温でも固まらない特性から、化粧品やコスメ、整髪料に使用される際に、ベタついて落としにくいというデメリットになってしまう場合もあります。

参考:リシノール酸 – Wikipedia

ひまし油だけに含まれるリシノール酸が白髪にも効果アリ

前述の通り、ひまし油にはさまざまな脂肪酸が含まれていますが、ひまし油の脂肪酸組成は、パルミチン酸・ステアリン酸・オレイン酸・リノール酸・リノレン酸・リシノール酸・ジヒドロキシ酸で構成されています。

これらのさまざまな脂肪酸の中でも、白髪に特に効果を発揮するのがひまし油だけに含まれるリシノール酸です。その理由は次の通りです。

ひまし油はで血行促進

白髪になってしまう原因の一つとして、頭皮の血行が悪くなり、健康的な黒髪を生やすだけの活力や栄養素、必要成分がしっかりと届けられなくなり、頭皮の加齢や劣化が進行してしまうことが挙げられます。

髪の毛を健全に育成する力は、新鮮で栄養豊富な血液循環がスムーズに行われることにより可能となるもので、血行が悪い状態の頭皮は、白髪になりやすい状況に陥ることはもちろんのこと、抜け毛や薄毛なども引き起こしてしまうリスクを秘めています。

ひまし油に含まれるリシノール酸は非常に高い血行促進効果があり、毛母細胞に必要な成分や栄養素をスムーズに届ける大きな役割を果たします。

ひまし油は血行を促進してリンパの流れも良くすることによって白髪になりやすい状況を打破してくれるのです。

頭皮の洗浄効果

ひまし油は、石鹸などの洗浄剤の成分として利用されることもあります。

汚れをしっかりと落とす、天然の界面活性剤の役割を果たす効果もあるからです。

頭皮の汚れや頭皮の毛穴の詰まりを落とすために、頭皮にひまし油を塗ってマッサージする方法も、白髪予防や頭皮の健康アップに効果的です。

頭皮の抗菌作用

洗浄効果と同時に、ひまし油には高い抗菌・殺菌作用があります。

ひまし油を頭皮に使うことによって雑菌が繁殖することを防ぎ、頭皮環境を常に清潔にしておくことができます。頭皮が清潔を保てるようになると、頭皮の環境も次第に良好になっていきます。

ひまし油の保湿効果

また、ひまし油は天然の植物オイルであるため、もちろん保湿効果にも優れています。

頭皮の乾燥を予防するということは、紫外線ダメージを避け、生活習慣や食生活の乱れ、加齢などによる頭皮のダメージ蓄積を直接的に予防することができるということになります。

▼頭皮サイクルの乱れを整える美容液で「誰にも言えなかった悩み」を解消できる♪

ナチュルプ

公式サイトへ

白髪に効くひまし油の使い方

神の御手とも呼ばれるひまし油は、マッサージオイルとしても優れています。

ひまし油を利用して白髪予防をしていきたいのであれば、いくつかの方法があります。

ただ単にひまし油を頭皮に塗るだけでも良い効果を発揮してくれますが、さらに白髪予防につなげていくためには、より効果的な方法でひまし油の効果を頭皮に届けてあげるようにしましょう。

頭皮マッサージ

頭皮マッサージは白髪にも効果アリ?!【目指せ黒髪】頭皮マッサージのコツとポイント
白髪のない艶やかな黒髪は、若々しい見た目、イキイキとした表情やしぐさ、女性としての美しさや男性としての勇ましさを表現する上で必要不可欠なアイ...

まずひまし油を利用して行う白髪の予防改善方法としては、ひまし油を頭皮に塗って浸透させ、頭皮マッサージをするやり方がもっとも有効です。

【ひまし油を利用した頭皮マッサージ方法】

  1. ひまし油が頭皮全体に行き渡るように薄く塗る
  2. 手のひら、指のはらを使って、頭皮全体を圧迫するようにして揉みほぐしていく
  3. 耳の後ろから頭頂部に向かうようにして、指で押しながら円を描くようにして頭頂部までマッサージする
  4. 両手の指のはらを使って頭部にあるツボを刺激する

【ひまし油と他のオイルをブレンドして利用するのがおススメ】

naoko_kakehiさん(@liburan_kakehi)がシェアした投稿

ひまし油は非常に粘性が高く、落としにくいというマイナス面もあります。

そのため、頭皮マッサージなどに使用する場合には、ひまし油を他のオイルとブレンドして利用するようにすると、さらに頭皮への伸びも良く、しっかりとマッサージ効果を発揮させることができます。

また、落とす際にもブレンドした方がスッキリと洗い流すことができるため、頭皮に与えるダメージや影響も少なくて済みます。

ひまし油とブレンドするオイルとして相性が良いのが、ホホバオイルやオリーブオイルです。ココナッツオイルでもOK!

ブレンド用オイルを1として、ひまし油をお好みで1~3の割合でブレンドしましょう。

【ひまし油を利用した頭皮マッサージの後の注意】

ひまし油を利用した頭皮マッサージが済んだら、ひまし油が頭皮に残ったままにならないように気をつけましょう。

ひまし油は粘度が高く、落としにくい特性があるため、マッサージ後のシャンプーを2回行うようにします。

また、ひまし油は体質によってはアレルギー物質となることもあるため、心配な場合は事前にパッチテストをして大丈夫であることを確認してから使用するようにしましょう。

頻度としては、週1回から2回で十分な効果が得られるでしょう。

ひまし油湿布

MAYUKOさん(@mayuko.ohana)がシェアした投稿

アメリカ人で自然療法の父とも呼ばれているエドガー・ケイシーは、ピーナツ油をブレンドした全身のオイルマッサージなど、ひまし油を用いた自然療法を用いていました。

そのケイシー療法の中心であるのが、「ひまし油湿布」という健康療法です。

ひまし油をたっぷりと染み込ませたタオルや布を脇腹(右)に湿布し、そこを温めて温湿布することで免疫機能の向上、毒素排出やデトックスを行うことができるというものです。

ひまし油湿布の詳しい効果効能としては、内臓機能のアップ、免疫力アップ、代謝アップ、老廃物排泄の促進やデトックス、痛みの軽減などがあります。

身体全体の機能を向上させることによって、身体の内側から若々しい状況を作り出す高い健康効果があります。

その結果として、加齢や頭皮のダメージによる白髪の発生も抑制することにつながります。

多少値は張りますが、ひまし油を染み込ませるフランネルとオイルカバー、ベルト、温熱ヒーター、湿布後にお腹のひまし油を拭き取るために使う重曹までセットになっている、ヒマシ油湿布セットが販売されており、カンタンに温熱湿布を始めることができます。

ピュアなひまし油って?ひまし油はオイル選びが重要

日本ではあまりなじみのないひまし油、しかし海外では利用する人も多く、普段の生活の中に頻繁にひまし油が登場しています。

そんなひまし油を選ぶ際には、ピュアなものを選ぶことが大切で、とくに白髪予防のように直接的に頭皮に塗る場合には、特に高品質で良いものを選ぶ必要があります。

有機認定されているもの

ひまし油は天然植物由来のオイルであるため、育成環境によって品質が驚くほど異なります。

白髪予防に利用するひまし油は、必ず有機認定されているもの、有機認定されたひまし油だと証明されているような品質が高いものを利用しましょう。

コールドプレス製法のもの

ひまし油のような植物から油を抽出する方法はいくつかあります。

一度に無駄なく含有しているオイルを抽出する方法として、昨今ヘキサンという化学物質を利用するのが一般的になっています。

しかし化学物質がオイルに残留してしまったり、オイル自体の成分が変質してしまうリスクがあります。

頭皮に直接塗布して白髪予防するためのひまし油は、こうした化学物質を使用しないコールドプレス製法によって抽出された未精製のものを使用するようにしましょう。

コールドプレス製法(低温圧搾)とは?

植物の種子から油を抽出させるためには、油を抽出するために圧搾をしなければなりません。

その圧搾方法としては、「高温圧搾」と「低温圧搾」の2種類があります。

高温圧搾は高熱で加熱しながら油を抽出していくため、採油効率が良く、大量生産することができる抽出方法になります。

一般的な植物油の抽出方法となっていて、市販されている植物油のほとんどがこの高温圧搾によって取りだされています。

しかし、高温にさらすためビタミンなどの栄養素が破壊されてしまうという難点があり、体への吸収率も下がってしまいます。

一方、低温圧搾は、圧搾する際に摩擦熱で高温にならないように気をつけながら、時間をかけてゆっくりと丁寧に油を抽出させる方法になります。

採油スピードも効率も悪く、手間もかかる方法になります。

しかし、低温で丁寧に時間をかけて油を抽出することによって、含有されている栄養素やビタミン、ミネラルをそのままの状態で保つことができます。

栄養豊富なうえ、高温にさらされると生まれてしまうトランス脂肪酸なども生成されることがない方法になります。

加香されていないもの

もともとひまし油は下剤として、また工業用の潤滑油として利用されるという側面が強く、その場合には一般的に加香されたひまし油です。

このような加香されたひまし油は、頭皮に白髪予防として塗る場合には適さないので、購入する際には加香されていないものを選ぶ必要があります。

ひまし油はどこで買える?

