白髪が抜けたら毛根チェック!生え変わっても白髪でしょ?と諦める前に

年齢を重ねると気になるようになるのが白髪です。

そんな知らず知らずのうちにだんだんと増えていく白髪の量には個人差もありますが、見つけてしまうと「もうそんな歳か」とあきらめの気持ちが出てしまい、それからは白髪がとても気になるようになりますが、抜けてしまった白髪をチェックしてみたことがあるでしょうか。

髪には成長のサイクルがあることから、実は抜けた白髪の毛根をチェックすることで、次も白髪が生えてくるのか、それとも黒髪に戻る可能性があるのかどうかがある程度わかる場合も多くあるのです。

毛先が白くても、毛根だけ黒い場合があるのです。

白髪が抜けたら毛根のチェック、今度生え変わってくる髪の毛が再び白髪になるのか、それとも黒髪に戻るのかをしっかりとチェックするようにしましょう。

今回は、そんな白髪の毛根チェックについて詳しくご紹介していきます。

白髪の毛根が黒ければ、次は黒髪が生えてくる

白髪の毛根が黒ければ、次は黒髪が生えてくる

抜けた白髪の毛根をチェックしてみて、もし黒い色素が残っているようであれば、次は白髪ではなく黒髪が生えてくる確率が高いといえます。

髪の毛の色素は毛根の部分で注入されることによって黒髪になります。

その毛根が黒い場合には、次の髪の毛も黒くなる可能性が残っているということになるのです。

毛根にメラノサイトが残っていた

抜けた白髪の毛根が黒い場合、その毛根には色素細胞であるメラノサイトがまだ残っているという証です。

髪の毛に黒い色を付ける役割のあるメラニンを作るのがメラノサイトの働きですが、そのメラニンを作りだすメラノサイトが毛根に残っていれば、今回生えた髪の毛にメラニン色素を注入することができなかったとしても、次回生え変わる髪の毛にはメラニンの黒い色を注入することができることを意味しています。

白髪の原因が改善されたことを示している

白髪の大きな要因としては、やはり加齢によるメラノサイト細胞の活動低下が原因です。

しかし、白髪が生えてくる原因は多岐にわたり、加齢だけでなくさまざまな要因が引き金となります。

もともと白髪の髪の毛の毛根が黒くなっている背景には、生活環境や悪習慣の改善によって、機能低下に陥っていたメラノサイトが改善した場合もあるのです。

例えば白髪の原因になっていたストレスの解消、その他にも考えられるのは普段の生活習慣を改善した、栄養不足にならないよう食生活に配慮するようになったということも、白髪の原因となるメラノサイトの減退を抑制し、活動をアップさせることにつながります。

さらに睡眠不足の解消や良質な睡眠を確保すること、適度な運動をして血流をよくするといったこともメラニン活性につながります。

これは睡眠中にたくさんの成長ホルモンが充分に分泌されるということ、血流が良くなることによって毛根にメラニン色素を作りだすための成分や栄養素などをしっかりと運ぶことができるということにつながります。

毛根も白い場合は、生え変わっても白髪

白髪が抜けて、その白髪の毛根が白い場合や透明感がある場合には、メラノサイトの機能が弱まっているということがわかります。

この状態の毛根ではメラノサイトが活性化して黒い色を付けるメラニンを作りだすことができません。

毛根が白い、透明になっているという場合には、次に生えてくる髪の毛も白髪になる可能性が高いといえます。

白髪を抜いて毛根を調べるのはNG

白髪を抜いて毛根を調べるのはNG

こうなると毛根が白いのか黒いのかということが気になるところですが、自然に脱毛した白髪ではなく、まだ抜ける状態ではない白髪を抜いて毛根をチェックするのは良くありません。

白髪であっても無理矢理髪の毛を抜いてしまうということは、毛根や頭皮だけでなく、毛母細胞やその周辺組織などにも非常に大きなダメージを与えることになります。

毛穴がゆがみ縮れ毛が生える

無理矢理白髪を抜いて毛根をチェックすることをおススメしない理由、それは縮れ毛になってしまうリスクが非常に高いからです。

白髪を無理矢理毛穴から引き抜くと、その白髪が生えていた毛穴がゆがんでしまいます。

毛穴がゆがんでしまうということは、次に生えてくる髪の毛がうねり、縮れ毛になってしまいます。

同じ毛穴から生える本数が減る

白髪であっても無理に髪の毛を抜いてしまうと、毛穴周辺組織だけでなく、毛穴の奥にあるさまざまな細胞に大きなダメージを与える事になります。

髪の毛が成長期に入ると、毛根の根元に毛球というふくらみができますが、髪の毛を抜くことは毛球やその中の毛乳頭などにも深刻な影響を与える事になります。

毛穴がそのような大きなダメージを受けることによって、普通一つの毛穴からは数本の髪の毛が生えている状態であるものが、毛穴から生える髪の毛の本数が少なくなってしまうということにつながります。

やがて大きなダメージを受けた毛穴からは、髪の毛が生えなくなってしまうということもあります。

そうなってしまうと、白髪が増えるという悩みにとどまらず、薄毛や抜け毛などといった、さらに深刻な毛髪の悩みにもつながるようになってしまいます。

抜いた白髪の毛根が赤かったら

無理に白髪を抜いて毛根をチェックすることは、もっと大きなリスクを背負う可能性も秘めています。

抜いた白髪の毛根が赤い場合にはかなり深刻なダメージを与えてしまったことになります。

毛根が赤くなっているということは、毛穴の最も奥深くに位置している毛乳頭が、無理矢理白髪を抜く時に同時に引き抜かれてしまい、髪の毛が生えてくるという可能性自体がゼロになってしまうということになります。

毛乳頭がなくなるのですから、その後一切髪の毛自体生えてこなくなってしまうのです。

クセになると抜毛症のおそれ

毛根が気になって白髪を抜いていると、白髪を抜く行為自体がクセとなってしまい、「抜毛症」という精神的な病気に発展してしまう場合もあります。

人にはそれぞれ何らかのクセを持っていることが多いものですが、この抜毛症というのもクセが深刻化して病気になってしまうものの一つです。

白髪を抜いて毛根をチェックしないと気が済まないようになり、毛根チェックをすることで精神的に安心したり安定したりすることができるようになります。

こうなるとただのクセだった白髪を抜いて毛根をチェックするという行為が、やめたくてもやめられないようになってしまいます。

円形脱毛症や男性型脱毛症にみられる、自然に髪が抜け落ちてしまう「脱毛症」ほど知られてはいませんが、現在では意外に疾患している人も多い病気であり、抜毛症である人の大多数が女性であるという特徴もあります。

髪の毛を抜くという行為にコントロールがきかなくなってしまうと、白髪の悩みでだけではなく黒髪を抜いてしまうようになったり、薄毛などにも悩むようになってしまいます。

白髪を抜いて毛根をチェックするということは、このように抜毛症という病気を引き起こしてしまうリスクもあるということを覚えておきましょう。

毛根ケアでもっと白髪改善

毛根をキチンとケアしていくことで白髪を予防していくこともできます。

毛根がしっかりとしていれば、色素形成細胞であるメラノサイトが健康で若々しい黒髪を生やすという本来の役割を果たすこともできますし、白髪になってしまう原因を排除していくこともできるので、白髪改善のための対策をしましょう。

毛根を紫外線から守る

肌同様、紫外線も毛根に大きなダメージを与える要因になります。

白髪が発生する原因として、毛根を包んでいる毛包という場所にある色素幹細胞というメラノサイト幹細胞が紫外線のダメージを受け、DNAを損傷すると発生してしまうことがあります。

白髪を少しでも予防し、いつまでも美しい黒髪を維持したいのであれば、紫外線による色素幹細胞への影響、DNAを損傷してしまうというダメージを予防していくことが重要になります。

毛穴を清潔にする

毛穴を清潔に保つことも、普段から白髪予防のために徹底しておきたい事の一つです。

毛穴は髪の毛にとって非常に重要な器官ですが、普段から外部との接触や外部刺激を真っ先に受ける場所となっているため、知らず知らずのうちに皮脂汚れで詰まってしまったり健康を損なってしまうことが多い場所です。

髪の毛にとって無くてはならない毛穴も、徹底したケアが必要となるのです。

シャンプーは毎日

まずシャンプーは毎日行い、毛穴を常に清潔な状態にしておけるように心がけましょう。

この際使用するシャンプーとしては、アミノ酸系でノンシリコンのシャンプーを使うことが重要です。

髪の毛や頭皮への刺激が少なく、優しくシャンプーすることができるからです。

また、シャンプーをする際にも、地肌を指のはらでやさしく洗うということに注意しましょう。

アミノ酸シャンプーおすすめ人気ランキング17選!美髪になれるシャンプーを厳選
髪のダメージや頭皮の匂い、本当に気になりますよね。そのせいで人間関係も消極的になってしまったり・・・。 シャンプーにはたくさんの種類が...

整髪料がついたまま寝ない

整髪料がついたまま寝てしまう行為は、髪の毛だけでなく頭皮や毛穴にも甚大なダメージを及ぼすことになります。

整髪料はしっかりとシャンプーで落としてから、髪の毛や頭皮、毛穴に整髪料が残らないようにしてから寝るようにしましょう。

ホホバオイルで毛根を元気にする

頭皮マッサージをすることもかなり毛根の活性化に役立ちます。

ホホバオイルで頭皮マッサージすることによって毛根に栄養を与え、さらには頭皮の乾燥を防ぎ血行を良くすることができます。

ホホバオイルの代わりに頭皮保湿ローションや育毛剤で頭皮の健康を維持していく方法でもOKです。

ホホバオイルは頭皮にいい!?頭皮環境を劇的に改善する方法
頭皮の環境が髪の毛に与える影響は絶大で、頭皮をしっかりケアすることこそが薄毛や抜け毛を予防し、健康的なうるおいのある髪の毛の育成を支えている...

毛根を元気にする食べ物を食べる

髪の毛の主成分はケラチンというタンパク質なので、毎日の食事が大切であることは言うまでもありませんが、毛根を活性化することができる食材を意識していくことも大切になります。

毛根を元気にするために是非普段から意識して食べたい食材としては、カプサイシンやイソフラボン、亜鉛などがあります。

これらの栄養素を豊富に含む食べ物をご紹介しますので、効率よく摂ることができるように食生活を工夫してみましょう。

カプサイシンを豊富に含む食べ物

唐辛子・豆板醤・ラー油・キムチ・タバスコ・コチュジャン・ししとう

イソフラボンを豊富に含む食べ物

大豆・豆腐・きな粉・油揚げ・納豆・おから・みそ・豆乳・醤油

亜鉛を豊富に含む食べ物

牡蠣・からすみ・煮干し・するめ・かに・牛肉・豚肉・パルメザンチーズ・エダムチーズ・いりごま・アーモンド・クルミ・海苔・卵黄

ヘアカラートリートメントで染める

白髪を手っ取り早く染めることができる白髪染めは、薬剤が非常に強力なためしっかりと、しかも短時間で簡単に白髪を染めることができますが、その分頭皮や髪の毛、さらに毛根への影響が甚大です。

ですから白髪を目立たなくするためには、白髪染めを使用するのではなく、ヘアカラートリートメントを利用するようにします。

ヘアカラートリートメントなら、白髪染めよりもはるかに毛根や髪の毛、頭皮に優しいからです。

▼無添加なのに髪がバサバサにならないトリートメント効果が人気。

LPLP(ルプルプ)白髪用ヘアカラートリートメント

公式サイトへ

▼頭皮や髪の毛にやさしい!ジアミンや酸化剤等、無添加だから安心。

利尻ヘアカラートリートメント

公式サイトへ

▼無添加なのに染まりが違う!頭皮と髪にやさしいオールインワンカラートリートメント

マイナチュレ カラートリートメント

公式サイトへ

まとめ

一旦白髪になってしまった髪の毛でも、毛根の状態如何では次のヘアサイクルで再び黒髪が生えてくる可能性もあります。

抜けた白髪の毛根が黒かったら、すぐにでも毛根や毛穴ケア、頭皮ケアを始めて再び黒髪が生えることができる環境を整えるようにしましょう。

また、白髪を誘発してしまうような頭皮環境を改善し、白髪予防のための食生活改善、生活習慣の見直し、ヘアケアを徹底していくようにしましょう。

すぐには変化を感じることができなくても、将来の地毛の髪色に、差が出てくることでしょう。

▼あわせて読みたい!おすすめ記事

白髪染めは安全を最優先!髪や頭皮にダメージが少ない使い方と選び方【おすすめ3選】
今では豊富なラインナップがある白髪染め。美容院で染めている人にとっても、安全性があるのかどうか、気になるポイントですよね。 今回は、白...
白髪に効く漢方薬の飲み方を教えて!体の内側から白髪を改善しよう
見た目年齢を左右する白髪。白髪が出始めると、何とかして白髪染めに頼らずに元の黒髪が生えてくる方法はないものかと色々と検討してはみるものの、こ...
もう白髪染めでかぶれない!頭皮にやさしい白髪染めの方法と選び方
平均して30代後半から白髪が目立ち始め、40代になると白髪染めを始めるのは圧倒的に女性が多いのですが、白髪染めには「今まで平気だったのに、あ...
The following two tabs change content below.
吉川みさと

吉川みさと

目立ち始めた白髪となかなか落ちない体重に、体の曲がり角を痛感しているアラフォー。お手入れがモノを言う年代ならではの視点で、若さを保つコンテンツをたくさんご紹介していきます♪

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする