本気の白髪予防!黒髪を守る頭皮と身体のケア方法まとめ

本気で白髪を予防しようとするのなら、白髪の原因を詳しく知り、それぞれの原因に対処する正しい方法を実践していくことが大切です。

さらに白髪予防になるアイテムを活用することや、頭皮や髪の健康や若々しさを守るための行動をするということも重要になってきます。

日々何となく生活している日常生活の中には、白髪の原因を作りだしてしまったり、白髪になりやすい頭皮環境に傾くような生活習慣が数多く潜んでいます。

逆に、生活スタイルの中に白髪対策や白髪予防の方法を取り入れることで、効率よく白髪を予防していくことができる上、頭皮や髪の毛の健康もスムーズに維持していくことができるともいえます。

そこで、白髪になってしまう原因や生活の中で気をつける点、さらに白髪予防になるヘアケア対策、白髪効果のある漢方や食べ物まで、本気で白髪を予防していきたいという人のために、白髪予防の全てをまとめました。

いつまでも若々しい黒髪を守り、頭皮だけでなく同時に身体のケアまでできるさまざまな方法をご紹介しますから、ぜひ若々しい見た目と健康な頭皮、黒々と輝くつやのある髪の毛の維持のために役立ててみてください。

だれでもすぐに簡単にできる方法や、日常生活の中でも活用できるアイテムなども一緒にご紹介していますので、ぜひ利用してみましょう。

白髪の原因は大きく分けて5つ

まずは白髪になってしまう原因を詳しく知って、効率の良い白髪予防の対策を取ることができるようにしていきましょう。

白髪になってしまう原因は、大きく分けると5つの原因が関係してきます。

それぞれどうして白髪につながっていってしまうのかも合わせて見ていってみましょう。

加齢

まず何といっても、白髪は加齢によるものが非常に大きな原因であるといえるでしょう。

年齢を重ねるごとに増えていく白髪を見ると、自分も年を取ったことを認識してしまうという人が多いものです。

加齢による白髪は、年を重ねることによって内臓機能や脳の機能が衰えるように、健康な髪の毛を生やすための組織、髪の毛に必要な色素を作りだす細胞が衰えることによっておこるものです。

髪の毛に注入する黒い色素を合成、供給しているのがメラノサイトという細胞ですが、このメラノサイトという細胞は、年齢とともに減少していってしまいます。

さらに減少していくメラノサイトを補う色素幹細胞という細胞も存在していて、黒い色素を作るという働きをサポートしていますが、やはり加齢とともに複製能力が衰え、メラノサイトに十分なメラニン(髪の毛に注入する黒い色素)を作りださせるだけの力を失っていってしまうのです。

血行不良

血行不良も白髪になってしまう大きな原因になります。

頭皮が血行不良の状態になると、頭皮に存在する様々な細胞に、必要な量の栄養素やエネルギー源を供給することができなくなってしまいます。

当然健康で若々しい黒髪を生やすのに必要な成分も、血行が悪い状態では十分に届かなくなってしまうのです。

そのため材料やエネルギー不足に陥り、健康な黒髪を生やすことができなくなってしまいます。

血行不良は頭皮が硬くなることで起こりやすい症状なので、普段から定期的にマッサージやヘッドスパを利用するなど、頭皮の柔軟性を維持しておくような対策が必要となるでしょう。

体調不良、病気

体調不良や病気で体の状態が思わしくないと、頭皮に十分な栄養が届かない、頭皮のターンオーバーや毛が生えてくる毛周期が乱れてしまうなどが原因となり、白髪が生えやすいという日環境へと傾いていってしまいます。

頭皮から健康な髪の毛を生やすよりも、体調不良や病気を治す方が先決となるからです。

頭皮を元気にして健康な髪の毛を生やすためには、体の健康も非常に大きく関係してくるという事です。

ストレス

ストレスや白髪だけでなく体のさまざまな器官に悪影響を与えてしまいます。

普段からストレスの多い生活をしていたり、ストレスを上手く発散することができないという人は、体調を崩しやすくなるだけでなく、白髪や薄毛、抜け毛など、頭皮に関係するトラブルも発症しやすくなります。

白髪予防をしたいのであれば、ストレスに対する対策も非常に重要だという事になるでしょう。

遺伝

最後に、白髪は遺伝的要因によるものも非常に多いということがあります。

自分の家族や近い身内の中に、白髪が多い、若いころから白髪が生えてきてしまった、白髪に悩んでいるという人がいる場合、自分も白髪になる可能性や、白髪が若い年齢から生えてくるという可能性もあるということになります。

自分の身近な血のつながりで、白髪に悩んでいたり若白髪という人がいないかをチェックしてみるのも良いでしょう。

艶髪は頭皮の健康から

艶やかな髪の毛を生やすためには、まず頭皮の健康状態からしっかりと立て直していくことが必要となります。

頭皮を守るため、そして痛んだ頭皮やダメージのある頭皮を修復していくために、日ごろから頭皮ケアに着目したアイテムや有効成分を与える事、さらに白髪を隠したり染めたりする方法も、十分に気をつけなければいけません。

髪にやさしいシャンプーで洗う

頭皮の健康を守るために、まずはじめにすべきことは普段使っているシャンプーを見直してみることです。

毎日の洗髪のたびに頭皮にダメージを与える様なシャンプーを使っているようでは、頭皮の健康を実現することができません。

シャンプーを見直すことはすぐにできる上に、とても簡単な方法なので、今すぐにでもシャンプーを髪や頭皮に優しいものにチェンジしましょう。

アミノ酸系シャンプー

アミノ酸系シャンプーとは、洗浄成分となる界面活性剤にアミノ酸の成分を配合しているシャンプーのことを指します。

アミノ酸系シャンプーを使うメリットは、頭皮や髪に非常に優しいということ、髪や頭皮の悩みを抱える人にとっては非常におススメできるシャンプーになっています。

優しい洗浄力で、髪や頭皮に必要な皮脂や角質を根こそぎ落としてしまう心配もなく、保湿効果もあります。

ノンシリコンシャンプー

昨今注目されているノンシリコンシャンプーも髪の毛や頭皮に非常に優しいシャンプーです。

一般的に販売されているシャンプーのほとんどがシリコンシャンプーで、髪のコート剤であるシリコン(ケイ素)を含んでいるため洗い上がりや髪の質感をよくする、艶などを出すためにシリコンを含んでいます。

ノンシリコンシャンプーは、このコート剤を配合せずに作られているシャンプーです。

シリコンを含んでいないため、髪がきしんだりする場合もありますが、コンディショナーでやトリートメントで対応するのが理想です。

さっぱりとした洗い心地で、髪に余計な成分を与えない、頭皮に化学成分の刺激を与えないというメリットがあります。

頭皮にも保湿を

頭皮をしっかりと保湿することで、頭皮の柔軟性を維持したリ、頭皮の生まれ変わり、ターンオーバーを促進、さらには詰まりにくい毛穴を実現することもできます。

頭皮環境を整えるのであれば、シャンプーに配慮すると同時に、しっかりと保湿をして頭皮本来のバリア機能や新陳代謝などを取り戻してあげるようにしましょう。

ホホバオイル

ホホバオイルには天然トコフェロールという抗酸化物質が含まれていて、これが美容や健康、頭皮環境の改善などに効果があるとされています。

老化を引き起こす活性酸素を抑制し、頭皮を若々しく維持する、老化を防ぐことで白髪になりにくい頭皮環境を作りだしていくことができます。

また、ホホバオイルは人の皮脂に非常に似た構造をした天然オイルのため、浸透性にも非常に優れています。

頭皮の毛穴に詰まった皮脂を溶かして除去する働きや、高い保湿効果で頭皮に潤いを与え、皮脂の過剰分泌も予防することもできます。

また、ホホバオイルには若返りのビタミンと呼ばれているビタミンEもたっぷりと含まれていて、血行促進や老化防止、代謝アップが期待でき、頭皮環境を大きく改善することができるでしょう。