ではひまし油はどこで購入すればよいのでしょうか。

良質で白髪予防のために利用できるピュアなひまし油は、どこで購入するかについてご紹介します。

アロマショップ

まずひまし油の購入先として便利なのが、「生活の木」や「アットアロマ」などのアロマショップ専門店です。

アロマショップ専門店であれば、ひまし油が有機認定されているかどうか、低温圧搾されたものかどうかもはっきりとしているため、高品質で良質なひまし油を手に入れることができます。

ネット

インターネットを利用してAmazonなどのサイトからひまし油を購入するのもおすすめです。

日本ではあまり見かけないひまし油ですが、海外では健康維持や美容、化粧品やコスメなどに広くひまし油が利用されていて、利用者もかなり多く、日本よりも身近な植物オイルだといえます。

ネットを利用すれば、日本で発売されている製品だけではなく、海外有機認定ヒマシ油が豊富に手に入るため、ひまし油の種類や製造工程、産地なども選ぶことができます。

町の薬局にあるひまし油は・・・

日本の薬局で市販されているひまし油の中でも、薬局やドラッグストアで販売されているひまし油の場合、第二医薬品として販売されていることがほとんどです。

この第二医薬品として販売されているひまし油は、主に下剤として販売されているひまし油で、飲みやすいように他の成分を加えてある加香ひまし油と考えて良いでしょう。

入手するとすればドラッグストアよりも町の個人薬局の方が手に入りやすいですが、第二医薬品で下剤扱いの加香ひまし油は白髪予防に適しているものではありません。

ひまし油を購入する際にはしっかりと確認してから買うようにしましょう。

ひまし油の保管方法

熱だけではなく寒さにも強いひまし油ですが、直射日光に弱く、劣化を招く可能性があるので、開封後はしっかりとフタを閉め、陽の当たらない場所に保管することが大切です。

ヘアカラートリートメントで優しく染める

ひまし油の白髪への効能を調べている人の中には、現在、すでに白髪染めをしている人もいるのではないでしょうか。

白髪の生えにくい頭皮環境を作るために、ひまし油での頭皮マッサージは効果的ですが、白髪染めによって頭皮に負担をかけていては元も子もありません。

本気で白髪を改善したいと思っている人には、自宅でのシャンプー前後に使うだけで白髪を染めることができるヘアカラートリートメントで今ある白髪を優しく染めることをおすすめします。

ヘアカラートリートメントは白髪染めのようなツンとしたニオイもなく、アレルギーを引き起こす化学物質などが無添加であるため、髪の毛が傷まず、頭皮に安心して使うことができます。

髪の表層に染料を浸透させることによって白髪を染めるので、染まりすぎる心配もなく、白髪の部分だけ染めるのにも適しています。

染め方を変えることによっても、頭皮の状態が改善していくことを実感できるでしょう。

▼自宅で家事をしながらカンタンにダメージゼロの白髪ケア

LPLP(ルプルプ)白髪用ヘアカラートリートメント

公式サイトへ

▼ジアミンや酸化剤等、無添加のため安心して素手で扱えます。

利尻ヘアカラートリートメント

公式サイトへ

▼無添加なのに染まりが違う!頭皮と髪にやさしいオールインワンカラートリートメント

マイナチュレ カラートリートメント

公式サイトへ

まとめ

白髪予防の方法はいろいろなものがあり、中にはリスクの高い方法もあるので注意が必要です。

自分でできる白髪予防の方法としては、自然の力を効率よく利用することができる方法が安心で続けやすいといえるでしょう。

そのように自然で安心安全に白髪対策をしていくことができる方法の一つが、今回ご紹介しているひまし油を使った白髪改善方法です。

古くから活用されてきた安心安全な植物オイルであるひまし油の特性を利用し、さらに良質なひまし油を選ぶことで、より安全に、より効率よく頭皮の状態を良好にしていくことができます。

今までひまし油を白髪改善に利用した経験がない人は、ぜひこの機会にひまし油の白髪改善効果をお試しください。

▼あわせて読みたい!おすすめ記事

もう白髪染めでかぶれない!頭皮にやさしい白髪染めの方法と選び方
平均して30代後半から白髪が目立ち始め、40代になると白髪染めを始めるのは圧倒的に女性が多いのですが、白髪染めには「今まで平気だったのに、あ...
妊娠中に安心して白髪を染めるには?白髪NGの悩める妊婦さんに教えます
妊娠中のヘアカラーは、どちらかというとタブーとされている中、正しい使い方や安全性の高い無添加のカラー剤であれば、妊娠中でも使用がOK! ...
白髪染めは安全を最優先!髪や頭皮にダメージが少ない使い方と選び方【おすすめ3選】
今では豊富なラインナップがある白髪染め。美容院で染めている人にとっても、安全性があるのかどうか、気になるポイントですよね。 今回は、白...
若白髪って染めるのがいい?!頑張らずに白髪が気にならなくなる3つの方法
10代~20代の男女でも、若白髪に悩む人、多いですよね。特に頭頂部の白髪は目立って仕方がありません。 白髪は加齢とともに出来てしまう厄...
The following two tabs change content below.
吉川みさと

吉川みさと

目立ち始めた白髪となかなか落ちない体重に、体の曲がり角を痛感しているアラフォー。お手入れがモノを言う年代ならではの視点で、若さを保つコンテンツをたくさんご紹介していきます♪

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする