白髪染めやめる、白髪を楽しむ。染めない髪へスムーズに移行できる方法

白髪の割合が増えるにつれ、白髪染めをやめて、自然な染めない髪色のまま過ごすことを検討し始める場合も多いのではないでしょうか?

今では白髪というよりも、銀髪というイメージで、オシャレなヘアスタイルを楽しむシニア女性も増えています。

銀髪が似合う魅力的な女性になるために、白髪染めをやめるべきタイミング、とっても気になるポイントなのではないでしょうか?

ここで、グレイヘア、シルバーヘアが似合う女性を目指して、ときに髪や頭皮に負担やダメージを与えてしまう白髪染めのやめるべきタイミングと、染めない髪へスムーズに移行する方法を徹底リサーチしていきたいと思います。

白髪染めをやめるタイミングは?

白髪染めをやめるタイミングに、何歳ごろという正解はありません。

白髪が生えている量に関しては個人差があり、白髪を染めない選択をするタイミングも人それぞれ。

どうしても白髪が気になるのであれば、もちろん染め続けることも自由で、アッシュなど白髪染めのカラーバリエーションが豊富になった昨今、実際に染め続ける人も以前より増えました。

銀髪でも気にならず、染めない髪を受け止める気持ちに変化したときや、周りに素敵なグレーヘアーの人がいたりするなどのきっかけがあったときが、白髪染めをやめる決断をする最適なタイミングと言えるのではないでしょうか?

白髪の割合が8~9割になったら

白髪染めをやめる適切なタイミングとしては、髪に白髪が生えている割合が8~9割のときがお勧めです。

この理由は、これだけ白髪が増えてしまっていると、白髪染めを買う回数が増え、コストや手間がかかることが多くなることもあるからです。

また、白髪染めは、使う頻度が多くなるほど、頭皮や髪に負担を与え、枝毛やパサつきがひどくなってしまったり、抜け毛から薄毛へとトラブルが進行して髪のボリュームをなくしてしまうのです。

白髪染めは抜け毛の原因?抜け毛が気になる人のための白髪染めとは?
白髪を染めたいけれど、白髪染めによって抜け毛が増えるのではないかという悩みを持っている人も多いものです。 本当は染めたくないけれど、白...

白髪が多くなって、染めなければならないほどに見た目がおかしく感じない場合は、白髪が8~9割の分量の際に白髪染めをやめることが適切なタイミングとも言えます。

50代後半で白髪染めをやめる人が多い

ここでは、インターネットや美容雑誌、ヘアサロンにて、白髪染めをやめる年齢についてリサーチをしてみました。

すると、個人差はあるものの、白髪が8~9割方に増えていく50代後半から60代という年齢が多いことがわかり、この年代の人は、あえて自然な白髪=銀髪のヘアスタイルを楽しんでいるようです。

アメリカやヨーロッパの女性においても、ナチュラルな美をありのままに演出するため、白髪が増えてきたときに染めることをせず、新たな髪色を楽しむ人も多いようです。

つい途中で白髪染め…染めない髪への移行は簡単な方法がおすすめ

今まで白髪染めで黒髪をキープしてきたみなさんであれば、いきなり全く白髪を染めないのは勇気が要ることでしょう。

スムーズに染めない髪へ移行するポイントは、ズバリ、根元や生え際、分け目の白髪を、現在の髪色より明るく染めることです。

白髪と黒髪のアンバランスなプリン状態を我慢できずに、ついつい途中で白髪染めをしてしまうことも多いのですが、一気に全体ではなく、少しづつ徐々に明るいトーンに白髪を染めていくことによって、違和感を感じることがなくなり、染めない白髪だけの髪に理想の色が移行できます。

グラデーションならストレスも少なく、美容院はもちろん、自宅でも手軽でカンタンにできるので、染めない髪へ移行中も髪色を楽しむことができるでしょう。具体的な方法をご紹介しますね。

ヘアマニキュアで根元を明るく染める

豊富なカラー展開があるヘアマニキュアは、各メーカーから販売されています。

ヘアマニキュアであれば、好きなカラーをチョイスでき、根元だけを明るく染めることで白髪と調和し、髪色全体をキレイに整えることができるでしょう。

ヘアカラートリートメントで根本を明るく染める

ヘアカラートリートメントは、毎日のシャンプーの前後に使う商品で、髪にやさしく、何度かの使用で髪色をキレイに整えるタイプの白髪染めです。

週に2、3回程度の使用でも効果が実感できたり、ヘアマニキュアよりも髪や頭皮に負担をかけず、いたわりながらの白髪染めが可能となっています。

ヘアカラートリートメントは、同じ商品であっても数種類のカラー展開があるため、ブラックからライトブラウンといった、徐々に明るい色に切り替えていくことによって、白髪を染めて目立たなくしながら、染めない髪へ移行していくことができます。

▼頭皮や髪にやさしく安全性が高いのが人気のヒミツ。

利尻ヘアカラートリートメント

公式サイトへ

▼自宅で家事をしながらカンタンに、しかもキレイに白髪が染まる!

LPLP(ルプルプ)白髪用ヘアカラートリートメント

公式サイトへ

▼無添加なのに染まりが違う!頭皮と髪にやさしいオールインワンカラートリートメント

マイナチュレ カラートリートメント

公式サイトへ

光で染まる白髪染めで根元を明るく染める

光で染まる白髪染めで根元を明るく整えると、白髪が目立たなくなり、髪に自然なツヤも生まれます。

ただ、一般的な白髪染めや、60代女性に多く見られるヘアスタイルのパーマをかけてしまうと、髪色が不自然な緑色になってしまうことがあります。

そのため、途中で絶対に白髪染めやパーマもかけないことが必須の条件であることを知っておきましょう。

このポイントを忘れずに守っておくと、スムーズに白髪が染まり、使いやすさも同時に感じることができます。

▼ただ塗るだけで光に素早く反応。家事の合間に染まるカンタン白髪染め!

簡単白髪染め「グローリン・サンクロス」

公式サイトへ

美容院で根元だけ明るいカラーで染める

セルフでの白髪染めに慣れない女性はまだまだ多いのではないでしょうか?

経済的にも時間的にも余裕のある60代女性の場合は、ヘアサロンでのヘアカラーもオススメです。

美容院で根元だけに少しずつ薄い色にカラーリングしてもらう方法であれば、時間もかからないで済みます。

ただ、美容院に通い続ける手間や時間の捻出と、髪に傷みが残ってしまうこともあるということがデメリットでもあります。

染めない髪になるまでの期間は?

白髪染めをやめた場合、どのくらいの期間で白髪を染めない自然な状態になるのか気になりますよね。

髪の量や質などで個人差はありますが、半年の期間を見れば、白髪だけのショートヘアが完成することが予想されます。

毛先をこまめにカットすることによって、その分早く、染めない髪へ移行することができます。

染めない髪をきれいに魅せて楽しむには

ここからは、アメリカやヨーロッパなどの女性が染めない髪を楽しむように、わたしたちアジア人も同じように染めない髪を楽しむためのノウハウをお伝えしていきます。

髪の手入れを欠かさずに清潔感を出すことによって、グレイヘアの魅力は倍増します。

ヘアマニキュアで薄く紫を入れて真っ白にする

ヘアマニキュアを購入し、薄くムラサキのカラーを入れて真っ白な髪色にすると、ツヤが表れ、日本人女性のきれいな銀髪を演出できます。

ただ、ムラサキのカラーを入れすぎてしまうと、本当のパープルヘアそのものになってしまうので、量の調整をきちんと行うことがポイントです。

トリートメントで髪に潤いを与える

白髪は、黒髪よりもパサパサしてしまう性質を持っています。

そのため、白髪染めを使用しなくなったとしても、毎日のシャンプーやトリートメント、洗い流さないトリートメントやヘアオイルなどでのヘアケアは必須のポイントになります。

このヘアケアを習慣にすることで、ツヤも表れ、白髪でもパサパサした感じがなくなってスタイリングしやすくなるでしょう。

白髪やボリューム不足などが気になっているけど、毎日忙しくてしっかりケアする時間がないと悩んでいるかもしれませんね。

アミノ酸系洗浄成分のシャンプーなら、頭皮に張りついた汚れをスッキリ洗い落とし、使い続けることで頭皮環境も整えてくれます。

▼潤いのあるツヤ髪へ!低刺激なアミノ酸系洗浄成分が髪を洗いながらダメージ補修。

haru黒髪スカルプ・プロ

公式サイトへ

▼天然成分100%で作ったオーガニックシャンプーなのに驚くほど保湿効果が持続!

Herb Garden(ハーブガーデン)

公式サイトへ

▼頭皮にやさしいアミノ酸シャンプーまとめ

アミノ酸シャンプーおすすめ人気ランキング15選!美髪になれるシャンプーを厳選
髪のダメージや頭皮の匂い、本当に気になりますよね。そのせいで人間関係も消極的になってしまったり・・・。 シャンプーにはたくさんの種類が...

染めない髪におすすめのヘアスタイル2選

ここでは、白髪を染めない髪になったみなさんに是非挑戦してほしい、銀髪を生かしたヘアスタイル2選をご紹介!

銀髪がより魅力的に見えるヘアスタイルを知れば、もう、白髪を染めない髪にデメリットは感じませんよね♪

ハーフアップ

人気歌手の高橋真梨子さんも、銀髪のヘアスタイルを魅力的に演出しているひとり。

パールやビジューなどのヘアアクセサリーを使って、ハーフアップにすると、それだけでも上品で白髪がキレイに見えるヘアスタイルへと変身します。

ショートボブ

60代女性に人気なのは、長さがほどよくあるショートボブ。

耳にかかる程度の長さのショートボブであれば、シンプルなカチューシャをつけるだけでまとまりのあるヘアスタイルになります。

ちょっぴり印象を変えたいときには、毛先だけをゆるめにカールしたり、ピアスやイヤリングなどのアクセサリーで銀髪ヘアを豪華にイメージチェンジしてみましょう。 

☞ 本当に憧れる女性🌹 ・ ・ ヘアカラーもどんどんプラチナに 育ててます🌹 ・ ・ プラチナホワイトのハイライトも 今回大胆にしっかりめに✌︎ ・ ・ 白髪を活かして、 この歳だからこそでる魅力を 最大限に引き出す✌︎ ・ ・ やりすぎず、抜きすぎず、 その瞬間の女を楽しむ🌹 ・ ・ 女性として生きてきたことを 一生楽しむ🌹 ・ ・ ヘアカラー&メイクを通して、 私の独自のビューティーメソッドで、 女性が憧れるステキなオトナの女性を プロデュースしています🌹 ・ ・ #ステキなオトナの女性をみると #本当に魅了される #自分に似合うものだけを #シンプルに #上質なもので #コーディネート #この歳だからこそ似合うものを #この歳だからこそ出る魅力を #最大限に引き出す #コンプレックス を #ポジティブに変える #人生ずっと笑っていたいから

カクエリナ 【Total Beauty colorist💄】さん(@erina__kaku)がシェアした投稿 –

まとめ

白髪染めをやめるタイミング、参考にしていただけましたか?

パリマダムだけではなく、日本でも女優の草笛光子さんや中尾ミエさんはじめ、白髪をあえて染めないでにいろんなヘアスタイルやアレンジを楽しんでいるグレーヘアの女性が増えており、女性誌でも特集が組まれています。

今までは、白髪=老けた印象、オバサンというネガティブなイメージを持っていたみなさんも、白髪が似合うノウハウを身につけることで、銀髪ヘアスタイルの毎日がもっともっと充実していくのではないでしょうか♪

もう、白髪を染めないでもいいかなと思ったら、是非、今回ご紹介したノウハウを実践してみてください。

The following two tabs change content below.