保湿ローション

頭皮に潤いを与えるための保湿ローションを活用するのも非常に効果的です。

頭皮にしっかりと浸透し、頭皮の柔軟性をアップする働きや、潤いを補うことで皮脂が大量に分泌されてしまい毛穴が詰まるのも防いでくれます。

また頭皮に必要な有効成分や栄養素も配合してあるため、頭皮に活力を与えることもでき、白髪予防のよい手段だといえます。

頭皮に負担の少ない染め方と併用してみる

白髪を染める方法も、頭皮の負担をしっかりと考慮して行わなければなりません。

いくらスピーディに染まる、しっかりと染まる、色持ちがいいからといって、頭皮や髪の毛に大きな影響を与えてしまうような染め方をしては本末転倒になってしまいます。

白髪予防をするどころか、一時的に白髪を隠すことができたとしても、その後白髪の生えやすい頭皮環境になり、白髪が生えるのを助長してしまうことにもなりかねません。

もう白髪染めでかぶれない!頭皮にやさしい白髪染めの方法と選び方
平均して30代後半から白髪が目立ち始め、40代になると白髪染めを始めるのは圧倒的に女性が多いのですが、白髪染めには「今まで平気だったのに、あ...

白髪染めトリートメント

白髪を染めながらも髪の毛や頭皮を守っていくことができるのが、白髪染めトリートメントを使用する方法です。

すぐに真っ黒に白髪が染まり、あっという間に白髪が目立たなくなるというものではありませんが、頭皮や髪の毛には最も優しい白髪染めができるといえます。

これ以上白髪が生えやすい頭皮環境を作りだしたくない、髪の毛のダメージを増やしたくないという人は、ぜひ白髪染めの方法を白髪染めトリートメントにしましょう。

ヘアマニュキュア

ヘアマニュキュアで白髪を染めるという方法も、頭皮や髪の毛へのダメージを予防する方法だといえます。

髪の毛のキューティクルを無理やりはがして色を入れるわけではなく、剥がれてしまいがちなキューティクルを保護しながら髪の毛の外側に色を付けていくので、髪の毛のダメージはほとんどありません。

ヘナ

天然成分で白髪を染めることができるヘナも、昨今人気が急上昇している白髪染めの方法です。

一般的な白髪染めで頭皮がかぶれてしまうという人でも、天然成分で染めることができるとして人気を集めています。

また、天然成分のため頭皮や髪の毛に与える影響を心配する必要も無く、逆にヘアトリートメントとして使用する人もいるほどです。

一度ではなかなか染まりにくいという難点もありますが、何度もヘナを使用しているうちに発色が良くなってきます。

香草カラー

香草カラーとは、生薬と漢方、さらにその2つに人体を構成する物質に化学染料を加えたパウダーヘアカラーのことを言います。

生薬は頭皮を活性したり髪の毛のキューティクルを補修する働き、さらに人体構成物質であるアミノ酸やタンパク質を配合して髪を強化、化学染料が配合してあるため、発色の面でも非常にきれいに染めることができます。

また、パウダー状になっているため、頭皮に与える影響が限りなく減らすことができます。

頭皮マッサージで頭皮をほぐす

頭皮マッサージをして頭皮をほぐすのも、頭皮環境と健康な髪の毛の維持には効果的な方法だといえるでしょう。

頭皮マッサージで血流をよくすれば、老廃物がスムーズに排出され、新しい頭皮や髪の毛を作りだす成分も滞りなく運ばれてきます。

さらに新陳代謝が良くなることによって、頭皮の柔軟性もアップ、毛穴のつまりにくい頭皮を実現することができます。

特に効果的な頭皮マッサージ方法
  1. 両手の指の腹を頭皮にあてて、生え際から前頭部、後頭部にかけて圧迫しながら頭皮の柔軟性をアップするように揉んでいきます。
    頭皮をこするのではなく、頭皮を動かすイメージで行いましょう。
  2. 耳周辺にあるリンパの流れを意識しながら、指の腹でこめかみから耳にかけてを円を描くように圧迫しながらマッサージします。
    その後頭頂部に向けて指の腹で頭皮を押し上げていくように揉みほぐします。

白髪に効くツボを刺激

体のあちこちにあるツボをおすことによって、体調を改善するという方法は、身体の不具合やつかれなどを取るためだけではありません。

白髪や髪の悩みにおいてもツボをおすことで改善していく可能性をアップすることができます。

正営

前頭部、両目の延長線上の前が見の生え際から7.5㎝くらいの場所にある二点のツボです。

このツボは髪の悩みに効果があるとされていて、白髪や抜け毛の予防改善に効きます。

人差し指で心地よい力で押すようにします。

百会

頭頂部にあり、両耳を結んだ線の中心部にあり、やや凹んだ部分にあるツボになります。

血行促進、ホルモンバランスを整えるという効果があり、頭皮の血行を促進することによって白髪を予防、またホルモンバランスが整うことによっても頭皮環境や髪の毛が生える細胞の働きを改善していきます。

時にはヘッドスパでプロの手をかりる

セルフケアもとても重要で効果がありますが、定期的にヘッドスパに行き、頭皮や髪の毛をリフレッシュするようにしましょう。

プロの手によって頭皮や髪の毛のケアをしてもらうということは、普段自分で気をつけていても行き届かない部分を徹底してケアしていくことができます。

毎日のセルフケアと定期的なヘッドスパを行うことによって、頭皮環境や髪の毛の状態をより良い環境にすることができるでしょう。

UV対策は髪にも必須

紫外線は肌に大きなダメージを与えるだけでなく、髪の毛や頭皮に対してもかなり負担をかけることにもなります。

白髪を予防したいのなら、今すぐにでも頭皮のUV対策を徹底しましょう。

肌に気を使うのと同じように、髪の毛や頭皮に降り注ぐ紫外線に対しても、日常的にケアをしていくようにしましょう。

食事からもっと髪に栄養を届けよう

食生活を改善することは、健康や美容に良いだけでなく髪の毛にも良い影響を与える事ができます。

頭皮環境や髪の毛に良い栄養素を摂取することで、より白髪を効率よく予防していくことができます。

髪に必要な栄養素

まずは髪の毛の形成や成長に必要な栄養素を含んだ食品を、日ごろから意識して摂取していくようにします。

髪の毛に必要な栄養素、そしてその栄養素を含んだ食材をご紹介しますので、ぜひ日常的に意識して摂取できるようにしましょう。

栄養不足が白髪をまねくってホント?毎日の食事で白髪対策
年齢を重ねるとともにちらほらと生えてくる白髪。 黒髪のほうが多く、まだ白髪染めを使うまでには至らなくても、実年齢より老けた印象をもたら...

ヨード

ホルモンを生産するのに必要不可欠なのがこのヨードです。

細胞の生成なども活性化する栄養素で、髪の毛を作りだすためにも必要です。

白髪予防をするためにはまずヨードを意識して摂取し、健康で若々しい髪を形成することができるようにしましょう。

ヨードを含む食材としては、昆布やわかめ、海苔といった海藻類です。

チロシン

髪の毛、皮膚などの黒色の色素であるメラニンの材料となるのがチロシンです。

つまりチロシンが不足するということは、メラニン不足で白髪になりやすいという事です。

チロシンを多く摂取すればかなり白髪予防に効果があるということにもなります。

意識して摂取したい食材としては、乳製品、たらこ、落花生やアーモンド、大豆などに多く含まれています。

ミネラル

ミネラルにはカルシウムやナトリウム、鉄などが含まれていて、体内で生成することができないので食事などで摂取していく必要があります。

ミネラルの中には体の維持や形成に必要不可欠なものも多く、日ごろの食生活からしっかりと摂るということが重要です。

白髪予防のためにも、摂取する理想の形としては、たくさんの食材をまんべんなく食べる、つまりバランスの良い食生活をするのが最も効果的になります。

たんぱく質

たんぱく質は髪の毛を作る最も重要な栄養素です、そもそも髪の毛の主成分がたんぱく質であるため、たんぱく質不足は直接的に白髪の原因を作りだすということもできるでしょう。

たんぱく質を豊富に含む食材としては、やはり肉や魚、卵が代表的です。

これらの動物性たんぱく質と同時に、大豆製品などから植物性たんぱく質もしっかりと摂取できるようにしましょう。

白髪に効くレシピ

ここでは白髪改善に効果的な食材を利用した、白髪に効くレシピをご紹介します。

簡単に作ることができる上、白髪予防に効果があっておいしいのでぜひ挑戦してみてください。

茹で豚の昆布煮

湯がいて脂を落とした豚バラ肉を、昆布を細切りにしたものと一緒に煮つけていきます。

どんな味でもさっぱりといただけるので、お好みの味で醤油や味噌など試してみましょう。

良質のたんぱく質と昆布のヨード、ミネラルが豊富に摂取できるメニューです。

納豆とオクラの冷やし蕎麦

冷たい蕎麦に納豆、オクラ、白髪ねぎやお好みで生姜やみょうがを入れてさっぱりと食べることができるメニューです。

納豆に含まれているチロシン、たんぱく質やミネラル、さらに蕎麦からは毛母細胞の活性化を促すルチンを摂取することができます。

鮭のムニエルナッツがけ

塩コショウをして小麦粉をまぶした鮭を、オリーブオイルでソテーします。

アーモンドやクルミ、ピーナッツはフードプロセッサーで細かくし軽く炒ってておきます。

焼き上がった鮭に炒って香ばしくなったナッツをかけて出来上がりです。

鮭のたんぱく質、ナッツに含まれるチロシンで白髪予防にかなり効果的なメニューだといえます。

過度なダイエットは髪も栄養不足に

髪の毛を健康で若々しい状態で維持したリ、白髪を予防したりするためには、上記のように豊富な栄養素をたくさんの食材から摂取する必要があります。

つまり、栄養不足や偏った栄養摂取は、直接的に白髪が生えやすい頭皮環境にしてしまうという事になるのです。

現代人で気をつけなければならないのが「ダイエット」、ダイエットブームでたくさんのダイエット商品やダイエット食品などが登場していますが、過度なダイエットをしてはいけません。

過度なダイエットによって栄養摂取が悪くなると、髪の毛も栄養不足に陥り、白髪になる確率がグンと高くなってしまいます。

漢方で不調を治して白髪も予防

漢方という自然の力を利用した薬で体の不調を治すと、自然に白髪も予防することができます。

漢方の世界では、体に十分な血液や気、元気があることで余った血が髪の毛のために役割を果たすと考えられています。

髪の毛を元気にして白髪を予防したいのであれば、まずは体の内側から改善していく必要があるということなのです。

白髪に効く漢方薬の飲み方を教えて!体の内側から白髪を改善しよう
見た目年齢を左右する白髪。白髪が出始めると、何とかして白髪染めに頼らずに元の黒髪が生えてくる方法はないものかと色々と検討してはみるものの、こ...

白髪の生え方でわかる体の不調

漢方では白髪の生える場所やその生え方で体の不調がわかるとされています。

白髪が気になる場合、身体の内側の状態が好ましくない場合もあるので、自分の白髪の生え方をチェックしてみましょう。

前頭部:胃の不調

前頭部に白髪が多い場合、胃腸の状態が好ましくないという場合があります。

処方される漢方薬としては「六君子湯」「茯苓飲」などになります。

側頭部:肝の不調

側頭部の白髪の背景には、肝の不調が隠れている可能性があります。

処方される漢方薬としては「抑肝散」「加味逍遥散」「柴胡加竜骨牡蛎湯」などになります。

後頭部:腎の不調

腎の不調がある場合には、後頭部に白髪が多く出現するとされています。

処方される漢方薬としては「五苓散」「猪苓湯」などになります。

専門家に相談して処方してもらおう

自分の白髪に効果のある漢方薬を利用する際には、専門家に相談して処方してもらうようにしましょう。

自己判断で誤った漢方薬を服用してしまい、思わぬ副作用などに悩むことがないように、さらに専門家に相談して処方してもらうことでより高い漢方の効果を発揮させることができるからです。

ホルモン分泌アップで体ごと若返り

ホルモン分泌を促すことで体を若返らせ、白髪を予防していくということもできます。

白髪を体の内側の内分泌から改善することで、白髪だけでなく髪の毛のハリや艶もアップさせることができます。

女性ホルモン・エストロゲンを外から補う

ホルモン分泌をアップするためには、女性ホルモンの働きをサポートするエストロゲンの働きを促進していく必要があります。

女性ホルモンのエストロゲンは、女性の体の機能維持だけでなく、白髪予防やアンチエイジングにも効果があります。

食事

女性ホルモンの分泌を促す食材として積極的に摂取していきたいのが、カボチャ、卵、大豆食品、キャベツ、ナッツ類です。

こうした食べ物を普段から意識して摂りいれるようにして、女性ホルモンの分泌を外側からしっかりとバックアップしていきましょう。

サプリメント

食事から摂取する以外にも、サプリメントで女性ホルモンの分泌を促す栄養素や成分を摂取するというのも効果的です。

サプリメントならいつでもどこでも白髪対策としての、女性ホルモン分泌サポートをすることができるというメリットもあります。

アロマで脳のストレス解消

脳のストレスは白髪の大きな原因の一つです。そんな脳のストレスを緩和するために効果的なのが合成香料などを一切使用していない、100%ピュアオイルを使用した精油によるアロマテラピーです。

基本的には好きな香りを選ぶのが良いですが、おススメの精油としてはラベンダーやプチグレイン、ゼラニウム、サンダルウッド、ベルガモットなどです。

使い方は、空気中に拡散させたアロマの香りをかいだり、ハンカチなどに香りを染み込ませてかぐという基本的な芳香浴、アロマポットなどを利用して瞑想してみるのも良い方法です。

プチ断食

空腹になると脳内からさまざまなホルモンが活発に分泌されます。

白髪予防のためにも、意識して空腹時を作ることができるプチ断食を試してみるのも良いでしょう。

加圧トレーニング

筋肉に負荷がかかる運動も、ホルモン分泌を活性化させることがわかっています。

白髪予防のために体内のホルモンの分泌を活性化させたいのであれば、運動を取り入れること、さらにその運動は加圧トレーニングが良いでしょう。

あとは生活習慣の改善

生活習慣を改善することも若々しく健康な体を維持し、その結果として白髪を予防していくことにもつながります。

髪の毛に十分な栄養や必要成分をしっかりと送るための血管や血液の流れの状態を良好にするため、日ごろの生活習慣を見直してみましょう。

質の高い睡眠

睡眠中に大量に分泌されるホルモン、さらにストレスや疲労解消のためにも、質の高い睡眠をしっかりと確保することは重要です。

白髪を予防するためだけでなく、健康や美容の維持にもつながります。

適度な運動

 

適度な運動をすることで、頭皮に新鮮な血液が十分に流れるようになる上、老廃物などの排出がスムーズになります。

頭皮の血流が良くなれば、髪の毛を作ったり、メラニンの生成をする材料などもしっかりと運ばれるようになります。

お酒とタバコはほどほどに

 

お酒やタバコなどの趣向品はほどほどにして、体への悪影響を避けるようにしましょう。

どちらも摂取しすぎることで体の健康を害し、体のさまざまな器官の働きを阻害してしまいます。

体内の器官が上手く働かなくなると、体の老化につながり白髪が出やすくなります。

まとめ

白髪予防を本気でしていくのであれば、日常生活の中に隠れる白髪の原因を避けるようにし、白髪予防に効果のある方法を実践していくことが重要です。

さらに白髪予防に効果のある食べ物や漢方薬を使ってみるのも良いでしょう。

普段の何気ない生活の中にも、白髪につながってしまう物事があるということを理解し、それを白髪予防になるような対策に変えていくようにしましょう。

白髪は自分の生活の中でできる対策をすることで、ある程度は治していくことができます。

いつまでも若々しい見た目やおしゃれなヘアアレンジや髪型を楽しみたいのであれば、ぜひ今から始められる白髪対策を講じ、自分なりに白髪予防に努めた日常生活を送るようにしてみましょう。

The following two tabs change content below.

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする