白髪染めで黒くなりすぎたときのSOS!対処法と失敗しない白髪染めサポート

白髪があることが気になると、多くの人が白髪染めやヘアカラートリートメントを活用しますよね。

そんな中、白髪染めアイテムの活用で、逆に髪が黒くなりすぎることに違和感を覚えてしまう人も多いようです。

ここでは、白髪染めで髪が黒くなりすぎた場合、自然な髪色に戻すことができるのか、みんなが知りたい情報をリサーチしてみました!

白髪染めで黒くなりすぎたとき対処法はあるの?

白髪染めでキレイな髪色に変えたいと思っても、黒くなりすぎて不自然な仕上がりになること、少なくないですよね。

黒くなりすぎてしまった髪の対処法はあるのか、気になる詳細をまとめてみました。

実は白髪染めをした髪を明るくするのはとても難しい!!

意外に知られていないのですが、白髪染めを使って黒髪を明るくするのはとても難しいんです。

たくさん商品展開されている白髪染めには、パッケージに「濃く染めた髪は一度でその色より明るく染め変えることはできません」

「すでに暗めの色で染めてある髪は、その色より明るく染め変えることは困難です」といった内容が書かれています。

この理由は、濃く染まった黒い髪の中に明るめの色を入れても、濃い色が残ってしまい、明るい仕上がりにすることが難しいため。

黒に茶色を足しても、茶色の量が少なければ、明るい髪色にはならないですよね。

特に白髪染めの染料は量が少ないことで、黒くなりすぎた髪色を明るく仕上げるのは難しいのです。

髪にダメージを与えないために経過観察がベスト

黒くなりすぎた髪に新たに明るい色を加えて染めてしまうと、頭皮や髪へのダメージが心配…。

多くの白髪染めは、シャンプーをするたびに徐々に染料が落ちる性質を持っています。

そのため、黒くなりすぎた場合は、新たに白髪染めを使うのではなく、髪と頭皮の健康を第一に優先しながら、毎日のシャンプーで色落ちするのを待ち、経過観察をすることがオススメです。

すぐにどうにかしたい!美容院で酸性脱染剤を用いた施術

黒すぎる髪の仕上がりにストレスが…。

今すぐどうにかしたい場合は、美容室での施術が◎!

黒くなりすぎてしまった髪の印象を少しでも明るく整えるため、酸性脱染剤を用いたヘアケアをしてもらいましょう。

酸性脱染剤には、黒い色を脱色するはたらきがあるため、セルフでのケアよりも美容室にて安心・安全に髪色を明るく仕上げることができます。

自宅でもできる?!苦しまぎれのヘアマニキュア

お家にいながらセルフでできる対処法は、ヘアマニキュアもオススメです。

ヘアマニキュアは、透明度があるため、白髪にそこそこの色を入れることができ、ナチュラルな明るさになります。

ただ、完全にもとの色を覆い隠すことはできないことも知っておいてくださいね。

白髪染めで黒くなりすぎたときのタブーなヘアケア

白髪染めで髪が黒くなりすぎると、あわててしまうことで間違ったケアをしてしまうことも。

ここでは、黒く染まりすぎた髪に絶対やってはいけないタブーのポイントをご紹介しますね!

ヘアカラーで染め直す

黒くなりすぎた髪にヘアカラーを使ってしまうと、白髪染めとヘアカラーの相性がマッチしないことで、髪が緑色に変化してしまうことがあります。

化学反応が起こったり、前回に使った白髪染めの成分が劣化していることで、ヘアカラーを使うと髪色が変色してしまうリスクがあります。

ブリーチで白髪染めした色を抜く

ブリーチは、メラニン色素を破壊する性質があり、白髪染めの酸化染料を完全に破壊することはできないことから、一部だけ色が残ったり、髪が変色してしまうことがあります。

ブリーチは、髪や頭皮を傷めてしまう性質があり、白髪染めとの相性もマッチしないことから、髪と頭皮にあらゆるトラブルを引き起こしてしまうリスクがあります。

ヘアカラートリートメントの併用は避ける

ヘアカラートリートメントとの併用もNG!

黒髪に色むらがでたり、明るい部分と黒い部分の差が目立って余計に不自然な髪色になってしまうことがあります。

髪は特に毛先が傷んだり、色が抜けやすいことでシャンプーをするたびに毛先が退色し、根元とのカラーバランスがくずれてしまいます。

ヘアカラーで白髪は染まらないの?白髪染めとヘアカラーの性質と用途を学ぼう

黒くなりすぎた髪色を明るくしようとすると、ヘアカラーを使って対処する人も少なくないよう。

それぞれの性質の違いを知って、自然な髪色に仕上げるためのノウハウを学んでみましょう。

脱色剤と染色剤の働き

脱色剤は、毛髪を黒くするための色素であるメラニンを脱色して髪を明るくするはたらきがあります。

染色剤は、黒髪の表面に色をつけ、明るく整えるはたらきがあります。

過酸化水素の量の違い

脱色剤と染色剤には、過酸化水素の量の違いがあります。

染色剤にはおよそ2~5%の過酸化水素水が含有され、脱色剤はその倍の量が含まれているといわれています。

過酸化水素水は、頭皮や髪に多くのダメージを与えてしまうリスクがあり、白髪染めやヘアカラーを使うことでデメリットがもたたされる可能性も。

黒くなりすぎるから白髪染めに抵抗が…白髪を明るく染める方法はあるのか?

白髪染めを使うと、髪が黒くなりすぎる経験をしている人は、使用に抵抗を感じてしまうことが多いようです。

では、自然に理想の髪色に仕上げるコツはあるのでしょうか?

具体的な対処法をわかりやすくご紹介しますね!

毎日のシャンプーに白髪染め専用トリートメントを使う

白髪を自然に、明るめのカラーに仕上げるためには、白髪染め専用のカラートリートメントがオススメです。

自然界に存在している成分ばかりを配合していたり、白髪を染めながらダメージをケアする特徴があるため、安心・安全に髪を明るくすることができます。

シャンプーのあとに使うトリートメントと同じような使用方法なので、手軽でカンタンに白髪を自然な明るさに整えてくれます。

どうしても自宅で黒くなりすぎずに染めたいときのポイント

黒くなりすぎない髪色に染めるため、自宅でできるポイントをまとめてみました!

酸化染毛剤タイプの白髪染めを選ぶ

酸化染毛剤タイプの白髪染めは、黒髪と白髪をバランス良く明るく整える効果があります。

カラー展開も多いため、好みのカラーを見つけやすいメリットも魅力のポイントです。

酸化染毛剤の働きとは?

酸化染毛剤は白髪染めに含まれ、ヘアカラーやおしゃれ染ともよばれています。

酸化染毛剤は、PHの値が10~12のアルカリ性であり、キューティクルを開いてカラーを髪内部に入れ、白髪を明るく染めることができます。
酸化染毛量は、毛髪のなかで酸化重合し、それぞれに適した色素を発生するメカニズムを持ちます。

たくさんのメリットがあり、一度の利用でも髪がしっかりキレイに染まることや、2ヶ月程度もカラーが持続できます。

明るさ表記をチェック

黒くなりすぎた髪を明るく整えるときは、黒に近めのカラーがマッチしています。

白髪染め商品の明るさ表記をチェックすると、今の髪色に馴染みやすいカラーを見極めることができるでしょう。

自宅で白髪染めをする時に…黒くなりすぎないコツはある?

最後に、ご自宅で白髪染めをする際、黒くなりすぎないコツを学んでみましょう。

黒くなりすぎないコツをマスターしておけば、これからは不安な気持ちを抱くことなく、楽しみながら白髪染めができます。

薬剤塗布後の放置時間は厳守

白髪染めを使用する際は、塗布後の放置時間をしっかりと守りましょう。

放置時間が長いと、その分黒くなりすぎてしまうリスクが高くなります。

白髪染め商品には、必ず放置時間が記載されているため、使用前のチェックを忘れずに行ってください。

毛先への塗りすぎ注意

白髪染めを毛先へ塗りすぎてしまうと、不自然に色が濃くなり、根元の髪色と調和が取れなくなってしまいます。

特に毛先はダメージを受けやすい性質を持つため、塗りすぎに注意し、適量をしっかり確認しておきましょう。

色々なカラー剤を短期間に試さないこと

短期間にカラー剤をたくさん試してしまうと、色付けが安定しない状態の髪色が変色してしまう恐れがあります。

髪へのダメージ修復のためトリートメントを活用

どんなに髪や頭皮にやさしい白髪染めであっても、ダメージがまったくないわけではありません。

黒くなりすぎない、キレイで自然な髪色に仕上げるために、トリートメントで土台づくりをはじめてみましょう。

まとめ

黒くなりすぎた髪への対処法、いかがでしたか?

正しい方法と、白髪染めを使う際の注意点をマスターすることが、いつも理想の髪色に仕上げる秘訣になりますよ。

▼合わせて読みたい!おすすめ記事

若白髪って染めるのがいい?!頑張らずに白髪が気にならなくなる3つの方法
10代~20代の男女でも、若白髪に悩む人、多いですよね。特に頭頂部の白髪は目立って仕方がありません。 白髪は加齢とともに出来てしまう厄...
もう白髪染めでかぶれない!頭皮にやさしい白髪染めの方法と選び方
平均して30代後半から白髪が目立ち始め、40代になると白髪染めを始めるのは圧倒的に女性が多いのですが、白髪染めには「今まで平気だったのに、あ...
白髪が目立たないカラーにしたい!自分でできるカラーリングのコツ、教えます
せっかくメイクや髪型にこだわっておしゃれを頑張っていても、髪の毛の中にちらほらと白髪が見え隠れしていたり、髪の毛の分け目の根元やつむじなど見...
The following two tabs change content below.
吉川みさと

吉川みさと

目立ち始めた白髪となかなか落ちない体重に、体の曲がり角を痛感しているアラフォー。お手入れがモノを言う年代ならではの視点で、若さを保つコンテンツをたくさんご紹介していきます♪